わんにゃご2001 

mey2001.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 14日

猛暑の代償 泣;;

ちびすけの手術跡は順調に消える


はずだったのですが



なんと、そこに炎症らしきものが、、、



そして、傷跡の近くには脱毛が見られ



2週間前の火曜日から、ちびすけとすみれの通院がまた始まってしまいました。



今年の夏は異常に暑かったため、24時間エアコンを付けっぱなしの我が家のちびすけでさえも、皮膚病になったのです。

先生は、今年は皮膚病が多かったのでとおっしゃられ、
ちびは抗生剤と真菌をやっつける薬を飲んでいます。
10日後の先週金曜日には、脱毛の場所の状態がよくないので、薬を変えて様子を見ています。


そんな事情で、ちびすけはネッカーマン生活1ヶ月。

大分慣れたようで、上手に水も飲んでいます。

ネッカーを外すと傷を舐め、患部が悪化、、、の悪循環を断ち切るべく、がんばっています。

ご飯を食べる時だけ、外してあげると、急いで毛繕いをしています。

a0096810_23465714.jpg


また今週の金曜日が再診日です。



そして、2週間前に血液検査をしたすみれちゃん。
Felv陽性のため、貧血の原因になるであろう何とかの検査もしました。
先生の読みどおり、陽性と出て、投薬治療中です。


ところが、昨日の血液検査の結果が、思わしくなく、貧血の値がさらに悪くなっているということで、骨髄を刺激して造血機能を回復させる注射を打つことになりました。

すみれは食欲があっても、療法食を食べなくなってしまいました。

あれこれとシニア食を買っては与えていますが、これといって好きな食べ物もなく、困っています。

a/d缶も飽きてしまったようで、食べてくれません。

食事を摂れなくなると、一気に体力がなくなり、貧血が進行します。

すみれの食事のことで凹むことが多い毎日です。

皮下輸液は3日に一度になりました。

がんばって闘っているんだけど、すみれがおいしく食べてくれるものだったら、何でも食べさせてあげたいと思うようになりました。

療法食もたくさん買ってしまいましたが、いよいよ食べなかったら、病院の腎不全の猫さんに寄付したいと思っています。


すみれは1年持つかなあと思っていました。
気付けば保護して1年半になります。

痛い注射も嫌がらずにがんばるすみれちゃんなので、できることなら、生まれてきてよかった、うちの子になれてよかったと思ってもらえるよう、最期までできる限りのお世話をしたいと思っています。

そんな辛い病院通いの日々ですが、猫たちに癒され、笑って過ごす毎日なので、ありがたいなと思っていますよ。

a0096810_23565640.jpg


ヤフオクに出品中の小さなドールちゃん達も、良いおうちに迎え入れられることを希望して、新しいママが現れるのを待っています。
[PR]

by chibi_mat | 2010-09-14 23:58 | にゃんず


<< はち、発病      腫瘍の話 >>