2010年 09月 23日

そ、そんな、、、( ̄□||||!!

一昨日の火曜の夜のこと。

マットの口元に皮膚疾患があるのに気付いた。

このところ、通院通いで凹む毎日だ。

しかし、肝だけはすわってきたぞ。




そこで、今日はすみれの4回目の注射の日(骨髄を刺激して造血機能を高める治療)だったので、その画像を先生に見ていただく事に。
a0096810_21213343.jpg


a0096810_21215926.jpg



先生はこの画像をご覧になり、かさぶたが剥がれて、皮が剥けている の説明に
かさぶたができる腫瘍は一種類しかなく悪性の可能性もありますので、診せてください。とおっしゃられ、午後の2時から3時に犬の予約診療をしているということでマットを連れて行きました。

マットさん、猫の病院デビューです。

ブルブル震えていましたが、予約診療なのでほとんど待たずに診ていてだけました。

マットの体温 40.0℃
体重     10.36キログラム

先生はスタンプを取ると言って、顕微鏡のカバーグラスをマットの皮膚疾患に押し当て細胞を取りました。そして、注射器でも採取して細胞診断をしたのです。

結果は詳しくお話くださいましたが、記憶が曖昧です。

悪性と思われる細胞は見られず、炎症を起こしていると見られる細胞の変化が見られたそうです。

マットは、抗生剤を頂き、8日後に再診になりました。
途中、すみれの5回目の注射とちびすけとはちの再診日がありますので、その時に画像を見せていただいてもいいですよ、と言われました。

病院に向かう前、犬の腫瘍を検索してみたところ、先生の説明の脂肪細胞腫だったかな、悪性の病名の症例が出ていました。
よくもこんなに酷くなるまで病院に行かなかったなあと首を傾げる画像ばかりでしたので、1センチの膨らみで診ていただけることを幸運にも思いました。

ほっとしました。

tenさんはじめ、マット応援団が日記を読まれたら、ショックを受けるかもしれない。
悲しませるかもしれない。

色々思いました。

でも、大事にならずによかったです。


さて、はちは今日から普通のご飯に戻りました。
自分からケージを出て台所まで歩いてきたし、立ってご飯を食べられるまでに回復。

すみれは相変わらず食欲がないのですが、皮下輸液の後には食欲が出てくるので、気持ち悪いのかなと思って、何度も色んなものを少しずつ運んで与えています。

今は、捨てる方が多いですが、ちょっとだけ大らかに上げるようにできるようになってきました。

これも、食欲不振のすみちゃんが教えてくれたことや、亡くなったちびが教えてくれたことが生きています。

先週の木曜日、私の夢がひとつ叶った日でもありました。

中学一年の時からずっと会いたいと願っていたアグネスに、対ガン協会の講演会を聞く機会を得たのです。

a0096810_21374682.jpg


可愛いアグネスですが、アカペラで歌も歌ってくれました。

さすがにプロの歌手です。

テレサテンやアグネスチャン特有のゆらぎの癒し声でした。泣いたり笑ったり、ガン検診のクーポンが届いていた意味を知りました。

素晴らしい1時間でした。

今年は乳癌検診に行きますよ!!
[PR]

by chibi_mat | 2010-09-23 21:38 | マット


<< 尿毒症       はち、発病 >>