カテゴリ:にゃんず( 62 )


2012年 12月 03日

家なき子

近所の家なき子達はケアして保護したはずなのに、また見たこと無い子が現れる。
メス猫のきじとらちゃんは、避妊を決めた日から姿を見せない。
そして、交配を避けるために、庭にくるオス猫のくまちゃんを去勢しようと決めた。
キャリーの扉を押し開けて獲り逃し、借りた捕獲器に入っていたのはキジ白の男の子。
土曜日に富士の病院で去勢して頂き、今朝玄関からリリースしました。
ケージでの3日間、トイレも使わず、ご飯も食べない。
感傷的になることなく、不幸な猫を増やさない小さな活動をひとつ終えました。
サンルームのちいちゃんは、スケールが気に入ったみたい。
小さな我が家でも、お家の子になってもらってよかったと、こんな姿を見て、安堵します。
a0096810_1532812.jpg

a0096810_1532944.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2012-12-03 14:48 | にゃんず
2012年 08月 07日

モカちゃん通信

3年前に保護して、素敵なねこ親さんとのご縁ができたピピちゃん。
Aさんは折に触れておたよりをくださる素敵なねこ親さんです。
ピピちゃんがモカちゃんになって3周年になったそうです。

***********************☆☆☆***********************
ご無沙汰しております。暑い日が続きますが、如何お過ごしでしょうか?

我が家にモカがやってきて、3年が経ちました。毎日、元気に過ごしております。
毎晩、夜中にはパトロールをしてくれて、1階と2階を行ったり来たりしています。
しかし、明け方は2階のカーテンに包まってこんな格好で寝ています。

いつのまにか、先住猫のさくらよりも大きくなりました。我が家に来たときはとても
小さかったのに。

あっという間の3年間ですね。これからも、みんなが健康で仲良く暮らせることを
願っています。

明け方のモカの画像を添付いたしますので、ご覧ください。

************************☆☆☆***********************
a0096810_23454476.jpg
a0096810_23455692.jpg
a0096810_23461063.jpg


可愛いですね。

このところ、疲れがたまり、口内炎に口角炎、その上にヘルペスまで併発して、酷い顔になり、皮膚科の先生のお世話になりました。
そんなしょぼんな私のところに届いたうれしいメール。
疲れが吹き飛ぶ瞬間です。

海岸から連れてきた5匹の猫のうちの、はちとすみちゃん兄妹が、二匹揃って、慢性腎不全でご飯を食べてくれない。
私の頭の中は、はちとすみちゃんのご飯をどうするか、とサンルームの暑さ対策でいっぱいでした。

サンルームには、窓用エアコンを設置。
28度に設定していると涼しくなり、すみちゃんの食欲も戻ってきました。

はちは具合が悪くなると、引きこもる傾向があり、体調が良くなると私のそばに来て甘えるようになります。
輸液もできるようになってきて、がんばっている兄妹です。

オリンピックは感動の連続です。

日本が、好きだー!!
[PR]

by chibi_mat | 2012-08-07 23:54 | にゃんず
2011年 08月 27日

最後の一頭

ブチャ君と初めて出会ったのはいつの頃だったろう。

a0096810_15325615.jpg



この地に越してきて、初めて出会った猫ちゃんは、ちびすけとしまじろうのお母さんのちいこさん。


台所のドア越しに、白、黒、白、黒の毛色が見えたこともあり、近くには黒白の生き物がいることは分かっていた。
そのご、ご近所さんの庭のデッキの柱の上に座っていたちいこさんを見かけたのでした。

4年前に亡くなった犬のちびは猫が嫌いだった。
だから、猫のいそうな場所には近付かないのがルールだったので、猫のことも何も知らないでいて、野良猫と呼ばれる猫たちのためのご飯を用意することもなかった。

なにより私は、猫が苦手だった。
怖いと思っていたので抱き方も知らなかったのでした。

ちびが心の準備もないままに、あっという間にいなくなってしまい、猫の好きなマットは散歩先で猫に出会うのを喜んで道を進んだ。

2007年が終わり、明けてすぐに、

ちびすけとしまじろうを我が家に迎えたその頃には、ブチャ君は家の近くでよく見かけていたと思う。


その後しばらくして、ウッドデッキのある我が家に、ご飯をもらいに来るようになった。

ご飯は毎日ではなく、時々。

庭に猫が来るとマットがほえる為、マットの目の届かない場所にご飯置き場をこっそり作った。

それから色んなことがあり、ブチャ君は、保護していない最後の一頭になってしまっていた。


先週のこと、どんままさんのブログで、伝染性腹膜炎で亡くなった猫さんの日記を読み、多頭飼いのマイナス点が頭を離れず。ストレスにならないような暮らしぶりってどんなろうかと。

今年は節電の為、猛暑と深夜のロケット花火に睡眠を妨害され、あちらこちらに相談したり、警察に注意してもらったり。
なかば花火ノイローゼ状態になってしまったわけで。

このところの秋雨前線の影響による突然の豪雨。雨が降るとブチャ君は濡れてしまいます。


一昨日の朝、大雨の中、ブチャ君がサンルームのステップで チーチーと鳴き声を上げていました。


サンルームの窓を開けるとブチャ君は中に入ってきました。

そのままうちのこにすると決め、お風呂場に直行。



小さな命が助けを求めてきたら手を差し伸べなければ。



ブチャ君、短毛なのに、背中に大きな毛玉を3個も作って私が剥したこともありました。

この頃では、庭の入り口で息子達の帰りを待って近寄ってくるまでになっていたのです。

なので、お風呂場で起きてきた長男に

”ブチャ君保護してシャンプーしてるから。”

と言っても、反対するでもなく、支度してお弁当を持って出勤していきました。

息子たちにはもっとこうあってほしい との願いはありますが、優しい心の持ち主に育ってくれたことは何よりも嬉しいことです。

木曜日はすみちゃんの再診日だったので、ブチャ君のことを連絡してから病院へ連れて行きました。

すみちゃんは毎日400ccの輸液で腎臓の値をキープしている状態です。
3ヶ月過ぎた頃から、点滴の時間を楽しんでくれるまでになりました。
ご飯もカリカリならぽりぽりと食べてくれます。
偏食はあるものの、元気です。

ブチャ君は二度目の病院。
a0096810_1604461.jpg


一度目は一年半前に足のけがの治療と去勢手術で1ヶ月間病院でお世話になりました。
退院してリリースの後、アパートの一階の茶トラの家に飛び込んで9ヶ月間お世話になり、引越しのために置き去りにされました。

その2日後から我が家の庭で暮らしていましたが、この度、おうちの中へ自分から望んで入り、我が家の12頭目のにゃんこさんになりました。

ブチャ君は、初めて病院へ連れて行ったとき、キャリーの中で大暴れして、鎮静剤で治療を受けました。
その時に、耳の中から黒い汚れが出るわ出るわ。

今回も先生に耳の手入れをお願いしたら、やっぱりかなり汚れが溜まっていました。

一週間後に耳の二度目のお掃除とワクチン接種の予定です。

a0096810_163258.jpg


とても苦労してきただけあって大人しくて困らせません。

下の前歯が一本もないので、べろがちょっぴり覗いています。^^

ブチャ君は一番手がかからずにわがやに馴染めそうです。

以上、嬉しい報告でした。
[PR]

by chibi_mat | 2011-08-27 16:04 | にゃんず
2011年 05月 16日

きれい好きなのか?

汚染水を飲んでいると思われるちい坊対策の為、大きな陶器の器をサンルームの猫部屋に置いてみた。



やってるやってる。


a0096810_2202262.jpg




やってるやってる。



a0096810_2211187.jpg




ちびしまが飲んだ後、ちい坊がやってきた。


a0096810_221533.jpg



ちい坊は顔がでっかいので、この位の大きさがないとね。


a0096810_2222622.jpg


毎日、庭に出るのが楽しみな5月。
今日はいい天気だったので、ぶちゃ君のご飯をステップで上げました。
a0096810_223298.jpg

ウッドデッキの廃材で私が作ったのですよ。
ぶちゃ君の爪とぎと昼寝の場所でもあります。

後ろには、サマースノーが咲き始めました。想像していた花よりも小ぶりです。

ファインヘンブロウはシュートが3本も出てきて、5年以上経ちますが今年が一番勢いがあります。
窓際に誘引してみよう。

a0096810_226162.jpg


そっか、アマリリス(球根が毎年増えて移植)がなくなったから、根が元気になったのかも。

a0096810_2263510.jpg



明日のお話の会の打ち合わせの為、Mさんにメールを送ったら、子猫を保護しているって。

会いたくなって帰りに立ち寄ろうとしたら、病院の帰りに連れてきて見せてくれました。

はっちゃんを小さくしたようなヨーダのようなちびちびちゃんでした。
3から4時間毎に授乳しているそうです。

かっわいー!!

明日また、話を聞けるワン。楽しみだなあ。
[PR]

by chibi_mat | 2011-05-16 22:08 | にゃんず
2011年 05月 15日

汚染水と猫のわさお

ちびしま、ちょっと変わった水の飲み方をするんです。

前足の肉球を水面につけて、それを舐めてます。

a0096810_23265655.jpg


あー、今日もせっせと汚染水を作ってる。





と、そこに何もなかったかのように、水を飲み始める ちい坊。

a0096810_23282795.jpg

後ろで、ちい坊を ちびしまと三角関係にあるこきちゃんが見てます。

あ、それ、、、、ちびちゃんがさっき、あの、、、、あの、、、、あ、の。


もしもし、ちい坊さん、


その水は汚染されていますよ。


そんなことはお構いなしに毛繕いなんか始める ちい坊。

a0096810_2336397.jpg


a0096810_23365928.jpg


a0096810_23374476.jpg


むくむくのもっこもこでどっかりした体型、しずおかのわさおですよ。

甘えん坊だから、すみちゃんのお世話しているとすりすりごろごろ、ケージに入りたくないとカーテンに隠れる可愛い猫です。



大物の貫禄と思いきや、今日も三度の飯ならぬ、三度のうん〇。

すみちゃんのご飯をいつも狙っているし、汚染水飲んじゃったからかな。



大所帯の我が家は、ご飯代よりもトイレの砂にお金がかかります。

ちい坊は出るぶつもはんぱないもんね。


あたいにはかんけーないんじゃない!

a0096810_2339548.jpg


と元ヤン娘が言ったかどうか。
[PR]

by chibi_mat | 2011-05-15 23:40 | にゃんず
2011年 02月 20日

すーみん、がんばってます♪

犬1匹にさらに猫が11匹も居るって言うと、大体の人は驚きます。



ちばわん応援団の私としては、特別なこととは思っていません。



Kayoさんところも、杏さんのところも、もっと大所帯だし、どの人も器がでかいからねー。



人に言われてしているわけじゃなし、我が家の暮らしを気に入ってくれて、ご飯をおいしく食べてくれたならそれで嬉しい。



このところ、ちょっぴり疲れていました。



毎日のご飯とトイレのお世話に、だらしない息子二人の世話、そこに看病と通院が加わると忙しいったらないのです。


週末に35年前に治した歯の一部が取れていることに気付き、昨日は支払いに怯えつつナカノ歯科へ。


ここは高校生の頃からお世話になっている歯医者さんです。


歯石取りとブラッシングの指導、それと気になっていた歯の調整と、白い部分を元通りに入れていただいて、支払いは 



にせんさんびゃくえんです。




ホッ。。。




歯ブラシ 14本買って帰ってきました。

その足で、猫の病院に立ち寄り、輸液バックとひまわりの駆虫薬を受け取り、家に。



すーみんの点滴も落ち着いてできるようになりました。


今日は再検査でしたが、腎臓の数値が少しだけ改善されていました。

白血球の数字が悪くなっていると言われ、お薬が変わりました。


すーみん、シロップのお薬をぶくぶくと出してしまいます。

でも、上手に飲ませられるようになりました。

看護士さんのアドバイスが素晴らしくて、助かっています。


血液検査の結果を待つ間、猫生活3月号で腎臓の悪い猫さんのエッセイを読みました。

そうか、生きる力か。




すーみんは、食べない食べないってことに気を使いすぎて、それがすーみんの負担になっていたかもしれません。

療法食のドライフードをもりもりと食べてくれるようになりました。

多めに置きご飯をしても、朝になると空になっています。



食べてくれて、体重が増えてきたので、すごく嬉しいです。


Mさんちのだいちゃんも、点滴でよくなったと言っていました。

すーみんも生き生きとご飯を食べてくれるだけでとても嬉しい。


生きている。

エイズ4頭のサンルーム組、それぞれがマイペースにサンルームの猫部屋で生きてます。


a0096810_239693.jpg
a0096810_2392292.jpg
a0096810_2393962.jpg
a0096810_2310125.jpg
a0096810_23102073.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2011-02-20 23:12 | にゃんず
2011年 01月 10日

猫だんごと寒がりわんこ

マットさんは、とっても寒がり。

こたつの中に入ろうと試みたり、

ファンヒーターの前は当たり前。

a0096810_222535.jpg


猫にやきもちを焼き、おにいちゃんはぼくのものと焦りまくる。

そんなマットも今年7歳になります。

そして、猫たちはというと、

ひまわりのケージの上がお気に入り。

団子になると暖かいもんね。

a0096810_22263861.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2011-01-10 22:26 | にゃんず
2010年 12月 05日

ねこ団子♪

12月に入り、昼間は暖かいものの、夜は。。。


団子になるねこたち。




3階建てケージ。

いつもは、トリトン、ルカー、こゆき でお留守番とねんねタイムの場所です。




そこに、ちびすけとしまじろうが加わって、とうとう団子で一夜を送ったのです。




朝は、トイレが大変なことになっていました。





ちょっと色が悪いけど^^;何匹いるか数えてみてね。



a0096810_14523959.jpg





a0096810_14531033.jpg





そして、庭のぶちゃ君。


朝晩のご飯を楽しみにしています。

朝は、ウエットに抗生剤を混ぜて上げます。

おうちはサンルームの床下の箱の中。


ぶちゃーって呼ぶと出てきます。

まだ、私が近付くと隠れます。


a0096810_1454583.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-12-05 14:55 | にゃんず
2010年 11月 20日

ブチャ君のおうち

ブチャ君とくまちゃんが庭でバッティングすると、去勢しているブチャは負けてしまうに決まっています。

くまちゃんに威嚇されているブチャを2回見たので、ご飯には相当気を遣います。

ブチャ君のごはんには抗生剤が混ぜてあるので、食べさせなければ効果は期待できません。

ブチャよりも1.5倍ほどの大きさの別のオス猫が時々姿を現すようになりました。

ブチャ君、ピンチ!と思っていたら、





庭の箱の存在に気付いてくれたらしく、朝ごはんも食べてくれるようになりました。




ブチャ、がんばって地域猫で可愛がってもらおうね。



市内では野良猫にえさをやるな!と町内会で決めている地区もあるそうです。



ここはそんなこと言う人がいないから、感謝感謝で活動ができます。


a0096810_1352446.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-11-20 13:52 | にゃんず
2010年 11月 16日

ひまわりとブチャ君の明暗

前回の日記を書いてまもなくの11月3日の夕方、半年振りにひまわりがご飯を食べに来てくれました。

すみれの保護からずっと猫との出会いが続き、海岸猫のこともあり、ひまちゃんはずっとガーデンレストランのお客さん状態でした。

攻撃性もないし逃げないひまわりですので、保護したいと思いつつ、いつも心を殺して庭でお別れをしてきました。

すみれを看取り、またひまちゃんのことが気になって仕方がなかったのです。

ひまちゃん、どうしているかなあ。と毎日思いながら、庭に来るくまちゃんにご飯を上げる毎日でした。

きっとすみれが連れてきてくれたんだ。

ひまちゃんを家に招き入れました。

ひまわりは自然に入ってきて、ケージの中でご飯を食べて、そのまま保護することにしました。

翌日病院で健康診断と血液検査もしていただき、ひまわりはウイルス感染もしていないことがわかりました。

ちびすけの脱走事件の日、ひまわりが現れて、それきりでしたので、どこでどう暮らしていたのでしょうか。

血液検査もお外の子にしては良好な結果で、検便で線虫の卵が見つかったこと以外は問題なく家猫修行に入ることになりました。

箱が大好きで、ケージも嫌がったりしていません。
今週末、リビングデビューの予定です。

a0096810_092296.jpg
a0096810_093531.jpg


そんなこんなで、私の心配事はひとつ減ったわけですが、、、、

11月7日の日曜日、数々の悪さをしてきた茶トラのアパートの部屋から荷物を運び出しているのを目撃。

えー!!!ブチャ君はどうなるのさ。

2月の終わり頃、ブチャ君を庭にリリースしてから姿を見なくなったと思ったら、茶トラの家のベランダからお外を見ていたブチャ君でしたので、あー茶トラの家で可愛がってもらっているのか、と安心していたところだったのです。

結局、夕方、そのアパートの住人のおばさんは、茶トラと一緒に連れて行きたいと大きなキャリーを持って保護を試みたのですが、ブチャ君は娘さん(フラットコーテッドレトリバーのブリードをしていたこともある人)の猛反対で置いていかれてしまったのです。

翌朝、ブチャ君は空き地の草むらに傷を負ってうずくまっていたのでした。

悲しい気持ちと切ない気持ちが胸をいっぱいにして、ブチャ君が不憫でならなくなりました。

しかし、猫を外へ出すような飼い方をする人が引っ越し先で同じようなことをしたとしたら、ブチャ君は生き延びてはいけないでしょう。

ブチャ君が選んだ道だと思うようにして、先生には抗生剤を出していただきました。

くまちゃんとブチャ君が玄関先でばったりするとはらはらしますが、くまが食べ終わってから、薬をまぜたマグロ缶をトッピングして、ブチャ君にご飯を上げています。

サンルームの下には、箱にタオルを敷いて置いてあります。

ここで眠っていいんだよ。

ブチャ君は気付くかな。

明暗を分けてしまったひまわりとブチャ君。

ブチャ君は、おばさんと毎日一緒に布団で寝ていたそうです。

ブチャ君、とても大人しくなっていましたが、私を見ると逃げてしまいます。
[PR]

by chibi_mat | 2010-11-16 00:23 | にゃんず