わんにゃご2001 

mey2001.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ちび( 5 )


2007年 09月 05日

Birthday

平成元年9月4日10時10分
男児誕生

今日は、次男の18回目の誕生日でした。
11年前の秋の日に、茶畑で保護された子犬のちびも、健在ならば11歳の誕生日を迎えられる筈でした。

土曜出勤だった私は、今日は指定休日で、午後は銀行回りで長男の後期の授業料の振込みをし、銀行近くの手芸店で自作のテディベア用にと刺繍糸を買い求め、予約してあったバースデイケーキを受け取ってから家に戻りました。ちょっぴり甘えん坊の次男ですから、バースデイケーキを用意したと話したところ、
ありがとう♪
と機嫌よくなりました。
早めにマットと下島海岸までお散歩。
a0096810_23441044.jpg



帰り着くなり、今日の晩御飯はバレーの練習に出かけるという次男に合わせて、早くに支度を始めました。
マットは模様替えをしたドールのキャビネットの前で一休み。。。
a0096810_23511686.jpg

たくさん歩いたので疲れたのでしょう。暑かったですしね。

献立は、エビフライとポテトフライ、サラダ、ほうれん草のおひたしとかつおのたたき、、、それに今年初めての新米のご飯です。
出かける前に長男と共に三人でご飯を食べました。
お迎えにきてくれるはずだったクラブチームの方が来られなくなり、私が日立の体育館まで送って行きました。
途中、ちびの話をしました。
次男は共にちびの最期を看取ったので、その時の話ができます。
帰り道、車の中で、ちびー!と声に出して泣きながら運転してきました。

戻ってからケーキを食べることになっていたので、お風呂から上がった次男とマットとちびの写真と一緒に写真を撮りました。
ロウソクは18本といきたいところですが、8本立てて、と。
a0096810_23522124.jpg


マットはびびりのままですので、息子達が面白がってからかうのです。
今、一番いやなことは、
”歯磨きしようか!”
一目散に逃げていきます。
でも、このあとちゃんと歯磨きもしましたよ。

年に一度の次男とちびの誕生日ですからね。

誕生日は、今年もまたひとつ年を重ねることができました。の意味でのおめでとう、と
この世に生まれてこれたことへの感謝の気持ちのありがとう、と
命の尊さを思う日でもありました。
[PR]

by chibi_mat | 2007-09-05 00:02 | ちび
2007年 08月 02日

夜中にエアコンが止まってしまい、暑くて眠れなくなった。

新聞屋さんのバイクの音が聞こえ、5時半。
もう少し眠ろうと思っていたら、いつしか眠りに落ちていたらしい。
今年は車を買い換えるので、マルチのエアコンを取り替える余裕はない。
そんなこんなでどうしようかと思っていたところだった。

ちびが家の前でうろうろしているので、戻っておいで、と慌てているけれど、ちびは手が届きそうで届かない。
そうこうしているうちにハーネスを着けたままのマットが後ろからやってきた。
マットを保護して、ちびも、と思っているところで目覚めた。
夢だった。

ちびは若い頃のように、ほっそりとしていて、白かった。

ちび、こっちにおいで!

ちびは会いにきてくれたのだろうか。


明け方の夢だった。


ちびが亡くなってから、初めての夢だった。。。。

a0096810_12385749.jpg

マットの散歩は、夏休み中の兄のお仕事です。
[PR]

by chibi_mat | 2007-08-02 12:40 | ちび
2007年 05月 17日

誕生

今日は、素敵なお花を”ちびちゃんに”とプレゼントしていただきました。

遺骨の両側には、色とりどりの花が咲いていて、私達家族を慰めてくれます。
自宅に招いた長男の彼女も、お花を、と綺麗なアレンジを持ってきてくれました。
a0096810_21402339.jpg

ちびが、5月13日の日曜日を選んでくれたのは、私へのメッセージだと思うのです。

次男の部活が終わり、帰りが早くなるから、マットがひとりぼっちで留守番する時間が短くなります。
庭には30本の薔薇が、次々と元気な花を咲かせて、玄関先が甘い香りでいっぱいになります。
私が一番好きな季節です。
日曜日は、いつもちびとマットとで留守番でした。
マットが家族になってからは、寂しがって困らせることもなくなりました。
日曜日、置いていかれることを何より嫌がりました。
旅立ちの日、父も土曜日の夜から帰ってきていました。
一晩中、くんくん鳴いて甘えてきました。甘えているようにしか思えませんでしたが、ちびには時間が残されていないことがわかっていたのかもしれません。
いつもより早く一階に下りてきました。父が、朝から寝ているちびの身体をさすってくれました。
病院へ連れて行こう。と言ってくれました。
長男が車で出かけてしまいましたが、会社の車がありました。
点滴と注射を打ってもらいましたが、自宅に連れ帰ったことで命を縮めてしまったかもしれない、と自分を責めました。
しかし、ちびは残された体力を使い切って、最後の排泄を自分の足で歩いて済ませました。
それからはほとんど歩けなくなり、3時間後には、私がちびの身体を抱いてさすっていると、膝枕の状態で静かに息を引き取りました。
ちびの最期を看取れなかったら、病院で死んでしまっていたら、ちびは思いを残したことでしょう。私も魂を汚すところでした。
瀕死の状態で、一日中、お世話をさせてくれました。
たくさんの愛を教えてくれました。
愛するものを失う、これ以上ないつらさと痛みも。

生きていれば何とかなるさ、との思いがより強くなりました。
生きていればまたいつか会えるさ、との思いも強くなりました。

この寂しさに比べたら、あの別れもあの痛みもどうということのないことも。。。
ちびがいないことがこんなに寂しいとは、、、愛犬の死が、こんなにも悲しいとは。。。

祝福されない命の誕生があってはならないのです。

どんな事情があっても、命は尊い。

お母さんは、ちびを連れ帰ってくれた応昆の学生さん達にお礼を言いました。
この子を保護してくれてありがとう。
私が大切に愛情一杯育てるからね。

ちびと暮らした10年間は、かけがえのない素晴らしい10年間でした。
愛されたペットは、魂の成長ができると言います。
与えた愛の何倍もの愛で応えてくれます。

純粋無垢な瞳は、疲れたこころを癒してくれます。

赤い糸を待っているわんこがいます。

誕生した命のすべてが祝福される神の願いそのものの世の中になりますように。

a0096810_21413474.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2007-05-17 22:11 | ちび
2007年 05月 12日

食欲が戻りました。

PTAやら愛犬病院に連れて行ったりと多忙のため、日記をまとめて更新しています。
ちびはこのところ食欲不振でした。
食欲だけが、ちびの健康のバロメータなので、元気がないと、こちらまでしょんぼりしてしまいます。
出費が多い5月ですが、ちびの治療を優先。

体温は平熱、黄疸も出ていないとのことで、吐き気止めと食欲増進の注射。そして、栄養注射を打っていただきました。

往診に出ていた先生を待っていたわんこたちがたくさんいて、ちびは大ハッスル。
吠えまくって、帰ってきました。

夕方、仕事から戻ると、元気にお出迎え。
そういえば、ここ数日、起きてきてはくれませんでした。
愛犬病院に連れて行ってよかったです。

晩御飯も待ちきれずに、私が食事の支度をしているそばで、ずっと座って待っているほどでした。
ちびは元気でないと困っちゃうの。

よかったねえ。

マットはお留守番ができましたよ。
a0096810_22372886.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2007-05-12 20:31 | ちび
2007年 05月 09日

海霧

午後2時からの出勤のため、のんびりと洗濯物を干していたら、海のほうから白い煙?が漂ってくる。
あたりはまもなく真っ白い霧に包まれてしまいました。
年に数回発生する海霧です。
海上から、白い霧が市街地に向かって漂っていくのがわかりました。
その霧の中、たったひとりの釣り人がいましたが、海の上は真っ白で船も航行できません。
ちびは食欲がなく、元気もないのですが、海に行くと元気になるのです。
食事を減らして様子を見ることにしました。
しかし、、、夜になり大量に飲んだ水を一気に嘔吐。
愛犬病院のお世話になることに。。。
a0096810_2230865.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2007-05-09 10:20 | ちび