<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

疥癬

猫たちは見かけは成猫なのだが、まだまだ7ヶ月の子猫ちゃんである。

昨日は、一昨日の夜に滴下したレボリューションの効果で、ちびすけ・しまじろうの両方のうん○から回虫がたくさんでてきて、トイレ掃除とケージの掃除をしました。

しばらくは虫の根絶までがんばってトイレの点検清掃に励もうと思っています。

ちびすけは疥癬なので、時々痒がっています。
レボリューションをつけたら、兄弟を一緒にしてもよい、とのことでしたが、しまじろうにも疥癬らしきかさぶた様のものが耳の後ろにありましたので、回虫さんとさよならできるその日まで、徹底的に闘うぞ!という気持ちになり、しばらくの間は、このままの状態で隔離することにしました。

それぞれに性格が違います。
ちびすけは活動的で、不細工ですが愛嬌があり、わかりやすい性格です。
しまじろうは、大人しくて箱から出てきません。
しかし、、、朝のトイレ掃除のとき、狭いマットのケージでストレス解消ができないのでしょう。。。ダンボールの丸い切れ端が散乱していました。
ねぐらの箱に乗って、ダンボールを噛み付いて遊んだようです。
猫は夜行性ですか?
まだまだわからないことばかりです。

庭でハーネスを付けて遊ばせようか、と息子が提案していますが、どうなんでしょう。
もう少し勉強してから解消方法を考えます。

マットは、外の猫ちゃんたちがまったく気にならなくなったようです。
甘えん坊なので、マットを一番にしておかないと、今度はマットが参ってしまいますから、そこのところは、里親になったばかりの頃を思い出して、がんばってみます。

朝、ごみ出しにでたら、メルちゃんとAkemiさんに会いました。
水門のところにいた猫ちゃん達を保護したんだよ。と話すと、
あの子達、いつもは出てこなかったけれど、カラスに取り囲まれていたことがあって、、、、まだ子猫ちゃんだったんでしょう。よく保護できたね。大変だけど、がんばって。など話をしました。
一度、一緒に散歩に行ったとき、猫ちゃんたちがいて、事故に遭うと大変だからと、コースを変えてもらったことがあり、あの頃は自分が保護するとは思ってもいませんでした。

でも、決めてからは早いのです。
これからは、着る物もハンドメイドでと思ったので、ロックミシンを注文しました。

犬猫がいるから、お洒落はしない。のではなく、
我が家のスタイルを、ああいいなあ、と思ってもらえるようにがんばります。

たくさんの布とアンティークレースも買い集めてありますのでね。
[PR]

by chibi_mat | 2008-01-31 13:53
2008年 01月 28日

検便の結果

今日は朝から大忙しでした。

午前出勤のため、起床してからまず猫のトイレの確認と朝ごはん。二度繰り返します。
マットには待っててね、と言って、次男の朝食とお弁当を作り、テスト期間中のため早出の次男を送り出し、自分の身支度とごみ出しとマットのおしっこ行き、朝ごはんを慌てて食べてから、コーヒーを淹れて”ちりとてちん”を見ながらのお化粧。
バスがあてにならないので、車で出勤。帰り道、焙煎堂でコーヒーを買い求め、家に帰り着き、二度目のちりとてちんを見ながらのお昼ご飯。。。。

洗濯物をちょっと乾燥したまま出たので、うす曇の中洗濯物を干し、猫のトイレの確認と始末。
おやつを上げて、次男の自動車学校に電話をして段取り。4時からの受付に間に合うように区役所に寄り住民票を請求して、猫の病院へ。

かなりの時間待ちましたが、猫ちゃんはそのほとんどが元は捨て猫または野良ちゃんだということで、素敵な親子のお母様とお話しをしながら検査の結果を待っていました。
連れて来られていた猫ちゃんは、エイズのために、月に一度の治療の日でした。
世田谷美術館のそばから、娘さんの住む静岡に越してこられたお母様は、たくさんの野良ちゃんの不妊手術をしてこられたそうで、今でもボランティア仲間の人と、残してきた野良ちゃんの近況を確認されるそうです。
私が週末二匹の野良ちゃんの兄弟を保護したことを知ると、本当に喜んでくださり、いい時間を過ごせたわと言ってお帰りになりました。猫ちゃんは脚も一本ないそうです。野良社会は厳しいですね。

我が家のちびすけとしまじろうのうんちからは、二種類の寄生虫が確認されました。
猫回虫は明日のレボリューションでまずやっつけて、3日後に猫条虫の薬を与えます。
条虫の薬は量が多いので大変ですが、と優しい先生は顕微鏡で卵の画像を見せてくれました。
条虫はかえるやとかげにいるそうです。
お腹が空いた時に、お母さんと捕って食べたのでしょうか。
なんだかとても可哀想になり、不細工なちびすけと大人しいしまじろうが愛しくてたまらなくなり、帰り道泣きながら帰ってきました。
里親募集をとも思っていましたが、実際に診察や検査をするにつれ、この子たちが生き延びてきた7ヶ月の時を思うと、私達が幸せにするしかないと思うようになりました。

帰ってきてから、ちびすけのケージから物凄い音がしました。
トイレに下痢ピーのうんちがありました。
回虫を退治してあげれば治るそうです。

私には猫の世界は未知の領域なのですね。

ちびと暮らし、マットの里親になり、マットが足繁く通った野良ちゃんの兄弟を保護するに至り、何より息子ふたりが優しいこころの持ち主に育ったことを嬉しく思う母でありました。

しまじろうもダンボールハウスがお気に入りですが、ごはんはもりもり食べています。
悪い虫をやっつけて、元気で幸せになろうね。
a0096810_19194922.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-01-28 19:19 | MEYの日記
2008年 01月 27日

お母さん

11月の連休の頃だったと思います。

マットが朝の散歩中に、猫が草むらにいるのを見つけました。
猫は既に息絶えており、動きません。
道端の脇のその場所は、道行く人も気付かない場所でした。

息子が散歩から帰ってくるなり、
”公園の向こうの草むらに猫が死んでいるよ。マットが見つけた。見てきて。”と言いました。
息子はバイトに向かい、私も仕事に向かう前に猫の死体を確認しました。
帰ってきてから愛護センターに連れて行ってあげよう。
そう決めて、確認をしたのです。

家に帰り着き、電話帳で調べるとあと15分で愛護館の受付は終了する時刻で、ここから40分ほどの距離にある場所までは無理ということになってしまいました。
市役所に電話するも連休で電話は鳴り続けても誰も出てはくれません。
そのこは、見たことのない猫でした。ちびちゃんにとてもよく似た模様ですが、毛色が真っ黒でした。
結局3日後に市役所の手配で飼い主のいない猫の死体として、引き取られていきました。

ちびちゃんとしまちゃんを保護したことをおじさんに伝えに行きました。
おじさんは、ちびとしまの母猫を最後に見たのは11月の頃で、痩せて元気がなく、缶詰を与えたけれど食べなかった。MEYさんが見た猫はあの子達の母さんだったんだな。。。
野良猫社会は複雑で、おじさんのところにいる猫の親子はちびちゃんとしまちゃんのお母さんの子供だそうで、ちびちゃんとしまちゃんと追い出した母猫は兄弟関係にあるようです。

6匹の子猫を連れておじさんの廃車のところにやってきた母猫は、痩せていて、それでも子猫を育てることに必死だったそうです。
猫の兄弟を保護するまでの物語を知った私は、胸がいっぱいになってしまいました。
可愛いからと言って、大谷川のところに連れて行かれた白い猫ちゃんも、おじさんが最後に見たときには衰弱して動けなくなっていたそうで、その後姿を見かけなくなったとのことでした。人間が一番たちが悪い。そのとおりです。

しまちゃんと診察室で待っていた私は、お耳が千切れているところが三箇所あることに気付きました。
マットのぎざぎざの左耳のように、この子達は野良猫として7ヶ月余りを生き延びてきたのです。
保護するまでには色々と考えましたが、保護すると決めてからは1週間とかかりませんでした。
おじさんはとても喜んでくれました。
ただ、息子のアレルギーは本物で、喉が痒くなり、鼻水とくしゃみが出ます。
ちびちゃんとしまちゃんの健康状態がよくなったと太鼓判を押されたら、里親募集を考えようと思っていますが、里親さんが現れなくても私達が面倒を見るつもりで保護した尊い命です。

お母さんはマットと私達に子猫を託したのでしょう。
野良としての終生を貫いた飼い主のいない猫ちゃん。

動物はどのこを見ても、命がけで子育てをします。
生きることに精一杯です。

そうそう、ちびすけは不細工ですが愛嬌があり、とても賢いことが分かりました。
しまじろうはとても大人しい猫ちゃんで、目の色がとても綺麗です。
二匹ともおトイレは完璧で、千葉わんスタッフの
a0096810_23114842.jpg
Aさんが教えてくださったとおりでした。
ありがとうございました。
[PR]

by chibi_mat | 2008-01-27 23:14 | MEYの日記
2008年 01月 26日

しまじろう確保

ちびすけは静かに朝を迎えました。
今日は土曜日。長男Kスケのバイト先のドラッグストアのポイント5倍デーです。
朝、8時45分出勤で、夕方から学校です。
次男のTちゃんは9時に友人とバスケをすることになっておりましたが、しまじろうを保護してから出掛けると言って、マットを連れてじまじろうの保護に向かいましたが、警戒心が強く、断念しました。

朝の家事を終えた私は、11時を回り、午前の最後のチャンスとばかりに、マットが千葉わんから我が家に連れてこられたときの小さなハーネスとリードを持って、出掛けてみることにしました。

さきほどの牛舎の同じ場所にいました。

しまちゃん、、、、

自分から私達に向かって歩いてきます。
あのハーネスを首に掛けると難なく掛かりました。
皮の手袋をしていた私は、左手にマット、右手にしまじろうを抱きかかえてみました。
にゃー!と言われ抵抗されましたが、必死に抱えて家まで早足で帰り着きました。
落ち着け、、、、
鍵を開けて、マットのリードをドアノブに固定してと、しまじろうを用意してあったキャリーに放り込んで鍵を掛けました。
しまじろうは思いがけない形で保護できました。
時刻は午前11時25分。
11時半には猫の病院の受付が終了します。
頂いてあった診察券の電話に掛けてみると、気をつけてお越しください。という優しい言葉をいただき、車を走らせました。
ちびすけ同様にしまじろうも健康で、血液検査の結果は問題なしでした。

ただ、ちびすけに疥癬ダニが寄生しているので、マットのケージで隔離することになりました。
待っている間に息子二人にメールを入れて、しまじろうを保護できたことを伝えました。

トイレをもうひとつとキャリーをもう一つ買って帰りました。
帰り着くと、次男が待っていました。

猫との生活は初めてですが、ちびすけは3階建てのケージを自由自在に動き始めました。
a0096810_22332155.jpg

二階でも三階でも、難なく飛び上がります。
トイレも教えないのに完璧です。
とても賢くて驚きですよ。

しまじろうは爪とぎ用のダンボールに毛布を敷いてあげたら、出てきません。
にゃーにゃー鳴いていましたが、大人しい子です。
a0096810_223619.jpg


猫たちを保護してよかったことはたくさんあります。
知らない世界を知ったこと。
優しい人達がたくさんいることを知ったこと。
猫の病院と出会ったこと。
おじさんもほっとしたと言ってくれました。

猫たちに、よかったねー!とたくさんの言葉を掛けて頂きました。

天国のちびじゃないかと思ってしまいます。

ちび、、、、猫ちゃんになって現れてくれたの?
それとも、お母さん達に、こんな出会いもあるんだよって、教えてくれたの?

お母さんもお兄ちゃんたちも、みんなちびのことを忘れていないよ。
看取れたことをよかったと思える出会いもありました。

マットが一番がんばってくれました。
疲れてしまって足元で寝ています。
マット、猫ちゃんたちを幸せにしてあげようね。
私達に出会ってよかったと思ってもらえるようにがんばろうね。
[PR]

by chibi_mat | 2008-01-26 22:44
2008年 01月 25日

ちびすけを保護

本日午前、水門そばから我が家についてきたちびちゃんをすんなり保護いたしまして、猫の病院で診察とワクチン接種、爪切りなどをしていただきました。
猫エイズも白血病も陰性で、血液検査も野良ちゃんにしては、健康で、優しい先生に、良かったですね。と言っていただきました。
しまじろう君は、警戒心が強いので保護できず、明日には保護できるように再度トライします。

とってもいいこで大人しく、トイレで寝ています。^^
a0096810_22162729.jpg


マットが、オイラが主役と言っています。
ワンワンと吠えては怯えていましたが、かなり落ち着きました。
マットのマイブームの猫ちゃんだもんね。がんばろう!!
a0096810_22165476.jpg


a0096810_22173421.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-01-25 22:28 | MEYの日記
2008年 01月 22日

兄弟

a0096810_2332586.jpg

2007年の夏の頃、ちびを亡くした私とマットは、散歩コースを変えることになった。

マットは、3年経った今でもびびりで、マイペースなわんこ。

そのマットが、その夏の頃から散歩する私達をぐいぐいと引っ張って通いたがる場所があったのです。
夏が去り、秋が来て、冬になった頃、
町内会長さんが、”この辺りに野良猫がいて、えさを上げる人がいて困る。”
と言っていたことがありました。
マットは猫と暮らしたことが無く、私も猫のことは苦手だと思っていたので、人がいないのを確かめては煮干などのおやつを持参しての散歩が続いていました。
猫ちゃん達は、マットと私の足音がわかるのか、わらわらとどこからともなく現れて駆け寄ってきました。
道路脇なので、事故に遭っては大変、とはらはらしながらの交流が続きました。
年末だったでしょうか。
今日のように寒い日が続きました。
いつの間にか、散歩を担当している長男と私の会話は兄弟の猫ちゃん達の話が多くなっています。
長男が小学3年生の頃、近くのアパートで猫を飼っているお友達ができました。
そのお宅に遊びに行くと、痒くなってしまうのです。
息子は、猫アレルギーだと判断しました。
長いこと猫と接することも無く、ちびは猫が苦手だったこともあり、この出会いは不思議な感じがしました。
今年に入り、兄弟の猫ちゃんのうち、グレーの子が息子について自宅まで遊びに来られるまでになりました。
一度だけ、トラちゃんの方も遊びに来てくれました。
その頃から、何とか保護して、里親探しができないものかと思うようになりました。
暖かい部屋で愛情一杯可愛がられているマットと、野良ちゃんとして生またこの子達に、どんな違いがあるというのでしょうか。
出会った命ですから、たくさんの課題も一つずつクリアできたらとの思いで、おじさんに協力をお願いしてみました。
無事保護ができて、手当てができるよう、祈ってください。
初めてのことで不安がありますが、協力者が何人かできましたので、がんばってみます。

尊い命です。
同じ星に生きる尊い命です。

大寒です。寒いです。。。猫ちゃん達のケージは、24日に届くそうです。
マットは先日買ったばかりのセーターを着ています。
雨の中、様子を見に行きましたが、どこかで寄り添って隠れているのでしょうか。姿を確認できませんでした。おじさんは、寒いだろうなあ。大丈夫かなあ。
a0096810_23405815.jpg


[PR]

by chibi_mat | 2008-01-22 00:00
2008年 01月 17日

入隊

一年程前になるが、ビリーが流行る少し前に次男から”クラスメートが軍隊式のダイエットをやってるんだってさ!”という話を聞いていた。
自慢じゃないが、ダイエットをしようにも痩せ過ぎ?で”細い!”と言われるのがコンプレックスだったので、ビリーのDVDが手に入り、いつでもOKの状態から一年経っていた。
しかし、細いと言われていた学生時代から6キロオーバーの現在。。。。中年太りに間違いない今日この頃である。

消防学校はきついらしい。。。
次男が、消防士になるという話をすると、テレビの特集を観た人はみな口を揃えて言う。

鍼灸の勉強をしている長男は、今のうちに何とかしておかないと大変なことになると脅かすし、11月にテレビに映りだされた我が身を見て、寒気がした。
おばさん体型だったから。

というわけで、昨日から次男とキャンプに入隊したのです。
マットは、ビリーのことなんか理解できないので、眉をしかめて見ています。
a0096810_231444.jpg



えへへ、、自分に甘い私は休憩しちゃうもんねー。
a0096810_2323196.jpg


マットは次男がますます怖くなってしまったようで、ずーっと私のそばを離れないのです。
でも、最後の深呼吸はした方がいいね。昨日はずるして、逃げ出したから。

明日は新年会なので、3日持たないじゃん。。。。汗
土曜日はやりますよ。がんばります。
a0096810_234598.jpg


おいおい、脚が曲がってますよ。
俺、レブロン・ジェームスみたいな腕になりたい!(次男のとんちゃん)
[PR]

by chibi_mat | 2008-01-17 23:06 | MEYの日記
2008年 01月 09日

この感触がすき♪

ヤフオクでアンティークドールを何体か落札したが、そのうちの一体のドールに付いていたぬいぐるみ。
100円位かなあ、、、有り合わせと言う表現だったけれど、マットのおもちゃにちょうど良い。

マットはちびのようにぬいぐるみで遊びません。
100頭の多頭飼育現場から保護されたマットは、半年ほどの間、多くの仲間と、ご飯の取り合いなどしながら生き延びてきたようです。
当然のことながら、おもちゃを与えられることも、おやつを貰うことも無く、遊び方も知りませんでした。
ちびはぬいぐるみが大好きでした。
ぬいぐるみをぽーんと放ると、喜んで咥えて戻ってきては、何度もやってやってとせがみました。

マットは、この小さなクマちゃんの感触がお気に入りのようです。

a0096810_21271014.jpg
a0096810_21274773.jpg

a0096810_212802.jpg

こたつも気に入ってくれましたよ。
昨日も今日も室温は20度あります。
石油ファンヒーターはつけていません。

ついでに、今日届いた男の子のドールちゃん。
まだ、息子達にはばれてない。汗 
a0096810_21294771.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-01-09 21:31 | マット
2008年 01月 07日

元気になりました♪

マットさん、お兄ちゃんに捕まって硬直していますが、うん○が元に戻りました。
昨日はお散歩にも行きましたよ。
お薬はもう飲んでいません。

今日は、午前出勤でした。
NHKで、広島の山に、ごみのように子犬を捨てる人が後を絶たないのだという特集を放映していました。
切なさが胸を締め付けました。

ちびもあの子犬たちのように、山に置き去りにされたわんこです。
運良く大学生のグループと出会い、保護されて、縁あって私のところに来てくれました。
賢くて可愛い自慢の愛犬でした。

大切な命の話を、今年も伝えていこうと思います。

a0096810_23404863.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-01-07 23:41 | マット
2008年 01月 04日

マット、愛犬病院へ

今日は、新年初の出勤日でした。
寝正月が抜けきらないまでも、東京へ渋谷直通バスで向かうという長男をたたき起こし(神経痛で目が覚めたもので)楽しみにしていた ちりとてちん をゆっくり見てから、身支度をしました。

私が洗面所で朝シャンをしていると、マットがトイレに入ってクルクルと回っていました。
なかなかうん○が出ないようで、位置を変えてはトライ!!していました。

マットはとてもシャイなので、こっそりおトイレで用を足します。
途中出て行くと、びっくりして逃げ出すので、息を潜めて観察していました。
終わったようなので、片付けに行くと、あれ?お腹の調子が悪いのかな?
ミヤリサンアイジを与えて、
お留守番よろしくね。
と言って出ました。

洋服を見て帰ろうと思いましたが、特に欲しい物が見つからなかったので、すぐのバスで家に帰りました。

マットー♪ただいま。おかあちゃん、帰ってきたよ。

マットがお迎えに出てきません。
リビングのドアを開けると、いつものようにお手手をクルクルして喜びを表してくれました。

マットのトイレが大変なことになっていました。
お腹が痛かっただろうなあと、可哀想になり、愛犬病院へ電話をしました。

診察の結果は、熱があるということで、今日は晩御飯は抜きにしました。
栄養注射と治療のための注射、お薬を3日分出していただきました。

ちびの時のことがあるので、すぐに連れて行きます。
熱があったことは気付かなかったです。
可哀想なことをしました。
今日は大人しく寝ています。

私も風邪で辛かったので、言葉で伝えられないマットは、もっと辛かっただろうと切なくなりました。
今日はこれくらいにして、のだめを見てから、寝ることにします。

それにしても、マットは車はだめ、病院はだめ、でも診察室ではお利口さんです。

a0096810_21195768.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-01-04 21:21 | 通院