わんにゃご2001 

mey2001.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 26日

生い立ち

茶々がいなくなって、幸せになったのだから、寂しがらないようにしよう、と思いつつ、
今頃、どうしているかなあ。。。
新しい環境に慣れたかな。。。など、
時折、ちゃーこ、と呼んでしまう自分に、苦笑い;;;

ちびが眼を開けて寝てる。こわ!!

ちびすけと、しまじろうが生まれたのは、一年前の5月頃のこと。
茶々のお母さん猫と同じ母猫 ちいこさんの最後の子供達です。
ちいこさんは、ちびすけとしまじろうが我が家に保護された後、reiさんが避妊手術とワクチンなどのケアをしてくださって、相良のおうちでのんびりと暮らしています。

最初にこの子達と出会ったのは、去年の7月頃だったでしょうか。
廃車のおじさんのところに、成猫と子猫がわらわらといるのをマットが見つけました。
ちびがいなくなって、ひとりぼっちだったマットは、外で暮らす猫ちゃんに興味を持ったのでした。
ある時は、道路の真ん中でおっぱいを飲んでいたり、私達を見つけるとおじさんの宝の山に隠れたりしました。

夏が終わる頃、子猫の数が一匹、また一匹と減ってゆきました。

秋が来て、私はおじさんに声を掛けるようになりました。

成猫はちいこさんと、茶々のおかあさんのクロちゃんの2匹。

クロちゃんが同じ親を持つ、別の時期に生まれた猫だということも、おじさんと話をするうちにわかったことでした。
そこには、同じ位の子猫がいました。
トラちゃんというキジトラの子。
クロちゃんは、冬が近付いたある日に、ちびすけとしまじろうを、廃車のねぐらから追い出しました。

初めてちびすけを水門付近で見かけたとき、左目が傷つき、目が潰れているようでした。
今でも、角膜に傷が残っています。
耳の付け根にも傷跡が残っています。

a0096810_21484425.jpg


数日経ち、目がぱっちりと開いていたのを見たとき、この子たちが自分達で舐めて治しただろうことを思うと、健気に兄弟が寄り添って生きる姿が垣間見え、可哀想でなりませんでした。

a0096810_21504812.jpg


しまじろうは、左耳に傷跡が残っています。

野良猫と呼ばれる子達の環境は過酷です。

おじさんに聞いたところ、この子達の兄弟は、みんな居なくなってしまったそうです。
ちびすけとしまじろうは、力を合わせて、道行く人に助けを求めていたのでしょう。
マットの足音が近付くと、どこからともなく、二匹で現れては、私達の手にある小魚を喜んで食べました。

しまじろうはとてもびびりで、人馴れをしていたちびすけが自らキャリーに入ったのに逃げられてしまい、一日遅れで抱きかかえて保護しました。
実はとても甘えん坊です。
家族とそれ以外の人を区別して、逃げ隠れてしまいます。

a0096810_21585412.jpg

マットは、左耳がぎざぎざです。
100分の5の幸運に恵まれて、私のところにやってきました。
生後半年間は、どのように生き延びてきたのでしょう。
マットの兄弟は、レスキューできませんでした。

辛い経験をしてきた3匹の可愛い子達。
これからも、ずっとずっと一緒だよ。
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-26 22:03
2008年 06月 23日

願い

ちびとの出会いは、わんこ2001に。

マットとの出会いは、ネットでボランティアサイトを回っていたとき。
4匹の小さなわんこに混じって、ふた回りほど大きな悲しい目をしたわんこに出会う。
毎日預かりさんの日記を読み、いつしかその瞳から目が離せなくなりました。
そして、ちびに家族を迎えたいと思うようになり、意を決して里親希望を申し出ました。
ひとりではできないことも、グループとして力をあわせれば救える命があります。

マットは、心を閉ざしていたわんこ。
100頭はいるだろうと思われる茨城の多頭飼育の家から、千葉わんボランティアさんの熱心な説得によりレスキューされたうちの一頭でした。
一年前に、その優しかった預かり母さんは、天国へ。
一年前の5月13日14日は、生涯忘れることのない悲しい二日間。
今まで経験したことのない悲しみ。
人が守ってやらなければ、人との暮らしの中で動物は生きることが叶いません。

一年前の同じ頃に生まれた猫の兄弟がちびすけとしまじろう。

毎日泣いていた去年の夏、マットが猫のいる廃車のそばにぐいぐいと引っ張って行く場所があり、そこにいたうちの子猫の中の二匹でした。
その時にいた子猫は6匹。
一番小さな子は、病気のためか目が潰れていて、トラックに轢かれてしまったという。
ちびすけに似た子は、海岸の野良ちゃんのいる場所へと、白くてきれいな子は、引き取られたと言い、シルバーグレーの子は大谷でおじさんが見かけたとき、やせ細っていて、姿が見えなくなったそうだ。
おじさんは、何年かの間に、数匹の死んでしまった猫を埋めたそうです。

そして、ちびすけとしまじろうが残り、茶々のお母さんであるクロちゃんに、オス猫だからという理由で引っ掻かれて追い出され、近くの水門のところにねぐらを移したのでした。

ちびすけとしまじろうは、私たち家族に懐いてくれて、散歩のたびに おみやげ と称して、小魚のおやつを楽しみに待っていてくれました。
そこには、ドライフードがなぜか置かれており、それはおじさんが与えてくれたものだと知ったのは、冬の始まりの頃。
一冬越さなければ、生き延びられない、とおじさんは言っていた。
年末年始と寒い日が続く。
1月のある日、ちびすけがおじさんを追いかけて道路に飛び出し、あやうく車に轢かれそうになるところを見てしまいました。
一日も早く何とかしなければ、と息子達に相談。長男が保護したいと言い始めたものの、庭での保護はまず無理があり、
家には猫が苦手なマットがいる。
まずは保護を優先して、ケアをしようと言う事になった。
おじさんに保護することを話すと、とても喜んでくれて、reiさんがえさを運んできてくれることを教えてくれたのでした。
reiさんとは、その時からのお付き合いです。

あれこれ悩みもしましたが、自分達で保護してケアができたことは、次への希望へと繋がりました。
血液検査の結果は良好で、ワクチン2回、レボリューション3回投与、合間に条虫駆除、寄生虫と疥癬ダニ・蚤すべてをやっつけるまでに2ヶ月ほど、4月には去勢手術も受けました。

マットとは今ではすっかり仲良しです。

5月23日に、廃車のおじさんが、”クロが子猫を連れてきた。”と私のところにやってきました。

その時保護した4匹の子猫ちゃんは、それぞれに里親さんが決まり、沼津へと里子に出した甘夏ちゃんは、よりよい里親さがしのために、再度私のところで預かりをしながらの再度の募集で、素晴らしいご縁に恵まれることができました。
最初は、もしも見つからなかったらと心配していたreiさんでしたが、みんな可愛くて器量よし。
一旦出戻った茶々が、最後に一番素敵なご縁を引き寄せました。
ブラボー!!

初めての預かり体験で、茶々は私にたくさんの尊いことを教えてくれました。

茶々がいなくなったリビングは、茶々を預かる前の暮らしに静かに戻りました。

ケージを片付けながら、茶々を思い出し、涙が止まらなくなりました。
赤ちゃん猫をお世話させてもらって、楽しかったよ。

ちびすけは、相変わらず かづきれいこスポンジで遊ぶのに夢中;;;

a0096810_024959.jpg
a0096810_03276.jpg

わざとキャビネットやケージの下に転がして、見つけるのが楽しいみたい。
8つはコレクションしています。
とくに、新しいのがお気に入りなので、私がおろしたてのスポンジを使っていると、それを狙っているのです。面白い子。

しまじろうは、茶々のお見合いでは、隠れてしまうというびびりの一面を出しまして、甘えん坊であることがわかりました。
抱いてあげると逃げなくなりました。
a0096810_073562.jpg


a0096810_093583.jpg


預かり初日、手を入れると フー!!を言うも、言うだけのびびりっこ。
a0096810_0101529.jpg

ウッドストックちゃんは、茶々と下田へ行きました。

茶々にいっぱいの幸あれ。
(^ー^)ノ~~Bye-Bye!
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-23 00:12
2008年 06月 22日

預かり母

茶々は、本日お見合いをしまして、伊豆半島の先端 下田へと里子に迎えられました。

茶々と過ごした10日間。

短い間でしたが、楽しかった。

初めての預かりボランティアを経験させていただけたこと、本当にありがたかったです。

マットの預かり母さんであったさくらママさんのお気持ちがよーくわかる巣立ちの一日でした。

素晴らしいご縁を結ぶお手伝いができて、嬉しかったです。

a0096810_17104524.jpg


茶々を里子に迎えてくださることが決まり、里親さんのお迎えが来るまでの間、茶々といっぱい触れ合いました。

a0096810_17125389.jpg


マットも茶々のことがお気に入り♪

a0096810_1720780.jpg


後姿も、この可愛さ。

a0096810_17154192.jpg

a0096810_17162974.jpg


いっぱい可愛がってもらってね。

茶々、おめでとう。
ブログでの成長を見るのが楽しみです。

茶々のケージを片付けていたら、涙が。。。。滝。
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-22 17:18 | にゃんず
2008年 06月 22日

赤い糸

茶々の赤い糸はすぐそこまできているのかも。

もしかしたら、お別れもすぐそこまでかもしれない、と思い、reiさんにアドバイスされたようにゴムひもをつけて、茶々をソファ周辺で遊ばせてみました。
トトロのまくらとウサギさんをトンネル状にして、隠れる場所も作ってあげました。
まず、そこにもぐって遊ぶ茶々。

a0096810_0183799.jpg


ゴムひもを噛んだり

a0096810_0185944.jpg


しまじろうとじゃれたり、ちびにご挨拶したりもしました。
シャーとかフーは一切なし。
すばしっこいので、こんなちびちびの間はフリーにするのは危ない気がします。

a0096810_0201372.jpg


私のひざの間のガーゼケットの上で眠ったり、遊びつかれたらカリカリを食べました。

a0096810_0212514.jpg



うちの子達は、厳しい環境を生き延びてきて、私の元にやってきた子達。
だからかな、とても優しくて、茶々のような小さな子の面倒を見るお兄さんたちになっていました。
マットは犬ですが、マットを見て逃げることもありません。

茶々は、お母さんが守ってくれたから、こうして幸せの赤い糸が結ばれようとしているんですよ。

野良ちゃんのままのクロ母さんの分まで、幸せにするからね。
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-22 00:26
2008年 06月 20日

里親募集

茶々は、明日の静岡新聞のアドポストに 里親募集記事として掲載されることになっています。

日に日に可愛さが増し、ごはんももりもり食べて、無邪気に遊ぶ姿を見ていると、何だかとても切ない気持ちになってきます。

歯も小さいながら奇麗に生えて、カリカリも上手に食べられるようになりました。
朝晩は、キトンを半分に割ったものと缶詰を半々、お昼はおやつのようにと、カリカリだけを与えていますが、いつも嬉しそうに食べてくれます。
食欲旺盛、おなかもぽんぽこりんです。

さて、しまじろうが茶々を気に入っていて、ケージに近付いては遊んでくれています。

a0096810_23313831.jpg

a0096810_23355445.jpg


ちびすけは、ちびのベッドをテーブルの下に入れたところ、いたずらをしていない時にはここで茶々を観察しています。
とってもマイペースなちびすけ。

a0096810_23332942.jpg


茶々、ご縁がなかったなら、ここにいつまでも居ていいんだよ。
可愛いプリンセス茶々。
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-20 23:35
2008年 06月 18日

女の子

茶々は女の子。

ちびが亡くなってから、私は男とオスに囲まれて暮らしていました。

一ヶ月ぶりのレディスクリニックでは、貧血もかなりのところまで改善され、残っている数日分を飲んで様子を見ましょう、ということでした。

そして、茶々は、一回目のワクチン接種をしていただきました。
疲れたのか大人しくしていましたが、11PMを過ぎた頃から元気っ子に変身。

ねんね用の箱をかじったり、爪とぎをしていました。

茶々は歯が痒いのかな。

a0096810_23564912.jpg


プラケージの中を飛び回って遊びますよ。

私が”可愛い!”を何度も言うので、長男が 別れが辛くなるね、と心配しています。

でも、茶々はほんとに可愛い子。
たっぷり可愛がって、可愛がられる猫にしてあげないと。
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-18 23:59
2008年 06月 17日

イナバウアー

こりすのような茶々姫様。

きじとらの茶々姫様。

タッチもできて、おしゃべりもできて、あなたはなんて可愛いんでしょう。
大切にしてくれなかったら、絶対に渡すもんか。

a0096810_22415060.jpg
a0096810_22421286.jpg
a0096810_22422892.jpg
a0096810_22424021.jpg


ねこの見張り番もいますのよ。

a0096810_2243482.jpg

強面が役に立ちますなあ。

a0096810_22435662.jpg

びびりの縞模様の方は、こんなことをしてるみたい。

a0096810_2250513.jpg

明日、次男の50ccのバイクが届きます。
一宮まで見に行って、結局町田で買いました。。。
毎日毎日、ネットで検索、バイク本とにらめっこして、母は根負けです。
しかし、、、派手!!
気をつけてスピードを守って運転していただきたいものです。
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-17 22:54 | にゃんず
2008年 06月 16日

おてんば娘

茶々は フー!!言わない宣言をしてからというもの、よく食べよく寝て、よく遊ぶと言う模範的な子猫の暮らしをしています。

a0096810_20541830.jpg
a0096810_20543145.jpg


茶々はほんとに絵になる子で可愛いー。別れがつらい。。。それほどいいこじゃ。

a0096810_20552430.jpg

a0096810_20554014.jpg


蒲原のもとおてんば娘は数十年前の我が身と茶々を重ねるのであった。
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-16 20:57
2008年 06月 15日

へぼカメラマンMEY

昨日から茶々の写真を撮り続け100枚ほど、、、、メモリもいっぱいになってパソコンに落とす。

Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!

ぴんぼけ、暗い、、、、、

修正してもこのとおり。
茶々の可愛さに救われる一枚。

a0096810_2212398.jpg


茶々、愛情いっぱいで可愛がってくださる家族をさがしています。
[PR]

by chibi_mat | 2008-06-15 22:13
2008年 06月 14日

悪面^^;

とっても可愛い預かりっ子の茶々。

次男の率直な感想。

”こいつ、悪面だなあ!”

ちょこちょことよく遊ぶし、逃げ足が速いの何の。
捕まえようとするものなら、
シャー!!にゃー!フー!

でも、咬み付くとか引っ掻くとかないの。
怖いから威嚇しているんだよね。

今日のそれぞれの様子。
a0096810_17293882.jpg


a0096810_17302151.jpg


いたってマイペースなちびすけとしまじろう。

マットはちょっと違います。
ちびに窓際の寝床を占領されるも、なぜかお手?ですか。
マットはお手!ができないんですよ。
自分がしたいときだけする。
よく、ちびにもしていたっけ。
a0096810_17324377.jpg


a0096810_1733218.jpg

野生動物を思わせる茶々。
あくびの後です。

a0096810_1733351.jpg


a0096810_17334821.jpg

可愛いぽんぽこりん。
いっぱい食べてすくすくと大きくなってね。

a0096810_1734236.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-06-14 17:38