<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

グッバイ ねずちゃん

今朝は8時45分出勤のため、急いで支度するも、出際にパンストが伝線してしまい、慌てて薄手のタイツを穿いた。

ちびしまを出していることに気付くも、ちびを取り逃がし、追いかけた挙句、時間切れで、ケージに入れずに家を出る。

お化粧はするも、口紅を付けてないことに気付くが、バッグを換えて出たため、蛇女のような顔で出勤。

一週間ぶりにAさんが更衣室に居たので、口紅を借りて塗る。

午前の仕事を無事に終え、帰宅する。

明後日から消防学校に入学する次男の夥しい荷物がリビングを占領してた。

どよーん。。。。。

ここ数日、忙しくてゆっくり寝ていないので、眠気に襲われるも、部屋の片付けと洗濯。
今夜は名札付けとアイロン掛け、荷物の点検しろよ。

社会人になったとしても、頑固モンの癖に、追い詰められないとやらないAB型のねんねちゃんだ。
何かと世話を焼き、だめな息子に育ってしまったよ。
買い物に出たら、5千円位と言っていたのに、あれもこれも買って、2万円が消えました。。。。

どよーん。。。

さっきまで、縫い物です。

お風呂も入らんと、自室にこもった。
困ったもんだ。黙っていることにする。

さてと、気を取り直して、ちびすけのねずちゃんの悲しい結末を聞いてやってくださいまし。

昨日のねずちゃん遊びで、どこかに転がしていて行方不明だった色白のねずちゃん。
出てきましたの、どこからか。

でも、機嫌よく遊んでいると思ったら、、、、、


遊んでいると思ったら、、、、、


こんな姿になって。
a0096810_0135878.jpg


ちびも鳴かないねずちゃんはつまらんとさ。

a0096810_0142494.jpg
a0096810_0143466.jpg
a0096810_0144515.jpg
a0096810_0145579.jpg

かわいそうなねずちゃん。
子年年女○回目のMEYねずちゃんも、泣く。。。。涙)

a0096810_01653.jpg

新しいのはないんけ?

a0096810_016333.jpg
a0096810_016455.jpg


さっき、ねずちゃん色のねずちゃん上げたじゃん。
どこやったのさー。

a0096810_0175958.jpg

a0096810_0181222.jpg


遠くで暗い目をした寂しげなわんこが。。。

a0096810_0173842.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-09-30 00:20 | にゃんず
2008年 09月 28日

うなり声

ちびすけに、隠しておいたねずちゃんのおもちゃ。

日曜日だし、出してあげよっかな。

強面のちびすけが遊ぶと、怖いほどだわ。。。



そして、しまじろうは、兄のお膝がお気に入り。
マットも負けじと隣に座る。
a0096810_23494448.jpg


平和なり、しびしまっと。
[PR]

by chibi_mat | 2008-09-28 23:49 | にゃんず
2008年 09月 24日

襲撃!!

焼津の朝は、海を眺めながらの朝ごはん。
普段では味わえないような色とりどりのお料理やフルーツ、飲み物もよりどりみどりってわけで、お腹いっぱいに。
で、そのまま帰るのもなんだか惜しいって言うんで、パターゴルフ(ひとり300円なり)を親子三人でやることにした
ホテルの人達がオオーw(*゜o゜*)wと言われるのも無理もない。
近頃では、希望者がいないのではないか、と思われるようなワイルドな超ショートコース。
私たち三人を見つけて群がるやぶ蚊。
息子にやる気ねー。
と言われるも、蚊が脚に腕にとたかってるんだから。
10匹は倒したが、体には10個の膨らみが。。。。
18ホール大体がパー3、のところ、28だわ。

久しぶりの親子での遊びとあって、楽しかった。
それにしても、凄いところで、ムヒアルファEXをもってしても、まだまだ痒。泣;;焼グラはとてもよかったですが、まあ、楽しい思い出ということで。

a0096810_21392482.jpg
a0096810_21394067.jpg
あんたは、私の心配をよそに、かすり傷でバイク一台パーにして、
バイクには乗って欲しくない、と思う親心はわからんだろうねえ。
生き急ぐなよ。って思っちゃう。



今日のおやつタイムの後、マットがなにやら訴えかける。

お昼寝ベッドは綺麗なまま、グリニーズは?

ちびがグリニーズを食べてるううううう!!!
ちびは猫でしょ。
グリニーズはわんこガムなんだよ。

取り上げたところ、既に少し齧って食べたようです。
恐るべし、もと野良猫。

そのまま、マットに返してあげると、喜んで食べました。
きっと、ちびしまの前で、自慢げに見せびらかしているところを、ちびに獲られたんでしょう。

a0096810_21475995.jpg


はやくお食べ。
a0096810_21483931.jpg


さあ、もう一個。
a0096810_21491510.jpg


しまじろうは、とてものんびり屋さん。
おやつタイムでも、お魚とか、硬い物はあまり食べません。

我が家では唯一、兄の呼び戻しに応えられる甘えん坊さんですよ。
a0096810_21514111.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-09-24 21:51
2008年 09月 21日

形見

ここ数日、とても充実していて、我が身を追い立てるようにして動き回っている。
昨日は、たまった洗濯物の取り込みと干すのを同時にやって、愛ちゃんと桃ちゃんに会いに行ってから、reiさんと共に、Nさんのお古の自転車に乗って、Nさん宅へ。たんすの中などを片付けました。
女4人楽しく、フリマに出せそうなものとごみにするものを分けました。
Nさんの思い出の品が色々と出てきました。
日頃から荷物を増やすなかれ、と言い聞かせながら、ヤフオクでアンティークを落札するのがストレス解消という困った私。

reiさんが、ぜひMEYさんの形見に、と申し出てくださったアンティークビスクドール達。10日には、伯父様のお葬式の帰りに、両親と弟にコレクションがばれるというアクシデントも。苦笑;
またこんなものをたくさん集めて、と唖然とする母に、
いざとなったら売ればいいんだよ!と助け船を出す末弟。
a0096810_22585255.jpg

左側の小さいドールのコーナーの本棚は、実家の二階から持ち帰ったものです。古い物が好きなので、バスケットもたくさん買ってしまいました。
馬鹿者です。
a0096810_2302653.jpg

愛犬ちびが亡くなってから、ひょんなことから人形に出会ってしまい、一年足らずでドールが13体とアンティークのぬいぐるみが4つ。
それ以外にも、ロザリオやブローチ、ワンピースやペチコートまで、増やしてしまいました。

Nさんは、質素に暮らしていて、野良ちゃんのえさ代を優先させていたみたい。その凛とした生き方は、学びたいところ。
私も色々と分けていただきました。
目覚まし時計(ビンテージもんよ)、エクササイズボール、猫砂に湿布薬、etc...昭和の匂いが私を興奮させました。
ベッド脇の写真立てにはちい子さんを抱くNさん。
納骨が終わるまで、飾らせていただきますね。

5時半に作業を終え、シャンプーして着替えて、街中で友達と飲み会あんどクラブで踊って、深夜1時にマットに迎えられ、寝付いたのが午前2時。。。
いつもこんなことしているわけじゃあありませんが、、、、、久しぶりに楽しく踊ってきました。美保純にも会ったしね。えへへ^^

今日はわらび座の火の鳥公演を観劇しました。
知らない劇団だったので、期待はしていなかったのですが、
えー、これが3500円!安過ぎです。
素晴らしいミュージカルを堪能してきました。
出口で役者さんが見送りをしてくれたのですが、急いで帰ってこなくてはならなかった私。

未成年の次男が、ついさっき通った道路で事故に遭ったというのです。
RZ50は大破。
頭が車の下に挟まったそうですが、母がお祝いにと買ってくれたaraiのヘルメットのお蔭で、かすり傷程度で済みました。
帰ってきてから、リビングで話を聞いていると、事故の相手の男性が菓子折りを持ってお詫びに来てくれました。

しかし、、、話を聞くと、無傷というのが嘘のようですが、ヘルメットが衝撃を吸収してくれたお蔭。
事故が起きてしまった事はもう戻せない事実ですが、相手の人も悪い人じゃなかったし、体は無事と言うことでよかったです。

明日は、出勤後、焼津グランドホテルに泊まりで出かけます。

それにしても、眠い。。。。。
[PR]

by chibi_mat | 2008-09-21 23:24 | MEYの日記
2008年 09月 19日

百万円と苦虫女

台風13号が静岡上陸なるか、の情報の中、お昼からの出勤だったので、15時20分からの映画を観てきました。

13時頃に雨が強くなりましたが、15時過ぎには小雨に。

退出間近の頃、受付に先日のNさんのお別れ会をしていただいた『こころの会』の専務さんがお見えになりました。提携の話を進めていると聞いていたため、用件はすぐにわかりました。
担当のIさんが来られるまでの間、少しお話をしました。
納骨をどうするのかを、心配してくださっていたようでしたので、お話ができてよかったです。

サールナートホール3階には、小さなシアターがふたつあり、派手さはないけれど、日本映画を上映しています。
50人程のシートに、たったの5人。
赤字になるのじゃないかと心配になりつつ、映画の世界を楽しんできました。

というのも、昨日たまたま新聞のすみに、”犬猫の引き取り”の文字を島田と藤枝の欄で見つけてしまい、まだそんなことをしているのかと、暗い気持ちになってしまったからでした。胃がきりきりと傷みます。
外では雷の音が鳴り響いています。
おうちのない子達は今頃どうしているのでしょうか。

ちびしまの兄弟も所在確認ができなくなってしまいました。
せめて、その子たちの分も精一杯生きないとね。

若い頃、OLをしていた時代がありました。
当時31歳だった上司がとても素敵な人でした。
その人から言われたことは、今でも忘れずに心がけています。

MEYは、何をやっても大体できる。人から頼まれたり、望まれたりすることがあったら、気持ちよくやってやれよ。

景気のいい時代で、飲みに行くと必ず”5番街のマリーへ”を歌ってくれと言われました。
もちろん、喜んでマイクを握ったものです。
あれから25年経ち、元主任のKさんもあと3年で還暦です。

犬猫の気の遠くなるような悲しい現実を知ってからも、私は決めたことにはためらいなく前へ進むことにしています。

大事なことは、迷わず進むことです。

今日の映画の鈴子さんにも、こころに響く言葉が何度かありました。

人生は味わい深いねえ。

a0096810_22312355.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-09-19 22:38 | MEYの日記
2008年 09月 18日

強面対決!

まずはちびしまの肝っ玉母さん、ちいこさん登場♪
a0096810_11755100.jpg

このあと、Nさん宅に2晩お泊まりして、相良のreiさんちの子になりました。
野良ちゃんだったのを避妊保護、一度里子に出て、可愛がれない里親から連れ帰り、我が家に一泊して、息子達と再会。マットを怖がったため、ちびしまとお別れ~の記念撮影の写真です。今はもっと穏やかな顔になったよ。

ちいこさん避妊前の最後の子供 ちびすけ登場。
a0096810_1111125.jpg

ちびすけは、表情豊かな子で、色んな顔をします。
家猫になったら、とてもハンサムになりましたよ。
でも、時々、、、、とーっても怖ーい顔します。

近頃評判の愛姫。
a0096810_111368.jpg
お公家様のような顔。
このはちわれでもない(じゅんこさんは花形と言っていた)独特な白黒の模様が可愛いのだけど、犬で言うオッドアイみたいに見えて、不思議なオーラを放っています。ほんとはとっても甘えんぼさん。本来の性格が現れてくるのが楽しみな子。reiさんちで会えます。

ちびとしまの保護から10日目のお顔。
顔は傷だらけ、疥癬で頭はなにやらぼこぼこしてました。よくがんばったね。
a0096810_1122057.jpg


”ちょっとはイケメンと言ってくれ。”なお顔。
a0096810_11241238.jpg


こちらは千葉わん出身のイケメンボーイ”マット”です。びびりが玉に瑕。
実は、ぼくが一番!だと思ってます。
a0096810_11264155.jpg

この甘い顔と淡い毛色に惹かれて、千葉わんより里子として迎え入れました。100頭の多頭飼育の家からレスキューされて、茨城、佐倉市の預かりさん宅で社会性をお勉強して、我が家にやってきました。

どのこも、飼い主次第で決まります。

愛ちゃんは、一番面白い顔だよね。
一度見たら忘れない。ファン急増中でーす。
幸せになれるよう、応援してね。
[PR]

by chibi_mat | 2008-09-18 11:35 | にゃんず
2008年 09月 16日

猫の病院

今日は土曜日の振り替え休日でした。
朝から予定が入っていたので、ちょっぴりお勉強。

午後は気になっていた愛ちゃんと桃ちゃんを猫の病院へと健康診断に連れて行きたくて、Mさんと相談してから、reiさんにお願いをした。

我が家がもっと広ければ、愛ちゃんと桃ちゃんを預かることもできるのだけれど、、、、
なんとしてでも受け入れたいと言っていたreiさんだが、あんこちゃんの神経性の病気が心配で、もしも受け入れが失敗に終わったら、アパートに戻すと言う。
あの、誰も居ないアパートで、網戸にして猫を2匹残しておくのは何とも不安です。
7年前の旅行中の夕方に、ちびが留守番しているところで、空き巣に入られたことがありました。
ちびは異常を察知して、留守番をお願いしてあったKちゃんに訴えたそうです。
その時に、ちびが無事でよかったと思いました。
いまでも時々、だらしない息子が窓に鍵をかけずに出かけてしまうこともあり、マットが飛び乗って破るかもしれない窓を開けたままにしているのが気になって仕方ありません。

せっかく保護して大切な家族になってもらったちびしまと、マットの里親として千葉わんから認めていただいた私には、この子達の健康と幸せにする責任があります。

幸い、猫の病院での愛ちゃん桃ちゃんの血液検査の結果は、健康体でいまどうこうという問題はなく、二匹のお目目も、全身麻酔をかけてケアをすれば、簡単な手術でクリアな視界が戻るだろうことがわかりました。
愛ちゃんは診察中に震えていましたが、なでてあげると安心したのか、とても大人しくていい子でした。
先生の声が優しくて、くどくどとあれこれ質問する私とMさんの問いかけに、笑顔で最良の方法を提案してくださいました。

reiさんの家に戻ると、桃ちゃんがお部屋の高いところに上ろうとしていたので、三人で知恵を絞って危なくないようにレイアウトを工夫してきました。

ブログを覗いてみるとごはんも食べたようだし、一安心。
桃ちゃんの便秘も解消されることでしょう。

少しずつ前進はありますよ。

みんながついてる。
愛ちゃん、桃ちゃん、お母さんが安心して眠れるよう、がんばってね。
私は、今日から家族と離れ離れの人生を送ったNさんに手を合わせて、こころから天国で仲直りができるように祈ることにします。

慌て者はカメラを忘れていきました。
里子の先輩マットさん。びびりしょんに怖うんのかっこ悪い過去を持つ。
今では、猫の兄貴分。成長しました。
a0096810_2231255.jpg


全開ぽんぽんのしまじろう君。
時々遊びに来る猫バス(横にでっかい友人A子)を怖がります。家族とその他の人を理解しているのです。のんびり屋さんで甘えん坊。
a0096810_2251042.jpg


とても賢くて、食いしん坊。ちょっぴり太めなちびすけ君。
とんちゃんのバッグがお気に入り。抱っこは嫌いなマイペースな子。
a0096810_228142.jpg



みんなみんな尊い命です。
[PR]

by chibi_mat | 2008-09-16 22:08
2008年 09月 14日

猫の神様が連れてきた愛

天国へと旅立ったNさんちの愛ちゃん8歳。
a0096810_225756.jpg

個性的なお顔で、体も大きくて、右目が少し白濁しています。

なんでも、Nさんが、今のお宅に引っ越してくる前に住まいにしていた2階建てのアパートのドアの前に、
このこを可愛がってください。とでも言うように、
子猫を一匹連れたお母さん猫が託していったそうな。

確かになにやら高貴な感じ。

a0096810_23102270.jpg
a0096810_23103672.jpg
a0096810_23104832.jpg


猫の神様が、優しいNさんにって、子猫を託したのでしょうか。
ちびすけとしまじろう、ちびにも、私は選ばれたような気がしました。
私達は選ばれているのです。
だから、大切に可愛がらなければなりません。

Nさんは人生修行を終えられたけれど、愛ちゃんと桃ちゃんのことをずっと心配しているに違いありません。
愛と桃にって、お金まで残してあったそうです。凄い人です。
桃ちゃんは、reiさんちに、里子体験に行きました。
reiさんも、今度ばかりはなんとしても、引き取ってあげたいと、意気込んでいます。

昨日片づけを手伝ってくれたMさんと話をしました。
お鍋があるというので、見せていただき、私もフライパンなどを頂いてきました。
ぴかぴかに磨いてある雪平鍋を見て、私も刺激され、我が家の台所にあるステンレスの鍋を磨きました。
アメリカ製の23年ものですが、50年保証といわれて買った鍋。
取れないと思っていた焦げ付きなど、かなり綺麗になりました。
古いフライパンは処分して、Nさんが使っていらした鍋をコンロの周りに並べ替えました。

昼過ぎに、廃車のおじさんにも天むす、リポD、猫ちゃんのカリカリを届けました。
おじさんもNさんとの思い出を話してくれました。
猫には限りない愛を与え続けた人でした。
おじさんのところにも、内緒よって、猫のご飯入れを持ってきてくれたそうです。可愛いグリーンの容器がふたつ車の上にのっけてありました。

愛ちゃんは、猫の神様が連れてきた猫さんです。

Nさんの素晴らしいところは、公園や海岸の猫ちゃんたちにも、たっぷりの愛情をかけていたところ。
なんと、公園のごみ拾いまでしていらしたそうです。

Nさんは美しい人でした。こころに残る人でした。
a0096810_2326396.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-09-14 23:28 | MEYの日記
2008年 09月 11日

ありがとうございました。

おうちのない猫ちゃん達のえさやりボランティアをしていたNさんの訃報を知ったのは月曜の朝。。。

ちびすけとしまじろう兄弟を保護したことで、私はたくさんの優しい人に出会うことができました。
野良ちゃんにしては血液検査の数値が良い、と言われたちびしまは、reiさんが届けてくれたカリカリを食べて大きくなりました。
劣悪な環境にいたため、飲みダニ回虫、条虫、疥癬に傷だらけとフルコースでしたが、いつの間にかいなくなってしまった兄弟の分まで、健康になって、命いっぱい生きています。

ちびしまは、マットが引き合わせてくれた野良猫の兄弟です。
ちびしまを家族に迎えることで、reiさんと出会いました。

猫の家族ができてからは、あっちで出会った猫ちゃんも、こっちで出会う猫ちゃんにも、心が動くようになりました。

恵まれない野良と呼ばれる猫ちゃんに、欠かさずえさやりを続けているという女性の存在を知ったのは、ちびしまのお母さん”ちいこさん”を預かったのがご縁でした。
Nさんは、マットを怖がるちいこさんを預かってくださることになり、reiさんと共に我が家にちいこさんをお迎えにきてくださったのです。
ちいこさんは、私からNさん宅へ移動することになりました。

優しいNさんは、ちいこさんをすぐに気に入ってくれました。

びびりのマットを二階の寝室に入れて、ちいこさんをケージから出しました。
ごろにゃんすりすりをして、Nさんを笑顔でいっぱいにしました。
あれから僅か半年です。

そのちいこさんを抱いた写真が、いつもマスクをして猫の世話をしていたNさんの唯一の顔出しということで、遺影に選ばれました。
えさやりの現場で出会ったときに、綺麗にお化粧をしていたお顔が印象に残っていましたので、出棺の前には、reiさんが口紅を引きました。
月曜日の通夜に続いて、火曜日のお別れ会は、Nさんを尊敬する猫仲間による温かくもしめやかないいお別れ会になりました。
おうちのない猫達は、いつも危険がいっぱいです。
意地悪な人の心無い言葉に傷つくこともあったNさん。

家族もなく、どんな人生を歩んできたかもしれないNさん。
私のことを憶えていらっしゃるかもわからないけれど、私はあの時のNさんの慈愛に満ちた目を忘れません。
えさやりの様子に感動しましたよ。

自分ではどうすることもできない小さな尊い命を守ることに、自分の命を削ってまで一生懸命だったのですね。
手術をしたことを知って、泣けました。
勇気ある人だとか、強い人だとか、そんな言葉じゃ表せない、ひとりの女性の生き様を見せていただきました。

愛ちゃん、桃ちゃん、可愛いです。

虹の橋では、たくさんの猫ちゃん達が待っていたでしょう。

reiさんからNさん、Nさんからまた、たくさんの素敵なご縁を繋いでいただきました。
ありがとうございました。
ソウルグループに巡り会えたような気がしましたよ。
優しい人はたくさんいますね。人っていいものですね。
またいつかお会いましょう。

a0096810_0324095.jpg


そして、今日は、母方の伯父様のお葬式に参列しました。
岡部町朝比奈地区は、auの電波も届かないほどの田舎です。
小学生の頃は、夏冬ともに、朝比奈に遊びに行かせて貰ったものです。
急だったらしく、伯母さんは泣き崩れていました。
私のことを憶えているかなあ、と思い、伯母さんに言葉を掛けてみました。

子供の頃によく遊びに行かせて貰ってお世話になったMEYです。伯母さん、わかりますか。あの時は本当にありがとうございました。
と伯母さんに話しかけると、私のことを良く憶えてくれていて、手を握って、伯父さんの最期の話を聞かせてくれました。
朝比奈の家は素敵なところで、敷地内に小川が流れていたり、裏山があったりと、蒲原とはまた違う楽しみがありました。

母からは、色んな親戚の人を紹介してもらい、すっかり人気者になりました。
親戚の人達と顔を合わせて挨拶をするのも、誰かのお葬式だけになってきてしまいました。
久しぶりの大きなお葬式で、天理教の神前での告別式。
玉ぐし奉納?(言い方がよくわかりません)雅楽の生演奏と、初めての経験でした。

この世には何億もの人が居て、出会い、心通わすのはごく僅か。

ここでまた知り合えた人達とも、またのご縁で繋がっていけたらと思っています。

伯父さん、子供の頃には、気持ちよく迎えてくれて、可愛がってくれてありがとうございました。
私にはたくさんのおじさん、おばさん、従兄弟にはとこ、それに繋がる親戚がいるんだなあ、ありがたいなあと思いました。

死を意識することは、精一杯生きることに繋がります。

できることは喜んで気持ちよく引き受けて、人生のど真ん中を生きていきます。
[PR]

by chibi_mat | 2008-09-11 00:59 | MEYの日記
2008年 09月 07日

コパン?ラパン?

朝からなにやらどんよりと。

マットの散歩は早いうちにささっと済ませて、と。

見慣れない若者が声を掛けて近寄ってきた。

私の胸には、野うさぎちゃんが。
2年前にユニクロ銀座店で買った普段着のTシャツ。
着易くて、気に入っている。

彼は、次男と同じくらいだろうか。
お国はどこ?
通じない。

スラーと伸びた肢体に、黒色の肌。
ラパン?
ん?ウサギのことかな。

身振り手振りで話してはみたものの、ぜんぜん通じない。

途中、セネガルという言葉は聞き取れた。コパン?
どうやら、私と友達になりたいらしい。

名前を教えて欲しい?というので、教えてあげると、
上手に発音する。
私も、名前を教えてもらう。
そして、まい はうす と我が家を指差した。
遊びにきたい、と言われたが、足元でしっぽを下げるマットさんと、ケージから出ている猫たちが気になり、
またあとで。みたいな感じで手を振り別れる。

どうも、フランス語が少しだけ話せるようだ。

こちらは、フランスとは縁がない静岡人さ。

家に戻るとまもなく次男が帰ってきた。
名前は、何度も復唱したのに、忘れてしまって。

イビョ?イビュ?なんだっけ?

セネガルのことも、フランス語のことも、なかなか詳しいぞ。
次男は、友達になりたい、と言って出かけてしまった。

ホームページビルダーで遊んでいたら、誰かが訪ねてきたようだ。

応答はなし。

あ、あの子だ。

玄関を開けると、二人の若者が立っている。

もうひとりのY君は、フランス語と英語が少しできるらしい。
イビョ?には、通じなかった。

そして、名前はイビョじゃなく、ビユ。
ビューで覚えたぞ。

夕方次男の帰りを待って、ホームステイしているAさん宅へご挨拶に行く。

あいにく、出かけるところでしたが、息子も自己紹介をして、友達になる約束を交わす。
同じセガール人の打楽器ミュージシャンとも握手をして、静岡人は、国際色に彩られ、狭い範囲で暮らしていることを恥じつつ、夢は世界へと広がるのです。

仲間ふたりでいるからまだいいけどさ、知らない言葉で話をされると、物凄く寂しくなるんだよ。

と海外研修を振り返る次男でした。

夜は雷がごろごろぴかぴか。

マットさんは、引っ付き虫。

a0096810_2343765.jpg


しまじろうは、と言えば、イケメンのはずが。

a0096810_23433811.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2008-09-07 23:45 | MEYの日記