わんにゃご2001 

mey2001.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

しっぽで遊ぶ♪

我が家のちびすけとしまじろう兄弟。

同じ兄弟でも見かけも性格も全く違います。

ちびにゃんを遠くから静観するちびすけ。

ちびにゃんと同じしっぽを持つしまじろうは、メタボ気味ではありますが、ちびにゃんが気に入った模様。

こんな遊びを思いついた。
a0096810_2236931.jpg

うへへへ。。。
どうだ、兄ちゃんのは立派だろ。

a0096810_22371156.jpg


ちびにゃんず、夢中♪
a0096810_22373935.jpg


しまじろうは、、、気持ちいいみたい。ぷぷ
a0096810_22381346.jpg


ちびしまの捕獲作戦、失敗に終わる。

明日に賭けるしかない。
焦りが見えていると、ハチを見に来ているというお兄さんに言われました。。。。

困った。天気が味方してくれるといいんだけど。
ちびとしまに洗濯ネットをかぶせる練習をしてみたが、、、野生の血はもはや消え去ったようで、嫌がりもしない。

行く途中、ピピにそっくりな子猫を発見。
この子達は4兄妹だったことが判明。

ブルーシートのテントに暮らすおじさんが飼うって言っていた。
道路も近いし、病院にも連れて行かないし、野良ちゃんと同じだね。

何でも私たちが保護に向かう前に、鼻水たらして元気がなかったって。
それで連れ帰ったんだって。

おじさんには、子猫用のフードを持ってこようか?とか
何かあったら言ってね。と伝えてきたけれど、子猫は嬉しそうに走ってきていて、危険がいっぱいだったです。

トリトン・ピピ・ルカー アドバンテージを投与しました。

優しい家族を探しています。
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-30 22:45 | にゃんず
2009年 06月 28日

キャットマンション改造♪

我が家のちびにゃんず、すくすくと成長中。

というわけで、一階建てのケージではちと狭くなりました。

そこで、ねこ生活の猫砂が入っていた箱を使って、メゾネットタイプに改造してみました。

トリトンがあそぶ~♪
a0096810_21531167.jpg

ねずみのおもちゃであそぶ~♪
a0096810_21572731.jpg

a0096810_21575560.jpg

ピピもあそぶ~♪
a0096810_21584329.jpg

ありゃ、ルカーかな?
写真で見るとまったくわからないね。
a0096810_2159193.jpg

a0096810_21593013.jpg

なかよし姉妹です。
ピピとルカーはとても仲良しです。
ルカーは、ご飯を食べる時に、重低音の声を上げながら食べます。
でも、兄妹は喧嘩したりはしません。
早く食べる子遅い子、最後はルカーかピピが食べてお仕舞い。

トリトンはマイペースなこで、食べ終わると毛繕いをしています。
食事が終わったら食器を片付けて、新しいお水を上げると、順番に飲んでいます。
猫砂が入らないように、ウォーターヒヤシンスのくずかごの奥に、水の容器を置きました。

我ながら、素敵なメゾネットができましたね。

そして、昨日私たちを見つけて駆けてきたちい坊。
a0096810_226939.jpg

このあと、缶詰を入れたご飯を、いつもの場所に置いてあげたら、嬉しそうに食べていました。
痛々しかったおでこの傷が、乾いてきていました。薬を付けて上げたいんだけど、まだまだ警戒します。でも、ご飯をくれる人だって、思ってくれているみたい。

さあ、いよいよちびしまの手術の日が近付いてきました。
昨日も今日も、仲間のところにはいません。

ちびちゃーん、ちびー、と声を掛けて歩きました。

ご飯を上げて引き上げようとすると、ちびしまが現れました。
薬は10日間毎日ご飯と一緒に食べてくれました。


火曜日辺りから捕獲をするつもりで出かける予定です。
ちびしまは、玄関先で保護をして、猫の病院で避妊していただき、傷が癒えるまで我が家でお世話します。
攻撃性はないと思うけれど、警戒心が強いので、何かされるのじゃないかといつも怯えています。
a0096810_22193925.jpg


ハチはちびしまが好きなのね。ちびちゃんがいない間、心配しないで待っててね。
目薬を差してあげたいけれど、どうしても逃げてしまうので、大きな目やにをつけています。
a0096810_22211868.jpg


ダイちゃんとハチは、とても人懐っこいので苛められないかと心配になるほど。

ダイちゃんの体を拭いてあげました。

子猫の本当の家族探しと、ちびしまの避妊ケア、今週はがんばらなくっちゃね。

o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-28 21:59 | にゃんず
2009年 06月 26日

なかよし大作戦♪

マイケルが死んじゃった。。。。  ひとつ年上のマイケルは、人気絶頂期の頃のどの曲にも思い出がいっぱいです。
ありがとう、マイケル。

キャンママさんから、成猫の野良ちゃんを捕獲したいのだけれど、とのコメントが。

我が家のちびすけとしまじろうは、3ヶ月かけて仲良くなり、保護すると決めた週末までに杏さんに相談をして、猫の兄弟を迎える準備をして、信頼できる病院に相談して、保護して、すぐに健康診断とケアの日程をお任せしました。
兄弟でもビビリのしまじろうはどうしても同じ日に保護することができず、キャリーに入れるのは無理と思った私は、翌日、なんとマットが我が家にやってきた日に身につけてきたハーネスを使ってグローブで抱っこして家まで走りました。
病院には相談をしてあったので、すぐに診ていただくことができました。
それ以来、猫は猫の先生と決めて、先生と看護士さんのアドバイスに従っています。

準備ができる状態ならばいいのだけれど、警戒心の強い雌猫を捕獲するのは大変です。
廃車のおじさんところのクロちゃんはおじさんにお願いしました。
ちびしまは、ご飯を運んでくる人だということをアピールして、革手袋で肩をおさえて、キャリーに入れました。
落ち着いてやらないと、逃げられてしまいます。
来週、緊張する。。。。ちびちゃん、どうかうまくいきますように。

来週の7月3日に、ちびしまの避妊手術を予約してあるため、どうして捕獲、入院、手術、ケア、リリースするのかを、昨日のトリトンのワクチンの際に、打ち合わせをしてきました。
優しい先生は、前日か2日前でもいいですよ、連れてきてください。と言って下さいました。
警戒心が強く、人馴れをしていないちびしまなので、埋没法で傷を縫ってくださるそうです。できることなら、我が家でケアをしてから、仲間の待つ場所へと帰してあげたいと思っています。
Mさんに協力してもらって、なんとか捕獲できるようにします。

キャリーのドアを外して、中でご飯をたべる練習をするとか。

美味しいごはんを食べさせて、キャリーに誘い込むとか。

ご飯を食べている時に、肩をつかむとか。

猫語をつかって諭してみようか。

そういうわけで、14日間の抗生剤による治療中のちびしま。
a0096810_2220730.jpg


今日はMさんがお通夜にでかけるというので、次男とマットを連れて、行ってきました。
マットが次男を怖がりながらも、嬉しそうに歩いていきました。
いつもの場所しか頭になかった私ですが、途中、ちい坊にご飯とお水を、手前のテトラの陰にちびしまを見つけて、薬の入ったごはんと水を置いてきました。

ちびしまは仲間とは別のところにいました。

馴れてはいないけれど、私がご飯を持ってくる人だということは理解しているようです。
安心してご飯を食べているのを見届けて帰ってきました。

家では、元気いっぱいのちびちび達が。
ケージを乗り越えてしまうようになりました。
ご飯の時にトイレ掃除。
夜寝るときには箱を入れてあげます。
上手にみんなで寝ていますよ。

1回目のワクチンも終わったので、本当のおうちを見つけてあげたいと思っています。

保護してあげられなかった海ちゃんママの分も、しあわせになろうね。

a0096810_2222301.jpg

a0096810_2222443.jpg
a0096810_2223181.jpg
a0096810_22231599.jpg


ちびしまは僅か1才。
それなのに、エイズ陽性で、出産経験があります。

猫の先生のおっしゃるとおり、命あるものですから、安全に手術をするべきなのです。

週末は、3兄妹の写真撮りと、ご飯代を作ります。
応援よろしくお願いします。

p(^(エ)^q=p^(エ)^)q ガンバッ♪
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-26 22:27 | にゃんず
2009年 06月 24日

助け合い 励まし合う

それが仲間。

皆様からの応援メッセージ、心に響き、今日からのエネルギーになっております。
ありがとうございます。

一緒に海岸猫にご飯を届けに行っている(えさやりと言う言葉は嫌いだそうです)同士のMさん。
同い年ということもあり、とても気が合うし、楽しい。
そして、パート収入までも同じ5万円。安!!

命の尊さはみな同じ、というのが私達共通の思いだ。

日本の不景気は、優秀な技術者の収入にも暗い影を落としているのであります。
家計が厳しいのはどこの家庭も同じですが、給与所得者にはわからないご苦労がおありでしょう。

私の育った家は、父が職人さんを10人ほど抱えている塗装会社でした。
2年前に心臓に腫瘍ができていることがわかり、静岡新聞の取材にまだまだがんばると答えていた父が82歳で会社を廃業しました。

子供の頃は、職人さんに可愛がってもらいましたし、どこの家よりも早くカラーテレビや電子レンジがありました。

でも、その陰で、母の気苦労は大変なものでした。
親戚にお金を貸したり、同業者が破産したと言っては、父が肩代わりを買って出ることもありました。
もちろん、お金は返ってきません。
そんな父ですから、口癖は、

兄弟なかよく生きて行け。自分亡き後、兄弟での相続争いは一番見苦しいから、お金は残さない。

でした。

弟二人にはそれぞれの家、嫁いだ私には、3台の車(10年前まで)とたくさんの着物と総桐の箪笥、そして、以前住んでいたマンションの半額を現金で支払ってくれました。
そんな私のコンプレックスは、自分に稼ぎがないことです。
お金は回すものなので、何とかやってきました。
しかも、結構派手なことも好きですし、お気楽な性格なので、生活観がでないのが私のよいところであります。

息子達も立派に揃って社会人となり、楽になるかと思いきや、生活パターンが日々変わるので、別の仕事にもでられません。家にお金を入れてくれるのはいつのことでしょう。

昨日、Mさんがご近所さんに声を掛けられました。
よその家の内情は他人の知るところではないけれど、相当苦しいようでした。

けれど、猫ちゃんのご飯のお世話はしたいのです。
お腹を空かせているあの子達を放っておけないのです。

以前、あの場所の近くでえさやりに通っていた方が、苛めや嫌がらせで亡くなった猫を10頭ほど砂浜に埋めたのよ、と話してくれたことがありました。
雨よけの箱を置けば翌日には壊され、ご飯の入れ物は踏み潰されていることも度々あったそうです。

通い始めてどの位になるでしょう。

最初は、道行く人の冷たい視線に、びびっていた私達ですが、通る人毎に、
こんにちは^^
と挨拶をするMさんは素晴らしい方です。

小さな命に向けられる人間の身勝手な虐待や、命とも思わない遺棄をさせてはならないと思っています。

反感が猫たちに向かないよう、ごみも拾って、反撃することもせず、理解をしていただけるよう、優しい目を向けていただけるよう、そんな思いでご飯を上げています。

収入5万円の私達ですが、お互いに助け合って、恵まれない境遇の猫さんに手を差し伸べる活動を続けたいと思っています。

そんなわけで、強欲な人は嫌いですし、人にご馳走されるのも好きではない私です。

清貧、、、えさやりを続けていたNさんの、美しい妹さんを思い描く言葉です。

助け合い 励まし合う

海岸のダイちゃんも、仲間を守るために、我が身はいつも傷だらけなのです。

a0096810_10402127.jpg


人恋しいすみちゃん
a0096810_1041618.jpg


一度もレボリューションをさせてくれないこきじ
a0096810_10413716.jpg


3月5日に鈴付きのカラーをしていたきじとら 海ちゃんじゃないかと思う。
a0096810_10422832.jpg


あの地域の猫さんたち、きちんと飼われていない猫さんが多いのです。
犬猫狩り というおぞましいことをやっていた時代がまだあそこには残っているのです。
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-24 10:44 | MEYの日記
2009年 06月 24日

リビングデビュー

今日は土曜の振り替え休日でした。

朝から、洗濯機を5回回して干したりの間に、気になっていた白髪隠しのカラー。
私はほとんど白髪がないのですが、先に美容院でカラーを入れた部分がどうしても赤茶けてきてみっともないので3ヶ月ぶりにウエラ。おでこのところと、うなじの一部も染まりました。汗

その後、ちびにゃんずをリビングへ移す作業。

どの子もジャンプ力がついて飛び出してきてしまいます。
無事引越しも終わり、髪も染まったところで、久しぶりの手作りランチ。しょうが焼きとかぼちゃのサラダを作って食べました。
あー、13時。洗濯物はなかなか終わりません。ソファカバーにすみれのタオル、手洗いコースにドライ製品の手洗い、、、、

わんにゃごの食費を稼ぎ出そうと2年ぶりにヤフオク出品しようと思ったのですが、できず仕舞い。19時からのかうひいの会に何とか間に合わせなくてはなりません。

リビングに移したと一安心していたら、なにやら黒いものがテーブルの向こうを横切ったような。

ルカーでした。

一番ちびちびなので、どこからかすり抜けてしまいます。
危険が多いので、100均レモンで買った白い網をぐるりと結束バンドで補強。
これならばでることはないでしょう。

ワクチンを木曜日に延期したので、時間限定の室内フリーはその後ということで。
抗生剤を飲んでいるとは言え、子猫には危険がいっぱいですから。

ちびすけのトイレの後始末を眺める兄妹。
ちびの格好が面白い。手足についたひのきの猫砂を払っているのです。

弟たちよ、兄ちゃんのお手本をよく御覧なさい。
a0096810_045739.jpg


できたー、にゃんずマンション。
a0096810_07565.jpg


ちびすけとしまじろうは威嚇など一切しません。
a0096810_0125550.jpg

なぜか、2匹でくっついています。

そうして、兄弟でお互いを守りあってきたんだね。

マットは、わがまま猫(イナバフーズ)に関する回答で電話応対をしていた私が動けないのをいいことにちびにゃんマンションに向かって吠えまくっていました。

みんな苦労してきた仲間じゃないか。

にゃんずが増えて、うれしくてたまらないのはマットさんのようです。
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-24 00:10 | 今日のわんにゃご
2009年 06月 21日

悔いはない

明日は順調に行けば、トリトンの一回目のワクチンです。

私は江戸っ子?(イメージ的なものだから江戸っ子がなんたるやは追求せず)と言われたり、おしゃべりとか、さっぱりしているとか、男前(本来男に使う)とか。。。。

涙もろい(くれぐれも言っておくが心からのもの)し、眠れない夜もある。

曲がったことが大嫌い。

利用されたとか、そんなさもしい思いは抱きたくはないが、礼儀知らず、恩知らずには、黙っていられない。

自分が心からしていることだから、したことに対して、こうして欲しいとか、ああして欲しかったなどとは思わない。
気持ちよくやるから、自分の行いで喜んでもらえると信じて引き受ける。

そんなこんなで、PTA卒業後も、学校評議員として、今でも息子達がお世話になった高校に年に何度か出向いては、先生と呼ばれる方々に混じって意見を述べる機会を頂いた。
20年ぶりの同窓会のために、必死で同級生の名簿作りに奔走する元クラスメートのために、ネット検索をしたら、ひとりに行き着いた。その人にアクセスしたら連絡があったと喜ばれました。
自分の氏名で検索したところ、なんと!学校評議員の議事録にヒットした。
驚いた。。。。先生が更新作業をしてくれているらしい。

さて、遠回りになりました。

我が家で赤い糸を待っているトリトン・ピピ・ルカーは、いつもの場所から離れたところでお母さん猫といるところを保護した子猫。
兄妹3匹が揃うのに4日間かかったけれど、後悔はしていない。

里親さんが見つからないかもしれないとマイナスに考えないのは、ちばわんで幸せになった子たちのしあわせいっぱいの様子を見て知っているから。

白血病キャリアで腎不全のすみれも、片付かない納戸を12年ぶりに綺麗に片付けてくれたし、その癒しの力たるや、お世話させてくれてありがとう、って気持ちにもなる。

行き場のない子は、人が保護しない限り、安心して眠りにつくこともできないから、自由とは違う。酷い目にあっても、人間を信じてやみません。関わる人次第です。
運がいいとか悪いとか、出会いの順番がどうこうの、助けを求めていたら、できる範囲ではありますが、手を差し伸べる人でいたいです。

ちびすけも、保護する直前の頃、息子について庭のウッドデッキに1時間ほどいたことがありました。家に入れて上げられない自分へのもどかしさを感じつつ、家もないのに水門に帰っていく後姿を見たときは泣けた。

世話をしているなんて思ったら大間違いです。
お世話させてもらっているのです。

縁あって我が家の子になったどのこも、同じように愛しいよ。

そして、うちのこにできない海岸の子達も、同じように愛しいです。
引き取ってあげられないのが申し訳ないから、せめて、怪我をしていたらケアをしてあげたいし、病気だったら一度は先生に診ていただきたいと思います。毎日じゃないけれど、ごみも拾ってご飯を上げて、あの子達に危害が加えられないよう道行く人にもほんの少し、優しい目で接していただけたらと願って自転車を走らせています。

そして、猫の先生には、本当にお世話になっています。

ちびしまは診察室を逃げ回り、威嚇して歯をむきました。でも、そんなちびしまにも、先生は預かれなくて申し訳ありません、と何度もおっしゃいました。
野良ちゃんに優しい、信頼できる先生です。

野良ちゃんと関わることになって、月収5万円の私は無力だと思うこともありますが、一度だって後悔したことはありません。

自分で保護できるから保護をしました。勝手なことをしたと言われるのなら、手を差し伸べてくれなくても構いません。
それは、偽りの愛だと思うからです。

子猫の本当の家族になっていただく方には、持たせるお金もありません。
”お金があるから引き取った” では、その人を信用できないからです。

そのかわり、マットがさくらママさんにしていただいたように、お気に入りのおもちゃやフードを私のきもちで持たせたいと思っています。

一緒に暮らしているうちに、病気になったりというアクシデントもあるかもしれません。
でも、健康ならば、普段の食事管理やストレスを与えない規則正しい生活で防ぐことも可能ですし、予防と思って愛情いっぱい接していただければ、小さな家族は、その思いに応えてくれることでしょう。

子供達の成長の思い出と共に。
この子達の命の輝きがご家族の笑いと共にありますように。

ピピ1.1キロ
ルカー1.0キロ
トリトン1.4キロ(推定)

座布団クライミング ピピはひとっ跳びでケージから出てしまいます。
a0096810_223548100.jpg


子猫を保護して後悔しない で検索をしたところ、素敵な写真家さんのブログに行き着きました。
のらねこ(野良にゃん写真集)

今の課題は、7月3日のちびしまの捕獲と保護を、どのようにして行うかです。
ウッドデッキの上に、ちびが使っていたキャリーを準備したところ、今朝はごはんを食べに来る近所の野良ちゃんがテープルの上のダンボールの上で毛繕いをしているところでした。マットさんも、外の猫さんに、常に緊張感でいっぱいです。
どうなることやら。。。。

そして、花火の季節がやってきました。
午前零時から1時10分までと、やっと眠りについた3時10分から5分間、爆竹のような大きな音が続きました。
またT松のMEYさんの110番通報の季節がきてしまいました。ああ。。。静かに眠りたい。
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-21 22:36 | にゃんず
2009年 06月 20日

猫の詐欺

ジャパニーズボブテイル の猫のブリードを行っていた北海道苫小牧の医師
許せませんね。

なんと、ジャパニーズボブテイルで検索したら、いくつも出てきました。絶句です。

猫の詐欺事件です。満月さんのこちらの記事をお読みいただき、リンクしてくださいとのことです。

★色即是空★責任とは
我が家にもボブテイルの子がいます。
人事とは思えません。
何より、猫をこんなことに使うとは、、、、平然と受賞して地元ではニュースにもなっているようです。

命の重さは、どのこも同じはず。

ちいこさんが最後に産んだちびすけとしまじろうの兄弟。
ちびすけの尻尾は可愛いかぎしっぽです。
でも、町内会では、野良猫!と言われて厄介者扱いされていました。

reiさんが廃車のおじさんのところにえさを届けてくれて、それを食べて育ちました。

a0096810_22322344.jpg


2ヶ月前からお世話しているすみれも、可愛いかぎしっぽなんです。
おまけに、足袋を履いたさび(三毛)です。
ボロボロで私の前に現れました。今日、初めていいうん〇を目の前でしてみせてくれました。

a0096810_22351931.jpg


家庭で大切にしてくれる人にしか渡せない。
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-20 22:36 | にゃんず
2009年 06月 19日

海岸のちびしまと海ちゃん

午後3時。

Mさんと自転車にキャリーを乗せて海岸へと走った。

階段のところに、いつものお兄さんと自転車で水を汲みに来るホームレス風のおじさんがふたり。

私たちを見つけて、ハチとダイちゃんが駆け寄ってきた。みんな揃ってる。

ちびしまを片手で掴んだが逃がしてしまった。でも、そのあとウエットフードで呼び寄せて、息子のグローブで捕まえてキャリーに入れた。
自転車を走らせて車に乗り換え、ピピとルカーを連れて猫の病院へ。
4時からの診療だけれど、手術中とのことで、待合室で待たせてもらう。

私たちが入ってまもなく、キジ白の子猫を連れた夫婦がきた。
何でも、公園の前に住んでいて(マンション)猫のえさやりと保護活動と里親さがしをしているという。
Mさんがお世話になっている愛護グループの会員だそうで、色々と相談して今に至ったそうだ。
家には出戻りのこ2匹を入れて6匹いる。なんと、公園に”愛護動物の虐待・遺棄は犯罪です”ポスターを設置してもらうようお願いした人だった。
昨夜は一睡もできなかったが、若いのに旅行もできずに保護活動を続けている人達に出会って救われる思いだった。

目の前に助けを求めている仔がいたら助けたいと思っているうちにこうなった。

考え方もしっかりしていて、現実もよく見ている。
ちばわんのことも知っていた。

公園であれこれと言いたいことを言っていたゲートボールのおじさん達。どこの公園も一緒だそうだ。

同じ星に生きる私達。
命は尊い。そして、その思いも尊い。

到着した時には手術中でしたが、終わるとすぐに診察開始です。

先生は何度も、ケージがいっぱいでお預かりできなくて申し訳ありません。とおっしゃった。
ちびしまは暴れて診察室を飛び回り、おしっこを撒き散らしたが、皮製のグローブとバスタオルに包まれて採血をしてもらった。

残念なことに、FIV陽性。
先生はいつもこの結果を話すとき、切ない顔をされる。
血液検査の結果、白血球の数が23000なので、感染症だし、避妊の手術は抗生剤で治療をしてからにした方がいいということになった。
手術は予約が7月18日までいっぱいで、ちびしまはメスなので緊急手術扱いにしても7月3日。抗生剤は14日分出してもらえた。また、Mさんが通ってくれることになった。
自分が始めた場所だからといっても、よくやっている。
本当に優しい人だ。

野良猫の避妊についても、血液検査をしないで行うのは避けたほうがいいと言い切った。命を扱うものですから、危険なことは避けたいと。11年間、一頭も手術で亡くなった仔はいないそうだ。
申し訳なさそうに、また捕獲できますか?と。
日が暮れてから車でちびしまを海岸に戻してあげた。
ごはんも食べないでいつものように姿を消した。

ちびしまを迎えに行く時に、墓地のところにきじとらが見えた。

海ちゃんだった。

Mさんがカリカリとお水を置いてあげると、帰りには食べてあり、缶詰をお皿に入れてあげたらおいしそうに食べていた。
a0096810_21183249.jpg


海ちゃん、子供達は元気だよ。
すりすりと人恋しいようだが、1キロほど離れたこの場所まで、だれかに連れられてきたのだろうか。

Nさんがえさやりをしていた場所には、ちい坊の姿が。
まぐろの缶詰を半分取っておいて、お皿に入れてあげると、警戒しながらも食べていた。

仲間に入れない子だから、苛められていないか気をつけてやってね。
優しい声が聞こえるみたい。

おじさんのところまで、道路を渡って通っているようだ。

それにしても、可哀想な子が途方もなく多い。
日本で殺処分されている犬猫は50万頭。

「仕方ない」なんていう言葉は通用しません。
人間の都合で犬猫を殺傷することを、正当化することは誰にもできません。
毎年約50万頭の犬猫が行政施設にもちこまれ(または捕獲され)、殺されますが、この膨大な数は、0にできるのです。ただし、その「ペットショップ・ブリーダー」といった供給源をたたない限り実現は不可能と思われます。動物の売買と動物殺処分ゼロは残念ながら共存はできません。
*人間が営利目的や虚栄心から、繁殖させてはなりません。また、動物をお金で買わないでください。
*犬猫を飼いたい人は行き場を失った動物を養子に迎えてください。
(殺処分を0にするためにより転載)

一頭だけでは助けを求めている仔を減らすことはなかなか難しいですが、多頭飼育は楽しいし、犬猫も情緒が安定してお奨めです。猫の姉妹はいかがですか?
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-19 21:24 | にゃんず
2009年 06月 19日

不憫でならない

海岸の子達は、不定期に通ってくるおばさんを待っている。
私たちを見つけて駆け寄ってくると、

今日のごはんはなあに♪

とでも言っているかのよう。

ちびしまが数日前から鼻水が出て、ごはんを食べる時にも大変そうだとMさんから相談された。

今週は子猫のケアなどで忙しいが、まずは病気の子をケアするのが先決だ。

病院へと電話すると、子猫はピピとルカーだけで、トリトンは月曜日に。
海岸の子なんですけれど、、云々
今日保護できたら状態を診ていただいて、その後避妊手術の相談をすることになっている。

まもなくMさんがおいしそうなご飯を持ってやってくる。

不憫でならないあのこたちだから、せめてひと時ご飯をおなかいっぱい食べさせてあげたい。
純粋にそう思う。


ちびしま 人馴れはまだまだだけど、触らせてくれるまでになりました。
a0096810_14564525.jpg


海ちゃんがいた場所は、病気の蔓延と言うより、人の問題が根深いと実感しています。
しあわせにするから と親子を引き離した以上、命と関わるものとして、真摯に接したいと思います。
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-19 14:58 | にゃんず
2009年 06月 18日

ちばわん

マットを我が家に迎え入れてから4年半の年月が流れました。

マットはちばわんの卒業わんこです。

そのちばわんが本日テレビで放映されました。
我が家にはまだBSが入っていません。アンテナ工事と共にBSも間に合わせたかったのですが、見積もりの連絡もまだです。
そこで、Mさんにお願いしてビデオを撮っていただきました。
明日には一日遅れで観ることができます。

見逃した、という方も、再放送があるそうですので、ぜひご覧ください。
君と一緒に生きよう の梅花姉妹のあの杏さんも。。。明日が楽しみ。

あずかりボランティアさんは、どのこも同じように分け隔てなく、愛情たっぷりと接しています。しあわせにしてあげたい。その思いが尊いと思います。
私も、そうありたいと、いつも思っています。

************杏さんのわんだふるより掲載

■NHK BS2【わんにゃん茶館】
  本日放送!

放送日時: 6月18日(木)午後8時25分~(24分番組)
再放送: 6月22日(月) 午前9時00分~

VTR紹介: ペットストリートジャーナル(番組後半)
話の内容は、以下のようになっております。

①動物愛護団体「ちばわん」による譲渡会が開催されました。
②保護された犬達は、預かりボランティアさんが自宅で面倒を見ています。
③杏さんご家族とワンちゃんのご自宅での様子。
④譲渡会で新しい飼い主が見つかったのは、39匹中11匹
→ステップ君とたまごちゃんが映っています。
⑤飼い主が見つからなかったワンちゃんもいました→預かりさんへのインタビュー。
⑥動物愛護活動をするに当たり、今後の展望。ちばわんスタッフのインタビュー。

******************ここまで転載です

ふむふむ、22日に再放送ですね。ぜひご覧ください。

我が家の海ちゃんの子猫ちゃんたちは、今日も隔離でした。
トリトンは元気になりましたが、明日のピピとルカーの再診が終えてから、また一緒にしてあげようと思っています。

今は、こんな感じで、玄関が大変なことになってます。
暗いのでフラッシュをたかないと、写真がボケボケです。

トリトンは唯一の男子。乳離れまもないルカー(最後までお乳を飲んでいました)に、大切なところをお乳の代わりにされていました。(^▽^;)声も可愛い、優しい子。
a0096810_2351683.jpg


a0096810_23512793.jpg

ルカー 食欲旺盛。ピピと転げまわって遊びます。
a0096810_23513968.jpg

ピピ   運動神経抜群。ジャンプしてケージを飛び越えてしまいます。
a0096810_23515382.jpg

仲良し姉妹は、一緒に可愛がってくださるご家族を見つけてあげたいです。
[PR]

by chibi_mat | 2009-06-18 23:54