<   2009年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

子猫のおうちを探しています。

ピピちゃん、トライアル中のため、募集を停止いたします。
ご覧いただき、ありがとうございます。

a0096810_23404167.jpg

すくすくと成長している健康な子猫の兄妹3頭。どのこも長いしっぽで遊びます。
トリトン ♂ 1.85キロ
ピピ ♀   1.6キロ
ルカー ♀  1.55キロ
高いキャットタワーの上まで一気に上ります。子猫用のフードをもりもり食べてげんきいっぱい 
生後3ヵ月半 すべてのケアが終了し、健康状態良好です。
血液検査済  猫白血病・猫エイズ 陰性
駆虫済  アドバンテージ・プラス済 ワクチン2回済  
完全室内飼  脱走防止 避妊・去勢手術にご理解いただける方  
保護してケアをした大切な命です。大切に終生飼育をお約束いただける方のお問い合わせをお待ちしています。
[PR]

by chibi_mat | 2009-07-31 23:39 | にゃんず
2009年 07月 28日

家族紹介♪

保護子猫のトリトン・ピピ・ルカーの保護直後。
こんなに小さかったんですね。
ぷりぷりの3団子のおしり、可愛いです。
初めは玄関先に隔離していました。

a0096810_227845.jpg


ピピとルカーは、目の色がグリーンになりつつあります。
お母さんの海ちゃんがきれいなグリーンの眼をしています。
同じ女の子ですから似ているんですね。
性格も人懐こくて、可愛いので人に愛される子達です。
a0096810_2251167.jpg

ピピちゃんにはお見合いの予定が入りました。
ピピは、いちばん最初に保護できた子です。
ご飯も食べるし元気いっぱい。
健康はありがたい♪

a0096810_22145352.jpg

トリトンは元気な男の子ですが、甘えん坊で、お腹を出して触ってと催促します。
眠る時も、無防備。
安心して眠れるってしあわせよね。
いつでも里親募集中に掲載依頼をしました。

a0096810_22162855.jpg

ルカーは、親子で保護直前まで海ちゃんママのおっぱいを飲んでいました。
小さくて逃げ足が速いので、3日間通ってようやく保護できた子です。
我が家の次男に懐いているので、別れが辛い。。。。って。

a0096810_22183916.jpg

ちびすけとしまじろう兄弟。
2年前の7月に廃車のおじさんのところで出会いました。
ちびちびがわらわらと。この子達の他に兄弟はいたけれど、最後に残ったのがちびとしま。
一年前に生まれたおねえちゃん猫のクロちゃんに追い出され、水門近くを拠点に兄弟で生き延びていました。
11月頃からおやつを持って散歩に出るようになり、1月の終わり頃に、うちの子にしようと決意。
一年半経って、すっかりうちの子になりました。
外でついた傷は数あれど、保護されたことへの恩を忘れません。
性格がよくて、保護猫を家に入れてもこころ乱すこともありません。
子猫との距離の取り方も絶妙です。

a0096810_22233811.jpg

今年の3月に、近所のアパートに突然現れた女の子。
見るも無残な状態でしたが、メスだったので保護して避妊手術をしていただきました。
血液検査の段階で、白血病キャリアだとわかり、慢性腎不全と歯周病があります。
ミミダニの後遺症のため、毎日お耳の手入れを欠かしません。
一緒に保護した仲間にリリースを勧められましたが、家の納戸の荷物を整理して、すみれの居場所を作りました。
小さな居場所でも、毎日お母さんありがとうと言ってくれます。
息子たちが着替えを取りに入ると、触って触ってと不細工な顔で甘えるそうです。
鳴き声が
うぎゃー!!ぷぷ
前歯もないので、推定年齢は10歳以上。
29年前の私の愛称”すみれちゃん”の名を付けてあげました。

そして、唯一のわんこのマットです。
2年前に仲良しわんこのちびを亡くして、ひとりっこになりました。
出会いはネットでちばわんの預かり母さんの日記。
ちびが亡くなった翌朝、預かり母さんまでもが天国へ。
散歩途中で出会ったにゃんこの兄弟 ちびとしまを家族に迎え入れ、一緒に寝起きを共にするようになりました。
わんこなので、マットだけ朝晩のお散歩に出かけます。
猫が大好きなマットさん。猫に囲まれてしあわせいっぱいです。
a0096810_22321638.jpg


いつの間にやらわらわらとにゃんこが増えて、我が家は賑やかになりました。
可愛い子猫をずっとお世話したいけれど、我が家以上のしあわせがあるのなら、赤い糸を繋いで上げたいと思う母です。
[PR]

by chibi_mat | 2009-07-28 22:38 | 今日のわんにゃご
2009年 07月 27日

子猫を探している にご注意!!

この数日間の出来事を一気に掲載♪

7月19日(日)
モコちゃん達と80年代にトリップ。
家まで送り届けてくれたモコちゃん夫妻が子猫を見に寄ってくれて、

可愛いから大丈夫だよ♪ 

と励ましてくれた。

7月20日(月)海の日だけれど、出勤。
おかしな天気が続く。
里親募集に子猫の情報を掲載依頼。
ちびしまをMさん夫妻と共に海岸へ帰す。

7月21日(火)土曜出勤振り替え指定休日だが、18時より職場の歓迎会に出席。
20時45分のバスで帰宅。

7月22日(水)おかしな天気はまだまだ続く
接骨院から戻り、雨の合間に海岸へ。
ちびちゃん、仲間と一緒にいたけれど、私を見るなり逃げた。
ご飯を置いてあげると食べてくれた♪

7月23日(木)
出勤の支度をしていると、駅近くで子猫の里親募集を自宅でポスターを貼ってくれているUさんより電話。
今から子猫を見たいという方が自宅へ来る。

ブルーの新車で現れた独身29歳の女性。
指導センターの掲示板を見てUさん宅を訪問。
うちの子たちに興味を持った。
猫を飼うのはかねてからの希望。実家で経営しているアパートに一人住まい。
定職はなし?
猫のことはほとんど事前勉強なし?
素直に話を聞いてくれた。
飼う気満々?ぽい。。。。
連れて帰る?NO!!お届けします。
出勤直前まであれこれ相談に乗り、土曜日か日曜日に ピピ・ルカーを連絡の上、飼育環境確認のためにお届けします。ということで話はまとまったはずだった。

夜、Uさんにお礼の電話をしたが不在のため、留守電をいれておいた。

夜10時半を回った頃、Uさんから電話があった。
私の留守電を聞いて、え?と思ったそうだ。

我が家で見送られて帰る途中、またUさんのお宅に立ち寄ったのだそう。

ピピとルカーを二匹で勧められたが、私ははじめて猫を飼うので不安になった。
ケージが必要だと言われたが?
等など、、、、、
やっぱり他の子も見たいからと立ち寄ったらしい。

えー!!

私とて、一人暮らし、定職なし、この先どうなるか見えない人に、可愛い子猫を託すわけにはいかないんだよ。

それでも、避妊去勢に理解をしてしてくれた?はずだし
自宅へのお届けも了承してくれた?はずだし

立ち会っていた次男が可愛がっている子猫たちだけれど、しあわせにしてくれるなら、と念を押した?はずだった。

夜11時を回っていたが、翌日なんて私の性格が黙っていられなかった。

自分のことなら、意地悪いおばさんにブログには書きません、と悪い者呼ばわりされても耐えられた。

でも、文句も言えない、助けも求められない保護子猫です。

いつもの電話応対の訓練が役に立ちました。
29歳で、ネットもやらない、失業中で親の所有するアパートで一人暮らし。
結婚の予定もないと言っていたな。いい人見つけてください。

脱走防止もちょっと不安があったし。

直後にお風呂に入っていたらまた、着信。。。なんだろね。
で、本日お昼頃にも着信あり。

?が一つでもあるときは、疑ってかかれ。

感情に任せて発言する人は気が変わる可能性大です。

子猫ですから、可愛いですよ。
でも、いたずらも大好き。
うん〇もするし、おしっこもします。
動き回る速さは成猫の目にも留まらぬ速さです。

愛情さえたっぷりあれば、何でもないことです。

Yさんには、電話の最後で、

週末に冷静に考えてみてね。と伝えて電話を切った。

日曜日の着信は、

よそで子猫をもらうことになりました。でしょうか。

大好きなピピとルカーを渡せない!と涙ぐんでいた次男。

あの人は悪い人だとは思わなかったけれど、子猫は託せないね。

きっぱり!!

物言えぬ子達です。
将来20年近くに渡って終生飼育できるかどうか、、、
具合が悪いと思ったら、迷わず病院に連れて行ってくれるかどうか。

一緒に生活しているうちには、アクシデントもあるかもしれません。

それでも健康ならば、良質な食事やストレスを与えない生活をきちんと守って続けていただけたなら、この子達はその何倍もの愛情で応えてくれます。

思慮深い人、愛情いっぱいの人に託したいと思います。

途中で思っていたのと違っていたから、
大きくなってしまったから、
いいわけは小さな命の前に通用しません。

同じ星に生きる大切な命です。


里親募集サイトからの問い合わせが1件届いたけれど、男性のひとり暮らしだったので、お断りを入れた後でした。
丁寧にメールをありがとうございました。とお返事が届いていました。
里親募集をがんばるそうです。幸せになりたい子はたくさんいるからね。条件が整えば大丈夫かもね。

そして、問題の金曜日。
7月23日(金)
午前出勤。前の夜の出来事あんどちびすけの夜鳴きでほとんど眠れず仕事をして帰宅。
おみやげのマックをほうばり、お昼寝、と思ったらMさんから電話。
Pプラザに電話があって、子猫の遊び相手を探している 

清水区GENMA という女性に連絡をしてほしい。とな。要注意!!

届いた情報は、携帯番号、AUのアドレス 苗字だけ?
なんでも、16歳と13歳の娘さんがいて、ペット対応マンションに家族4人で住んでいる。犬と1.5ヶ月の子猫がいて、子猫の遊び相手を探している、そうだ。
Mさんには、前夜の話をしていなかったので報告したら、
家族がいいよね。いい話だね。と乗り気だった。

固定電話でないことに不信感を持った私。
電話をしてみると繋がらない設定になっている。
固定電話から電話をしても繋がらない。
こちらからは直接電話が繋がらないのは要注意。

事前に勉強しておいたのが役に立った。

仕方ないのでメールを入れて、電話をして欲しい旨を伝えた。
以下、メールのやり取りです。

件名は 子猫の件

GENMAさんこんにちは。子猫の里親募集のお話をと思い電話しましたがお繋ぎできない設定のようです。ポスターの連絡先を書いておきます。 また昨日のアドポストに募集メッセージを掲載しました。N自宅054*******

相手から
何度かお電話をくださって、出かけていてきずきませんでした、すみませんでした、アドポストにだしたんですかぁ、それではもうもらい手さんは決まってしまったんじゃ・・

アドポストからのお問い合わせはありませんでした 電話が繋がらないのでお電話いただけますか?N

相手から
そうだったんですか、すみません、これからお客さんが来るのでまた改めてお電話いたします、良ければ写真を送っていただけませんか。

オスが希望だったのでトリトンの写メを送る
ネットもされるようでしたらブログもご覧ください。
http://mey2001.exblog.jp/
4ヶ月近いので大きいですよ。

相手から
写真ありがとうございます、可愛いですねぇ、でも、2ヶ月位の子が希望なので・・期待にそえないかと、すみません。

了解しました


要注意!と思った点

第一印象 
①1.5ヶ月の子猫の遊び相手に  との希望
②わざわざあちらこちらに電話をしているのにも関わらず、繋がらない設定の携帯番号を教える
③家族がいるのに、固定電話を教えない メールでやりとり?

やりとりでおかしいと思った点
①繋がらない設定にしているのは自分のくせに、メールでの連絡に持っていくように仕向けるかのようなアドレスを教える
②繋がらないから電話をかけて欲しい の返事が 
出かけていてきづきませんでした 
指定登録以外の着信が不可の設定にしてあってこちらからは連絡が取れない
③変だと気付いたのでわざと4ヶ月近いので大きいですよ と書いた返事が
期待にそえないかと、すみません 
★子育てしているいい年の女性のメールにしては内容が稚拙 あいさつもなし

あなたに、期待などしていません。

保護して大切に育てている子猫です。

このGENMAという女性は、土曜日のアドポスト掲載の子猫に電話をして、ある方が子猫を渡してしまったそうです。

ボランティアのネットワークで、子猫の間だけ可愛がって、放棄する 問題のある人物だと判りました。

待ち合わせ場所まで引き取りにきて、親切心で連絡をしたボランティア仲間の制止を振り切って渡してしまったそうです。
残念でなりません。
放棄された子はのらねこになってしまうのでしょうか。
考えただけでも恐ろしいことです。

こういう問題のある人を、放っておいていいのでしょうか。

電話は固定電話に、こちらから掛け直す、

これも、ちばわんではアドバイスしています。

確かに保護猫は販売目的ではありません。
無料譲渡 です。

しかし、かかった医療費を請求する というのも、猫詐欺を防ぐ方法と愛護団体では指導しています。

この数日間で、考えされられることが多かったのですが、

簡単には渡せない 

不幸な猫を減らす活動をしているのだという自覚



色々と考えさせられる一週間でした。

保護猫の譲渡については、活動している人から情報をいただく、アドバイスをもらう、愛護団体の指導に従うなどしましょう。
a0096810_053762.jpg

ぼくたん、危なかったです。
[PR]

by chibi_mat | 2009-07-27 00:05 | にゃんず
2009年 07月 23日

部分日食とちびしま、その後

22日は静岡でも部分日食が見られるということで、海岸にも多数の人が寝そべって空を眺める姿が見られました。

雨が上がり、出勤前にマットの散歩。

見上げる空には、三日月のような太陽が。

曇り空がいい具合のフィルターになってくれて、肉眼でも負担なく見ることができました。
バスを待つ間に、バス停上空を携帯のカメラで撮影!
a0096810_10233996.jpg


天気は不安定のまま夕方に。

月曜日のリリース以来、ちびしまの様子が気に掛かっていました。

雨が降ったり止んだりするものの、Mさんにお願いして同行していただきました。

途中、ちい坊にご飯を置きましたが、姿が見えません。

雨なので私たちが来ることは期待していなかったようですが、直前になると、姿を見つけて、ダイちゃん、ハチ、こきじが現れました。
ちびしまもみんなに混じっていましたよ。

ちびちゃん、ご飯食べようね。

すると、ちびしまは捕らえられた時の記憶がそうさせるのか、逃げていってしまいます。
木の陰に隠れて、こちらの様子を窺っていました。

我が家にいたときのちびちゃん用の器に、ちびちゃんの好きなご飯を入れてきたので、少し離れた場所に置きました。

ちびちゃんは、口に含んでは遠くに行って食べています。
可哀想なので、ちびのいく場所に、お水とご飯を置きました。

群れとは離れた場所なので、安心して食べたようです。
容器を回収して、ちびしゃんを携帯でパチリ。

a0096810_10324515.jpg


夜中に大雨が降りましたが、ちびちゃんはこの空き家のどこかで雨宿りをしていると思います。

ほんとにちっちゃいちびちゃん。

2週間も留守にしたのに、みんなが普通に迎え入れてくれたのね。

また美味しいご飯を持っていくからね。

********

我が家のちびにゃんずは、リビングを駆け回っています。

里親募集をしていますが、お問い合わせはまだありません。

保護主として、預かり母として、

みんなにこのお母さんならと思わしめた さくらママ を目標にします。

ママさんは、おそらく

愛情いっぱいお世話していればいいのよ。

にこにこと笑っていてくれることでしょう。

エキサイトブログを始める前に、CGIBOYの日記をつけていました。
日記帳が削除される期限の6月末直前に、tenさんに泣きついたところ、素晴らしい日記に変身して、私ののろのろ移行作業のチャンスを与えてくれたのです。

ちびとマットのなかよし日記は、憧れのさくらママさんと同じスタイルのものでした。

たくさんの思い出はこころの中に生き続けているけれど、日記が消えてしまうのは本当に悲しいことでした。

日曜日に会った3歳年下の友人もこちゃんから、とても元気の出る言葉をいただきました。

あの人から保護猫を引き受けたい、と思われるような人になれるよ。

ちばわんスタッフのみなさんが目標としていることと思います。

可愛いちびっこの元気な様子と、健気に保護猫を見守るマットの成長ぶりを伝えて行きたいと思います。

a0096810_10474843.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2009-07-23 10:47 | MEYの日記
2009年 07月 22日

健康いちばん♪

皆既日食が始まりましたね。
奇跡的に晴れてきました。^^

ちびにゃんは朝から元気!元気!!

健康がいちばん。
ありがたいことです。

わんこのマットも仲間に入ってますよ。
にゃんことマットです。

a0096810_9454483.jpg

a0096810_9461046.jpg
a0096810_9462551.jpg

おねえ系兄のしまじろう。弟たちの面倒をよく見ます。
a0096810_94657100.jpg

子猫の運動能力は成猫の比ではありません。
跳躍力、瞬発力、目にも留まらぬ速さです。
a0096810_9495967.jpg

可愛いピピちゃん。ぴかチューみたい。
a0096810_948658.jpg


一番の甘えん坊、ルカー。保護直前までおかあさんのおっぱいを飲んでいました。
大人しく抱かせてくれます。
a0096810_9512498.jpg


DAYANのカラーは猿ぐつわにもならない優れもの。駅ビルで名入れもしてもらいました。
a0096810_9533559.jpg


ちびすけもしまじろうも、子猫を受け入れる器の持ち主です。

私は子供の頃から一度も選んで犬猫と接してきたことはありません。

どの子も行き場のないミックスばかりでした。

でも、どのこもみんな情が深くて、他の子を受け入れる優しさを持っています。
自分が助けられたことを知っているからだと思います。

よく猫は犬に比べて人間への恩を感じない生き物だと思われているようです。

そんなことはありません。

私が出会った子は、どのこも揃って、言葉にならない感情表現を発してきました。
それを受け止めるか否かは、人次第だと言うことです。

きっと人の愛を感じられた子は、その温かさを忘れることはないと思います。

ちばわんのサイト内より

猫さんを代表して・・・

私の保護主さんへ

私を救ってくれてありがとう。
暖かい部屋で寝かせてくれてありがとう・・・
おなか一杯にさせてくれてありがとう・・・
元気にしてくれてありがとう・・・

この恩に報いるためにも・・しあわせになりたい。




健康いちばん♪
トリトン・ピピ・ルカーのおうちを探しています。
[PR]

by chibi_mat | 2009-07-22 10:01 | 今日のわんにゃご
2009年 07月 21日

グッバイ♪ちびちゃん

ちびしまを捕獲場所に帰しました。

薬がひとつずつなくなるたびに、ちびしまとの別れの日が近付いてきて、どうしようもなく寂しく、またどうしようもなく切ない気持ちになっていました。

今日は最後の薬を午後4時少し前にご飯に混ぜてあげました。

朝、ちびしまが2週間を過ごしたキャリーの最後のタオルの取替えと掃除を終えて、猫砂ではない新聞紙のトイレを作って仕事に出ました。

a0096810_0331536.jpg


ちびしまとの別れの時間が迫ってくると、ちびしまの顔が思い出され、涙が何度か零れ落ちそうになりました。

ご飯を上げると、いつもどおりに用心して食べません。キャリーを離れると食べてありました。

まもなく、Mさんとご主人が車でお迎えにきてくれました。

海岸に到着して、ちびしまを見ると、捕獲した時のように鼻血が出ていました。

何度も泣いたので、涙は出ませんでした。

ちびちゃん、帰ってきたよ。


ちびしまは、キャリーのドアを開けると、振り返ることなく一直線に駆けてゆきました。

人馴れしていないちびちゃんを手術していただくのは大変だったと思います。

最後まで、威嚇して、私を、家族を、怖がっていました。

一年程前に生まれて、ずっとあの場所で生き延びてきたんだね。

これからは、ちびちゃんの好きなご飯を用意していくね。

グッバイ♪ちびちゃん



ちびしまがいなくなった玄関先は、がらーんとしています。

明日からタオルの洗濯物が減りますね。
ブログを書いていても、泣けてしまいます。
ちびちゃん、守ってやれなくてごめんなさいね。


うちのちびっこも、さきほど いつでも里親募集中に投稿しました。

アドポストへの申し込みも明日したいと思っています。

無責任な飼い主がいなくなりますように。

愛護動物への理解が深まりますように。

行き場のない小さな命へ、優しい目を向けられる人が増えますように。

そんなことは全然しーらないといった風な無邪気なちびっこを、家族に迎え入れてくださる心あるやさしい方からのお問い合わせをお待ちしています。


a0096810_0324464.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2009-07-21 00:33 | にゃんず
2009年 07月 19日

ちょっと違う?

トリトン・ピピ・ルカーの赤い糸はまだ見つかっていません。
保護して一ヶ月ちょっと。途中、願ってもないお話がいくつかあったので、本格的な募集を開始せずにいました。ちびしまの避妊手術も重なり、一日があっという間に終わってしまいます。
意見の食い違いはよくあることですが、覚悟もなく始めた活動だったのに、ここまで来られたことはひとりでは実現できなかったことです。
関わった人への感謝のきもちは忘れてはなりませんが、人の数だけ考えはあるわけです。
保護した子も、保護できない子も、どのこも同じようにお世話ができたらどんなにいいでしょう。
それは無理なことです。個人でできる活動の限界もあります。
ちばわんは私にとって、特別な存在です。マットを託されて、いぬ親としての自分へ、”これが最善か”といつも問い正しています。
今週はマットにノミがいることが判り、3匹見つけて、その後、滴下薬で駆除をしました。
多頭飼育ですと、他の子へのケアを同時にしなくてはいけません。

子猫ならばなおさらです。感染力の強いウイルスを家に持ち込んでしまったら、惨劇になってしまいます。
保護猫の扱いは、獣医先生の指導に従っています。

水曜日に、あるボランティアサークルへの入会を打診しました。
一存では決められないと言われ、昨日代表から電話がありました。

どうも、私が関わってきた人が、要注意人物とされているようです。
活動には加わらないけれど、利用はする との印象を持たれたのでしょうか。

いきなりの質問攻めに、気が滅入ってしまいました。

犬猫は弱い生き物です。人の気持ちひとつで、幸せにも不幸にもします。

活動は個人の集まりであることはわかっていましたが、Mさんとご飯を上げている猫たちの活動への心無い言葉の数々に、傷付きました。

小さなグループではどうにもできない場所ですよ。
責任は持てるんですか?
雄猫も全頭去勢してください。メスは何匹、、、、etc。。。
途中で、何だかやるせない気持ちになりました。

社会全体を敵に回して通っているわけではありません。
一部の近隣住民の人達にもご理解をいただくまでになりました。

一番大事なことは、

あの子達がお腹を空かせて待っているという事実です。

あの子達を見たこともない、世話をしたこともない、手も足もだしてないあなたに言われたくないと思いました。
ダイちゃんも、ハチも、ちびしまの帰りを待っていてくれます。
あんな小さな体で、仲間を全力で守ります。

保護して上げられないから、ご飯を持って通っています。

悲しくて、あの子達が不憫で、、、
もうそのグループには入りたくないと思いました。

幸なことに、ちばわんの杏さんから、ねこの猫親さん探しについてのアドバイスと、いつでも相談してくださいと、心強いメールを頂きました。

入会希望の話を聞いてくれたKさんには、入らなくても相談に乗るよ、と優しい言葉を掛けていただきました。

今日、当直明けで帰ってきた次男は、

こんなに大切にしている子猫を、無責任な人には渡せないよ!

と。

子猫のおうちはまだ見つかっていないけれど、時々いくドラッグストアの人と猫の話で仲良くなったり、隣の席のAさんに優しい励ましを頂いたり、

前進はあったと思います。

今週はちびしまのケアも終わるので、子猫のしあわせを一番に考えて、行動あるのみです。

ママ、がんばって!!
a0096810_0383824.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2009-07-19 00:39
2009年 07月 15日

お世話している猫さん達

トリトン・ピピ・ルカーは、ご飯をもりもり食べて、今日も元気元気です。
a0096810_22227100.jpg


ちびしまは、保護から一週間が経ちましたが、相変わらず、近寄ると
カー!! フーじゃなく、
カー!!
次男のとんちゃんが面白がって、時々見に行ってます。
怖いんだね。
でも、お腹が空いたなあ、と言う頃に、ご飯が出てくる暮らしは、ちびしまにとって、生涯一度の2週間でしょう。
小さい体で、虚勢を張っているんだね。
夜中にトイレを蹴散らすので、夜中にはトイレを外して寝ます。
a0096810_225214.jpg

ちびしまの世話にも、大分こつがつかめて、楽になってきました。
別れの日が近付いてきたので、時々、カー!!と言われながら、ちびしまと話をしています。
なぜか、涙が出てきます。
可愛いちびしま。
a0096810_2285578.jpg


朝ごはんの前に、タオルの入れ替えとキャリーの中を掃除します。

毎日、大きなバスタオルを洗濯しているので、晴れていると助かります。

そして、ちびしまのいる海岸には、
ダイちゃん、ハチ、こきじ、すみちゃん、ちゃとらん、そのほかに、時々現れる一匹狼や、近くに ちい坊、黒い子ちゃんがいます。

散歩中の女性が教えてくれたのですが、置いてあったダンボールの中に、茶トラの赤ちゃん猫が3匹入っていたというのです。

辺りには新聞紙が散乱していました。

目もあいていないような子猫を遺棄していったのも、やはりおばさんだったそうです。

犯罪ですよ。

まず、置き去りにされた子猫は生き残れる可能性はほとんどありません。

母猫と引き離された子は、自力でのらねことして生きる力もありません。

激しい憤りを感じます。

こころない飼い主の命を命とも思わない行為が、不幸な猫を増やしているのです。

行き場のない猫たちにご飯を食べさせてあげたい、との思いでしている活動は、こころない人の犠牲になる小さな命の遺棄場所にされては困ります。

声を掛けてきた散歩中の女性は、

市役所に電話しようと思ったけど、忘れていたわ。

これは何を意味するのでしょうか。

そして、我が家の庭にも、2匹の猫さんがご飯を食べにやってきます。
a0096810_22161589.jpg

多分、このこは、子猫を連れてきたおかあさん猫。
時々しか姿を現しませんが、マットさんが寝た後に、ご飯を食べにきているようです。

ちびしまを無事に海岸に帰したら、この子をケアしなければいけません。

この子と、オスのキジ白の子がご飯を食べに来ています。

夕方、シャッターを下ろしてから、デッキのテーブル下にご飯を置いておきます。

取り寄せをお願いしてあった フォトエッセイ のらねこ。 が届きました。

注文してから、2週間とは、、、、
アマゾンが便利ですね。

こんなに素晴らしい本を店頭に並べていない書店。
残念でなりません。

こころ動かす写真とエッセイ。猫の保護活動にも役立てているそうです。
ぜひ、ご購読ください。



納戸で暮らしているすみれとの出会いは、ある春の日でした。

突然、汚い毛色の猫さんが現れたのです。

後日、Mさんの同僚のOさんが、すみれが突然いなくなったので心配してくれていたと話しかけてくれました。

すみれと出会った時、力なく鳴いているその姿は、鼻水、涙で顔はくしゃくしゃ。
三毛猫といっても、さび模様で、ぼそぼそのはげはげ。

この子は、可愛いね、と撫でてもらうことがあったろうか。これからもあるのだろうか。

そう思いました。

一ヵ月後、すみれは我が家にやってきました。
2.9キロの体重は4.1キロに。

腎不全のために、特別療法食を食べています。

耳ダニの後遺症で、耳が汚れていますが、毎日のお手入れもいやがりません。

白血病キャリアのため、隔離ですが、すみれ独特の鳴き声で、健気に生きてます。

魔よけにもなる?すみれのお顔。ぷぷ
携帯待ち受けにしよう。
a0096810_22381173.jpg


そんなわけで、トイレの砂が毎日1袋。
ご飯は5種類8頭分を朝晩、プラスちびねこ3匹はお昼もね。

ウエストが締まってきました。
[PR]

by chibi_mat | 2009-07-15 22:39 | MEYの日記
2009年 07月 12日

ちびっこパワー炸裂♪

10日はピピ・ルカーのワクチン2回目の予定でした。

しかし、猫の先生が過労でダウン。

ちびしまのお迎え時も待合室はいっぱい。
駐車場もいっぱい。

夕方になり、ピピとルカーを連れて、ワクチン接種に行きました。

ピピ 体重1.5キログラム。
ルカー 体重1.48キログラム。

前歯が永久歯に生え変わっていたので、生後3ヶ月という診断でした。

すべてのケアが終わりましたので、本当の家族探しを始めます。

素敵なチラシも貼っていただいているのですが、1件のお問い合わせもありません。

繋がりかけたご縁がありましたが、話が流れてしまって、3匹全員、我が家で元気いっぱい暴れまくっています。

体も個性もそれぞれですが、仲良く遊びますので、できたら兄妹、姉妹、親子など、組み合わせて里親さんになっていただけるご縁がありましたら、最高なのですが。

次々に保護されて、家族をさがしている子猫ちゃん達を見ていると、1匹と言わず、2匹、3匹でお願いできればこんなにありがたいことはありません。
一緒に遊ぶので、手も掛かりません。
さきほど、うたた寝をしてしまったら、3匹で勝手にリビングを飛び回って遊んでいました。

ご飯もカリカリでもウエットでも、なんでも喜んで食べてくれます。

ぶっとい赤い糸を引き寄せられますように。

可愛い写真を大公開♪
a0096810_16321869.jpg

a0096810_16324354.jpg
a0096810_163255100.jpg
a0096810_1633166.jpg
a0096810_16333218.jpg
a0096810_16334255.jpg
a0096810_16335367.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2009-07-12 16:33 | にゃんず
2009年 07月 12日

にゃんこダイエット♪

海ちゃんの子猫たちを保護して1ヶ月。

火曜日に捕獲したちびしまを入れるとわんにゃん8頭の大所帯です。

ブログの更新ができませんでしたので、1週間分を遡って更新します。
ぜひ、お付き合いください。

可愛い犬猫のお世話は大したことはありません。
課題は、息子ふたりの教育です。
長男は、鍼灸師。次男は一年前から公務員です。
公務員は労働基準法を遵守していますから、何かと治療院の経営には不満を持っていた長男でした。しかし、気の持ちようです。決めたからには、男らしくあれ、というわけで、木曜日に状況(息子の愚痴が止んだ)は好転し、金曜日のちびしまの手術に備えることができました。

8匹の世話となると、ご飯を5種類ちびねこから、それぞれにあげます。食べ終わると、次々に立ち込める臭いを消すためのトイレ掃除。ケージのタオルの取替え、洗濯、と次々に作業がでてきます。
自分のご飯を食べるのが後回しになるため、自然とダイエットをしているような状況に成ったのです。
大好きな珈琲をゆっくり楽しむ余裕もありませんでした。間食は一切せず。

1ヶ月前には体重が1キロ減り、2週間前には2キロ減り、金曜日の健診では、なんと3キロ減量し、昨年秋の健康月間で掲げたベスト体重に戻ったのです。

髪が伸びたのでバレッタでまとめ髪にしているのもあり、顔も小さくなったと評判です。

ダイエットをするには、猫ちゃんボランティア、もしくは、わんにゃんの多頭飼育をおすすめします。

こんなことを書くと、MEYさん大変だ!と思われるかもしれませんが、私は犬猫の世話に関してはなんの苦にもなりません。
今しばらくは遊んでいる余裕もありませんが、充実しています。
それに、上には上がいますからね。
ちばわんの預かりさん達の活動は、私にパワーを与えてくれます。

それから、猫の先生には、365日休みがありません。
ちびしまの手術当日も、過労で臨時休診の張り紙がありました。

でも、ちびしまは手術をしていただきました。
入院スペースもないほど、先生はずっと働き通しなのです。

生き物と関わっていたら、遊びたいとか、疲れたとか、もうやめた、とか、そんなことはいっていられないのです。

現在、日本では52万頭の犬猫が、人間の身勝手な飼育放棄によって殺処分されています。

一人でも多くの方に、この現状を理解していただき、一頭でも多くの尊い命が救われることを願って止みません。

a0096810_15524261.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2009-07-12 15:52