わんにゃご2001 

mey2001.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 25日

モカちゃん(ピピ)近況報告と我が家のにゃんず

遅めの夏休みでしたが、あっという間に終わってしまいました。

今日は、朝から嬉しいメールが届いていました。
ピピの近況です。
モカちゃんとなり、先住ねこのさくらちゃんを圧倒するちびっこパワーのようですね。
並んでお外を眺める後姿に、目が潤む保護母でした。
a0096810_003747.jpg

ねこ親のAさんは、まめに報告をしてくださいます。ピピちゃんはしあわせを掴んだね。
嬉しくて、胸がいっぱいになりました。

*****

休みの間は、
1日目:火曜日 リビングの片付け と洗濯いっぱい  不燃粗大ごみの申し込み サーフボードとガーデンパラソルを回収依頼

2日目:水曜日 次男と接骨院へ行くも、顔にタオルのあとがつき、慌てて支度をしてバスに飛び乗る。幼馴染のM世も誘って、アソシアで世界各国料理のビュッフェランチ A子とK美とも久しぶりに会ったので、12時から16時まで歓談と食事。完全食べすぎ。せっかく猫ちゃんダイエットで絞ったのに、怖くて体重測れない。

3日目:木曜日 シネギャラリーにて、インスタント沼を観る。前日にしたかった小物類の買い物もして、夕方は一人で海岸へ。ちょっと遅くなったが、チー坊も待っていたし、ちびしまにも会えた。ご飯を上げて一安心でした。帰ってきてから、久しぶりに廃車のおじさんとこのクロちゃんを見っけ。背丈が伸びたところとは別の草むらでお昼寝してました。

4日目:金曜日 午前に次男と接骨院へ 先生のマッサージでリフレッシュ。今は旅行もできないけど、十分気持ちよくなった。日食であれこれ買って家ご飯。夕方、Pプラザで海岸猫さんたちのご飯を買って、たくさん猫砂を支援してくれたMさんちにトフカスサンドと共に差し入れ。Mさんはお父さんが入院手術して毎日病院通いで大変です。ひとりで海岸へ行くのも楽しくなってきた。

5日目:土曜日・日曜日 何となく家であれこれ片付け。縫い物もちょっとして、夕方は猫ちゃんにご飯を届けた。仕事が6時間になったら、の準備でキッチンを片付ける準備のために、レンジ台をネットで注文。これからは、キッチンの掃除と片づけに半日は使いたいと思っている。

途中、テレビで見た 韓国料理 デトックス効果と美肌効果ありのプゴクをどうしても飲みたいと思い、楽天で注文したら、2日で届きました。\(^o^)/どこにも売ってないみたい。韓国人の友人を持つMちゃんからも連絡なかったし、こんなにすぐに材料が揃って言うことなし。土曜日から毎日 プゴクを飲んで、同窓会に備えています。
プゴクは、こんな感じのスープです。
a0096810_2353526.jpg

日本人の悪い癖。すぐに売り切れになる 美肌効果とダイエット効果の文字。

我が家のちびねこもすくすくと成長しています。しまじろうがよく遊んでくれてます。
しまじろう、ちょっとメタボ気味。
a0096810_235547.jpg

a0096810_23552151.jpg


新しいトイレもしまじろうが使ってみました。
a0096810_23555553.jpg

しましまのたまごのようですな。

a0096810_23562850.jpg

ピピちゃんがAさんちの子になってから、この子達も仲良くしています。ご飯ももりもり食べて、大きくなりましたよ。
猫ちゃん4匹でも自然な感じになりました。

ただ、ちびすけが、夜鳴きをするようになって、私はすっかり睡眠不足です。
長男が月から金でお弁当もち。夜9時に帰ってきます。パソコンを占領されてしまうので、なかなか更新がままなりませんでした。

はは、言い訳ですね。
[PR]

by chibi_mat | 2009-08-25 00:02 | にゃんず
2009年 08月 16日

夏風景

今年は天候が不安定のため、一階のエアコンがフル稼働♪

電気代がこわーい我が家です。

何より、家事をしていると汗が流れてくるので、朝10時前にはまた冷房中に。

さて、世間一般では夏休みの今週末。
私は月から土まで、出勤でした。

金曜日、K泉とMあと飲み会。
会場は、だんまる水産。静岡店限定3000円オーダーバイキング飲み放題つき 安!!
生ビール3杯とシークワーサーサワーを飲んで、あれこれ食べて3000円ぽっきり。
女子会に使ってもいいかもね。

土曜日、高校のクラス会の打ち合わせで、クラスメイトの店、昭和の居酒屋 びいだま で、3人で打ち合わせ。
なんと、男子のKが支払い済とかいって、ご馳走になっちゃった。
クラスメートの店だからまた行きたい。
こちらもなかなか繁盛していて、串焼きも焼きナスもシーフードサラダもおいしかったです。
生ビール3杯とハイボールを飲んで、帰ってきました。

家には、犬と猫が待ってるから、って理由で、気持ちよく帰してもらえた。
最終のバス 21時37分にて二日間とも帰宅。

この頃、友達がいい。
50を前にして、男も女も超えて、人として友達としてお酒が飲めるようになって、楽しい。

私は飲み友達が大勢いて、声を掛けてもらえるのはほんとにありがたいし、友人は財産だわとつくづくしあわせな気持ちになる。

10月と11月に同窓会が続きます。

あと2ヶ月切った。。。 久しぶりにあう同級生には、中身でご判断願おうとしよう。

今日は、次男と御殿場プレミアムアウトレットへ。
途中、富士川周辺が渋滞したけれど、1時間15分で到着。

手前の駐車場へと誘い込まれるが、いつもの駐車場へとスムーズに駐車できた。

御殿場も空いていて、お目当てのZUCCAで次男と10点の洋服を買い、マックで安くランチを済ませて、ゴディバのチョコシェイクを飲んで一休み。
その後、リーボックでシューズ2足目半額!につられ、私もゴールドのシューズを買いました。ハイカットだから、猫ちゃんのえさやりの時に、蚊に刺されなくていいかも。
最後に、マーガレットハウエルでワイドパンツを見つけて試着したらぴったり。2730円でゲット。自分で丈詰めのお直ししますからと、しるしだけつけてもらった。
最後に、コスメショップでクマ消しのコンシーラー810円を見つけて買い、帰り道、ご機嫌で走って帰ってきました。
クマをカバーしたら、綺麗に見えるかな。

8時45分出発。
15時5分帰宅。

家に着く前に胃が痛くなったので、横になった。
胃薬飲んで、明日に備えました。

明日一日出勤すれば、6連休に入ります。

水曜日に幼馴染の女友達と4人でランチの約束あり。

忙しいけど、がんばるぞー。

我が家の子猫ちゃん達。
すくすくと成長しています。

先住猫のちびしま兄弟にも受け入れられて、マットにも気に入られたようで、毎日賑やかです。
a0096810_23215054.jpg

週末、あまりの寝苦しさに、一階で寝ています。布団が出ていて、お恥ずかしい。

a0096810_23223643.jpg

箱が壊れました。この部分を取って、小さくなった箱の遊び場。

すみれも元気ですよ。
a0096810_23249100.jpg

すみれは、この箱の上がお気に入り。
タオルを取り替えてあげると、気もちよさそうにお昼寝しています。

すみれー、と声を掛けると、慌てて飛び降りて、甘えてきます。
可愛いです。

さて、里子にでたピピちゃんは、Aさんちの子として、

モカちゃん になりました。

仲良し家族の皆さんに可愛がられて、幸せなモカちゃんです。

地震が怖かったのか、Aさんのお宅のさくらちゃんは、おもらししてしまったそうです。

今朝の朝刊には、地震で驚いて脱走してしまった猫さんを捜しているというメッセージが載っていました。

災害時に備えて、脱走防止対策は万全にしないと、ですね。
[PR]

by chibi_mat | 2009-08-16 23:28 | 今日のわんにゃご
2009年 08月 13日

言葉のちから

a0096810_11145436.jpg
杏さんの預かりっ子 活くん いぬ親さまのトライアル開始 記事にコメントを寄せたところ、泣くほど嬉しいメッセージをいただきました。

以下、杏さんからのお返事のコメントです★
★MEYさん

ピピちゃんの正式譲渡おめでとうございます♪
MEYさんも初めてのことで不安もあったかと思いますが、そういう出会いを経験すると、保護活動への意欲もうんと高まりますよね。
自分と同じかそれ以上に保護したその犬猫を思ってくださる方がいる事実は、次の行動への勇気に変わります。

今だから言えますけど、活くんが迷子になってしまったとき、活くんを見つけ出したら、活くんをうちの子にしてしまって、もう預かりはやめたいって思ってました。送り出すのが怖くなったんです。

それでも色々なことを考えて活くんの家族探しをはじめて今回のご縁が結ばれて。。。やっと「またやってみよう」っていう気持ちになりました。

いぬねこ親さんに救われて次に歩み出せる1歩を頂いています。

これからも頑張りすぎずに出来ることをコツコツとやっていきましょう!
一緒に!

***********

★一緒に!

一緒に、が目に入ったとたんに、わー!と涙が溢れてきました。

心強い言葉。
元気がでる言葉。
前を向こうと思う言葉。

言葉には力があると思う。

思いは言葉にしなければ伝わらない。
だから、言葉にして伝えます。

そばにいる人であれば、表情や仕草でも伝えられるけれど、言葉は時空を超える力を持っています。
文字にできる。
声に出して音にもできる。
だから、言葉には人に伝える力がある。

一緒に、って嬉しい。
一緒にって、しあわせ。
一緒にって、ありがたい。

森絵都さんの 『君と一緒に生きよう』

まだ、お読みではなかったら、ぜひご一読ください。

杏さんにも、そんな頃があったんだなって、ますます近い存在になりました。

誰だって、踏み出す前は、知らない世界。
でも、知ってから、できることはいくらでもある。
知らないでいるよりは、知って考えて、できることを始められる人でありたいです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
読んで感じるものがあったなら、できることから始めてみましょう。

こころの広がりと共に、
新しい世界が広がってきます。

成長とともに、素晴らしい人との出会いと活動の輪も広がってきます。
a0096810_11115325.jpg

a0096810_11121413.jpg


みんなみんな、一緒だよ。
[PR]

by chibi_mat | 2009-08-13 11:15
2009年 08月 12日

保護猫の明暗

昨日、静岡で起きた地震につきまして、皆様にはご心配をおかけいたしましたが、MEY家のわんにゃごも人間も自宅も無事で、全員元気です。

気にかけていただきましたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

今日は、Mさんと海岸へ行ってきました。

仕事中、上司から6時間の希望とのことだったが全員4時間になるかもしれない、と言われ、主張はしましたが、どうなることやら。
組織的に、本部職員を減らしたい意向はわからなくもないが、本部の受付がパートひとりきり、或いは空席になる時間もある、というのは如何なものだろうか。
結論がでたところで、検討させていただきます、と返事しておいた。
私としては、もっと仕事の時間を充実させたいと思っており、犬猫を養っていく以上、働きたいとの意思表示は必要と考えてのことだ。
他のパートさんは、長い時間働きたくないと考えているようだし、スキルアップのためにも、ただの受付嬢では終わらせない。電話応対にしても、さらなるスキルアップを目指している。
まあ、いい。上の結論がでたら、そのとき意思表示をするつもりである。

海岸へ行くと、猫達のごはんを盗み食いしているというホームレスの人がいた。
ボクサーのお兄さんも同じ事を言っていたし、Mさんも色んな人から同じ事を聞いたと言う。

情けないじゃないか。
廃車のおじさんには、人間の尊厳を感じたし、彼の人としての誇りを傷つけてはいけないといつも思いながら接してきた。
おじさんの姿も見えないけれど、元気にやっているのだろうか。
社会の一員として市民権を得られたことは本当によかった。
おじさんが食べるものも食べずに、自分を頼ってきた猫さんたちに優しく接していたからの、今だと思う。

ところが、このところ出あった海岸に現れるおじさんたちは、挨拶もしてくれないし、私たちを見ると、すごすごといなくなってしまうのである。

私たちを見つけて走ってきた猫たちに、少し手前の場所でご飯を上げた。
食べ終えるのを見届けて、ごはんを一つの容器に移し、帰ってきました。

途中、トリトンたちの兄弟で、キジトラの子を保護して飼っているというおじさんに会った。

おじさん、子猫は元気?と訊くと、

死んでしまった。

え?!

どういうことですか?

追いかけてくるから紐で繋いでおいたら、自分で紐を絡ませて死んでいた。と言う。


Mさんと私、絶句。。。


今でもなまりのような重い気持ちがこころを占めている。

トリトンとルカーに、

君たちの兄弟のキジちゃん、死んじゃったってよ。

話しかけていたら、泣けてきた。

トリトンとピピとルカーは、出会った時から3兄妹だった。
a0096810_215760.jpg


お母さんの海ちゃんもおうちが見つかり、幸せになった。

私たちが保護する前に、風邪を引いていたところをおじさんが保護したと言っていた。
一ヶ月前に一度だけ、元気な姿を見つけて、この子達にもう一匹のオスの兄弟がいたことを知った。

あのときから、明暗を分けたね、ってMさんと心を痛めてはいたけれど、こんなに早く死んでしまうなんて。。。

無理にでもおじさんを説得すべきだったのか。あれから随分考えてはいた。

死んだって。砂浜に埋めたって、、、、おじさん、あっさり言うんだね。

この頃、私達に言葉少ないと思っていたら、まさか。


この子達、ますます人を選ばないとしあわせにはなれないと思ったわ。

もう我が家でお世話をしてもいいと思っているから、よほどの決意と愛情を持った希望者が現れない限り、渡せないと思いました。

この子達は贅沢は言いません。多くを望んではいないと思います。
ただ、愛されたいだけだし、人を愛してやまないのです。

保護されるに至るまでには、それぞれの事情があったと思う。
でも、それが人の身勝手な事情なら、そういうことを許す社会であってはならないと思います。

脱走防止はきちんとしていただきたいし、ねこに散歩は必要ありません。
リスクを考えれば、適切な予防とケアは必要です。
獣医さん選びは慎重に行ってください。できれば、こちらの質問に丁寧に答えてくださる信頼できる先生をかかりつけの獣医さんにしてください。
ねこにリードやハーネスは不適切です。
せっかく予防をしていても、家の外に出たら危険がいっぱいだということを忘れずにいてください。
リスクより予防策の方がはるかに有効です。

我が家には犬もいますし、施錠を忘れる馬鹿息子がふたりいます。

ケージが必要か、と訊かれれば、あった方がいざというときに役に立つし、安全だと思います、と答えます。
キャリーはハードタイプで移動中にアクシデントが起きないようにきちんとロックを確認してください。
動物病院の前で、犬猫がいなくなった、ということは稀なことではありません。
これ位ではなく、これでも大丈夫か?位の気持ちで再点検してください。

犬のカラーは、緩いと抜けてしまいます。
カラーとハーネスなど、常に安全に散歩ができる状態かを確認してから外にでましょう。

脱走防止は、何重にもしてください。

静岡市ではマイクロチップを入れることで、市から避妊去勢の助成金がおりる制度があります。
不幸な犬猫を減らすためにも、避妊去勢へのご理解をお願いします。
獣医師会に入っている信頼ある獣医さんに手術をしていただきましょう。
マイクロチップは、迷子になったときにも、昨日のような災害時にも、迷子を捜すデータとして、かなり有効です。
マットは、去勢手術済みでちばわんから迎え入れた子です。一年前に、マイクロチップを入れていただきました。4000円弱の費用で済みました。
迷子札は二つ付けています。カラーにリードは装着しません。オーダーしたハーネスで常に安全なものを付けて散歩に出かけます。
小さな命と関わる、ということは、責任あることです。

しあわせにするのも
不幸にするのも
保護できるのも
放棄するのも
人だけにしかできません。

私は、胸を張って生きていたいし、虹の橋で待つ今までに関わったわんにゃんのためにも、精一杯人生を全うしたいと思います。

みんな、いつもそばにいてくれてありがとう。
これからも見ていてね。

子猫だろうと、成猫だろうと、多頭飼育出身だろうと、捨てられようと、病気のあるなしに関わらず、

みんな愛しい命だよ。

みんな大好きだよ。

a0096810_2174242.jpg


おそらく日本一不細工なすみれ。
でも、我が家の息子達は、
いちばん人懐っこいから、今では大好きだ♪
と言ってくれます。
施錠を忘れることは許しがたいが、その優しさは母の教えそのもので、嬉しい限り。
[PR]

by chibi_mat | 2009-08-12 21:07 | MEYの日記
2009年 08月 11日

5時7分の恐怖体験

夜明け間近の午前5時7分

ベッドで眠る私とマットに、エクソシストを思わせる激しい揺れが襲いかかりました。

ベッドの足元には、ふんばり君を脚に敷いた大きなオークのクローゼットが。
一切、揺れず!!

その間、15秒程度だったと聞いたが、朝が弱い私は、ついにきたか!と腹をくくってしまった。

両足で震えるマットを押さえ、両手はベッドの端をつかみ、揺れが治まるのを待ちながら、引越しのサカイも驚いたという重たいoak無垢のタンスが揺れないのに感心していた。

そして、時計を見たら、5時を少し回っていたところだった。

携帯が鳴る。
当直で消〇署に勤務中の次男からだった。

寝ぼけていたのか、なんだか落ち着いていたらしく、震度を確認すると 震度6弱とな。

猫はベッド下に隠れて出てこない。
この部屋は安全だと踏んだ私は、動かずに30分ほどベッドで朦朧としていた。

長男の部屋の水槽から水が飛び出したらしく、なにやら片付けている様子だ。

その間に、夫の実家の義母から、津波は大丈夫か?と電話があった。

私の両親はあっさりしているので、こちらからアクセスしない限り電話も寄こさない。多分、大丈夫だっただろう。

30分ほどして一階に下りていくと、玄関に飾ってあった古い梟の置物が壊れていた。
すみれはきょとんとしていて、ケージの中で無事だった。

ちびねこ、トリトンとルカーは怖かったろうが、もう落ち着いていた。

家の中で、いちばん怖がったのは しまじろう。
ベッドの下から出てこなかった。

そして、マットは、震えが止まらない。

起きてきた長男と共に、犬猫をどう救出するか、が我が家の課題だ、と話した。

台所も、あの揺れの割には被害がほとんどなく、気に入らなかった引き戸の食器棚のお陰でワイングラスが中で転んでいたくらいで、ひとつも割れずに済んだ。

コレクションのアンティークビスクドールも被害なし。

静岡は、東海大地震が来ると言われて何年も経つので、耐震基準が高いと言うし、家具などの固定もできていた。

7時に、浜松駅からという課長からの安否確認の電話がかかってきた。ありがたい職場と感謝の気持ちになった。

問題は、私。

職場に出勤したら、キャビネットが倒れてしまって、大変だったそうだ。

隣のAさんは、ドアを開け、水を汲み、ご飯を炊いたそうだ。

暢気にまた寝ようとした根性はどうだろう。
結局、長男を送り出し、二度寝を決め込んだ。

次男の職場は、物凄い揺れだったそうだ。

消〇署がそれでいいのか?
全員召集がかかり、お昼近くになってようやく帰ってきた。

台風の影響で雨が降っていたし、外に人がでていなかったので、被害が最小になったと思う。

職場のキャビネットが倒れてきていたらと思うとぞっとする。

ビルの9階だから揺れは相当なものだったろう。

九州と東京の友人から、メールが届いた。

静岡で大きな地震があったとニュースで見て、私をまず思い出してくれたようだ。

気にかけてくれたこと、ありがたかったです。


静岡のMEYさんちは全員無事です。

ご心配おかけいたしましたが、普通通りの一日を送ることができましたので、ご安心ください。
a0096810_23591535.jpg



そうこうしている間にも、週末の飲み会の誘いがあったりと、日常に戻っておりますので。
[PR]

by chibi_mat | 2009-08-11 23:43 | MEYの日記
2009年 08月 10日

ピピちゃん、正式譲渡♪

ピピは、一週間のトライアルを問題なく過ごし、めでたく正式譲渡となりました。

a0096810_10334035.jpg


応援してくださった皆様、ありがとうございました。

実は、お見合い当日も、喉の痛みがあり、風邪引きの予感でした。

月曜日には咳が出始め、次男の友人が泊まりにきて一睡もできなかったことも重なり風邪が悪化。
病院に駆け込むも、症状は進み、水曜日は早退。
木曜日に薬を替えて貰って、週末にようやく声が戻ってきました。

生協本部の受付の仕事をしている私にとって、声が出ないことは大きな痛手でした。
しかしながら、その間も、風邪を引いて声がでなくなっている私に、ピピちゃんの写メールを毎日送り続けてくださる優しいねこ親さまでした。
土曜日に電話をすると、奥様が、
またまた可愛いを連発。
名前は毎日考えているけれど、まだ決まっていないようです。
近いうちに、決まりました、と写メールが届くかと思います。

a0096810_10341444.jpg
a0096810_10342740.jpg
a0096810_10344549.jpg


金曜日にはついにお腹を出しているピピちゃんの姿が。

このとき、大丈夫だと思いました。

ピピちゃんのケアをしてくださった猫の病院にも、これからもかかりつけの病院としていただけることになり、保護主としては、本当にありがたくうれしいご縁です。

はじめての保護猫のねこ親さまさがしでしたが、杏さんのアドバイスもあり、Mさんにも協力していただいて、このような素晴らしいご縁を結ぶことができました。

同日、杏さんのところからも、素晴らしい巣立ちの日を迎えた保護わんこさんのお話がありましたので、ぜひお読みいただきたいと思います。
そのブログを読んでいて、朝から感動の涙を流しておりました。
人は成長できるものです。
私も犬猫との出会いと別れで成長してきました。

思い は尊いです。

杏さんは、君と一緒に生きよう の梅花姉妹を引き取られたというあの、杏さんであります。

私には、ちばわんの皆さんの温かい思いがいつもそばにあります。
だから、希望を失いません。


ありがとうございます。
[PR]

by chibi_mat | 2009-08-10 10:48 | にゃんず
2009年 08月 02日

ピピちゃんのお見合い♪

一週間前の月曜日のこと。

子猫のねこ親さん募集が白紙に戻った我が家に、一筋の希望の光が差しました。

いつでも里親募集中の掲載を削除した後だったので、里親さんは決まってしまいましたか?と真面目なお人柄が推測できるメールでした。
夜になり、電話をすると、私のしつこいほどの確認事項の数々を、誠実にお答えくださるご主人で、本日めでたくお見合いの日取りとなっておりました。

無事到着すると、ピピちゃんを待ってましたとばかりに、中学一年の息子さんと奥様が迎えてくれました。

里親希望のAさん宅には、エジプシャンマウという純血種の4歳の猫・さくらちゃん(♀)がいます。
思い描いていた野性味というよりは、落ち着いた感じのお姉さん猫でした。
7月15日に、同時期からお世話してきた猫さんを亡くされ、さくらちゃんは寂しがっているから、との理由で、猫の家族を探していたところ、里親さがしをしている保護猫のことを知ったそうです。

久しぶりの子猫、保護猫のピピちゃんは、写真で見るより数倍可愛いと言っていただきました。
奥様も息子さんも、ピピちゃんに目を細めながら、さくらちゃんと亡くなった猫さんとの思い出を語ってくれました。

何分、初めてのお宅で、ケージに入れられたピピちゃん。
緊張をしていたようですが、近付いてくるさくらちゃんに威嚇をしたり、ケージの二階へ上がったりして、自分の居場所を確かめているようでした。
1時間半ほどお話をして、同行していただいたMさんと、
問題ない、と判断したため、そのままトライアルに入りました。
a0096810_23275590.jpg


さっぱりした感じの奥様と、興味津々子供らしさを残した中学生の息子さんのお陰で、別れといっても、親子で放り出されたこの子達が掴んだしあわせを思うと、寂しさより喜びの方が大きくて、涙も出ませんでした。

トライアルは一週間共に生活していただき、ご判断いただくこととして、ちばわん杏さんからご提供いただいた仮譲渡契約書を取り交わして、お見合いは終了しました。

静かな環境の一軒家で、立派なキャットタワーもある優しいご一家の目に留まったピピちゃん。
よかったね。

さくらちゃんもこの2週間に色んなことが起きて、ストレスを抱えているかもしれないから、ピピちゃんが皆さんを笑わせて癒してあげてね。
a0096810_23282468.jpg


A家の皆様、ピピちゃんをどうかよろしくお願いします。

ピピちゃんがいなくなった我が家は、ひっそりとしています。
3匹だと狭いと感じていたケージが、何だか広く感じられて。

ご飯を食べたかな?おトイレは上手にできたかな?
今日は電話を掛けないで辛抱しました。

明日の夜、お電話してみようと思っています。

ピピちゃん、がんばれー!!
ご家族で記念撮影をさせていただきましたが、写真は正式譲渡の後でUPさせていただきますね。

ありがとうございました。
[PR]

by chibi_mat | 2009-08-02 23:29 | にゃんず