<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 13日

ヒーター犬マット♪

マットは寒さが苦手なようだ。

常にファンヒーターの前に陣取っている。
a0096810_22585660.jpg


散歩に出たと思ったら、すぐに引き返す。

洋服を重ね着している。

今日の寒さはこの冬一番だった。
海岸猫たちはどうしているだろうか。
考えると胃が痛くなってくる。

我が家はこんな。

はちのケージの上が猫たちのお昼寝場所になっている。
a0096810_22591947.jpg


はちは家猫修行中。
こたつに入るとちょこんと乗ってきます。
a0096810_2301113.jpg


明日は久々の午前出勤。

今週は長男が旅行で不在の為、ひとりで過ごす時間が長かったです。

さて、今日はもう寝るとしよう。

おやすみなさーい。
[PR]

by chibi_mat | 2010-01-13 23:01 | 今日のわんにゃご
2010年 01月 11日

モカちゃん(ピピ)近況報告♪

a0096810_22381592.jpg


このこはだあれ?

トリトン・ルカーの兄妹のモカちゃんです。

里親のAさんは、しつこい私からのお願いを今でも守ってくださり、毎月しあわせ報告をくださいます。

a0096810_22383419.jpg


立派なキャットタワーもあるんですよ。我が家の2倍はありますよ。

a0096810_22385041.jpg


ルカーも袋とかかごが大好き。
モカちゃんの方が、ほっそり見えます。
ルカーは丸顔だから、ロシア人形のマトリョーシカみたいです。

私は凹むことはあっても、すぐに切り替えができます。
だって、思い様で変わるのだから。

モカちゃんのしあわせな姿を見ていると、元気をいっぱいもらえます。

本当にありがとうございます。

子猫は元気ですね。

トリトンとルカーは一階を走り回って遊びます。

バラのつぼみで遊ぶのにはまっていて、私が花を生けると、すぐに転がしてだめにしてしまうんですよ。
そろそろ剪定をして、消毒しなければならない時期なのですけどね。

Aさん、可愛いモカちゃんの写真をありがとうございました。

愛護活動は大変なことも多いですけれど、保護猫のしあわせな姿を見ると、それ以上の喜びと充足感が得られますね。
しあわせ報告は、私のしあわせでもあります。

今年もよろしくお願いします。
[PR]

by chibi_mat | 2010-01-11 22:46 | にゃんず
2010年 01月 10日

ちい坊といちごのお見舞い

病院に一ヶ月以上もお世話になっているいちごと、木曜日に預けたちい坊の様子を見に、病院へと伺う。

診療時間ちょっと前に、面会させてもらえた。

看護士さんもみんな優しくて、いちごもすっかり病院に慣れている様子。

a0096810_23265484.jpg

看護士さんが、大丈夫ですよ、と手を添えてくれたので、いちごを撫でることもできた。
私を思い出したかな。
時々来る、変なおばちゃんかな。

ちい坊は、私を見つけて喜んでくれた。

a0096810_23283370.jpg


あくびなんかしちゃって、すっかり寛いでるね。
a0096810_2329715.jpg


ちい坊は半年掛けて距離を縮めた子だ。

自分がちい坊と呼ばれていることはわかっていたが、近寄ると唸る。

どのこも、厄介者扱いのノラちゃんだもんね。
無理もないことだ。

看護士さんには唸ると言うから、私はちい坊にとって、特別な存在なんだね。


病院に連れてくるとなると、信頼関係が必要になる。


ちびすけとしまじろうのお兄ちゃんということもあったけれど、ちい坊と呼ばれているお兄ちゃんの存在を知るもその姿を確認するまでに一年半以上の時が流れていた。

ちい坊は1キロ範囲で移動しながら、食いつないでいた。

そのちい坊が懐いてくれて、そして病院でお世話になっている。

いつものように甘えてきたので、庭のぶちゃ君の検便の結果を待っている間、しばしのスキンシップ。

a0096810_23262073.jpg


ちい坊ったら、けんかばっかりしてきたから、歯が折れていたり、なかったり。
まだ3歳前なのにね。


いちごを保護して病院でケアをしていただいて、暮れにはそれこそ、途方に暮れた。

これからのことを思うと、道のりは果てしなく思えて。。。

誰にも相談できなくて、眠れない日もあった。

どうして話せないのだろう、と思っていたら、今日わかった。

人の心に敏感な私は、感じ取っていたんだ。
でも、人の気持ちに先回りすると動けなくなる。

あの子達を助け出したい。
全頭連れて帰れたら。

年末年始、ずっと考えていました。

だからこその、涙でもありました。

今日病院に行って、いちごとちい坊に会って、教えてもらいました。

命は尊い。
できることをできるところから行動する。

自分のやり方や自分の拘りを人に求めてはいけません。

けれど、手を差し伸べる優しさはいつでも持っていたいと思っています。
[PR]

by chibi_mat | 2010-01-10 23:48 | 通院
2010年 01月 07日

ちい坊病院へ行く

昨日の帰り道、ちい坊が脚を引きずっているとのMさんからのメールに気付く。

お正月から、何度かちい坊に会っていたけれど、この頃ではよく馴れていて困らないので気付かなかったのだ。

今日は、実家に用事があり、息子を連れて両親に会いに行くつもりだった。
長男が代わりに行くと言ってくれたので、父に頼む書類に、ポストイットを貼り付け、息子に説明して託す。
無事、戻ってきた。

9時半を回ったところで、車を走らせて、海岸へ。

ちびちゃんがぴょんぴょんと出てきた。

避妊してから私を警戒していた時期もあったけれど、この頃では信頼してくれている。
待っていてくれる。

ちい坊も私を見つけて出て来た。

確かに、左の後ろ足を少し引きずっているような。。。

ちい坊は体が大きい。
キャリーにいっぱいになるけれど、何とか素直に収まってくれた。

いい子だね。

新年のご挨拶をして、ちい坊を診ていただく。

先生はいつも優しい。

血液検査もウイルス検査もお願いして、ワクチンと去勢をしたいとの相談もした。

残念なことに、ウイルス検査の結果は

FIV陽性 

けんか早いちい坊はウイルスに感染してしまっていた。

涙がぽろぽろ零れ落ちて、診察室の床を濡らす。

何度も検査をしていただいていたけれど、ちい坊はいつも傷だらけだったし、馴れるのにも半年をかけたので仕方ないか。。。とは言え、涙は次から次へと溢れてくる。

白血球の値も高く、ぽんぽこりんのちい坊は肝臓もよくない。

先生は、抗生剤の注射をして、預かると仰られた。

いちごも一ヶ月以上お世話になっている。

その先生の優しさに胸打たれ、またいちごと面会していたら涙。。。

涙腺もろいなあ。

ちい坊は、ノーリードの犬にも向かっていく。
外から来た子にもけんかを仕掛ける。

確かに困った猫かもしれない。

でも、ちい坊はちびすけとしまじろうのお兄ちゃんである。

人が好きで、生きることに懸命なだけだ。

餌場を点々として、流れ着いた。

私たちを信頼したからだ。

ちい坊には十分なケアをして、去勢もして、そして。。。

a0096810_2203922.jpg


病院のいちごは、大きなゴールドの目で私を見つめた。

お外には危険がいっぱいです。
澄み切った冬の空にはいくつもの星が瞬いていたけれど、今でも寒さに耐えながら、また24時間後のご飯の僅かな時間を楽しみに、あの子達はあの場所でうずくまっているに違いない。
[PR]

by chibi_mat | 2010-01-07 22:05 | 通院
2010年 01月 05日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

我が家は元日から次男の当直で、N家へのお年始の挨拶のみになりました。
あっさりしている母から、朝一番で

風邪を引いたから来ないで。と電話あり。

実家に泊まりにきていた末弟に、再婚のお祝いと次男への成人の祝いへのお礼を告げて、また食事会で会おうと話しました。
末弟には新たに二人の子供ができました。
立派なことだと思います。
姉として心からのお祝いを言いました。

二日。
お正月の海岸へ。
今年はちい坊の去勢を年初めの活動の目標にしています。

三日。
次男を成人式会場まで送り届け、午後から7人の友人が新年会に集まる為、料理(しずおかおでんは前日より仕込み)と会場設営。
賑やかに新年会を楽しむ。
mocoちゃんも猫の愛護活動をしていて、だんなさまのK君が不動産の仕事でホームレスに住居を提供しているとの話で盛り上がる。
仲間は、ロス在住のYOGA講師であったり、美容マッサージ師だったり、魚やだったり、で、楽しく過ごしました。
我が家の猫たちはみんないいこでした。
マットもみんなの足元を行ったりきたりと楽しそうでしたよ。
ご飯を欲しがらないのがえらい、と褒められました。

四日、今日。
年末年始休暇最終日。
片付けと朝帰りの次男を心配して眠れず、久しぶりのお昼寝。。。睡眠不足で顔色わる!
夕方近くなって、静岡県動物愛護推進計画のページより、ボランティア登録のことで電話を掛ける。

静岡市と浜松市は政令指定都市のため、県の管轄ではなく、静岡市動物指導センターに登録されるとのこと。
静岡動物愛護協会の方に話をして、ボランティア登録はファックスを送って無事終了。

今年は、住宅ローンの借り換えとか、新年から色々予定が詰まっています。

それでも、小さな命は尊いので、後回しにはできません。
もっと色々と勉強をして、活動を進めて行きたいと思っています。

さて、ヤフオクに出品していたドールたちは、次々と新しいママができ、送り出されていきました。

嬉しかったのは、愛護活動に使ってください。

と自己紹介文を読んで、寄付金を振り込んでくれた方がお二人もいらっしゃったことです。

いちごちゃんの医療費、海岸猫のワクチン接種、それからちい坊の去勢手術への道が開けてきました。

悶々としているのは性に合わないので、前進あるのみですね。

静岡にはちばわんのようなボランティア団体がありません。

地元のボランティアサークルにも見放された海岸猫たちです。

私ももっと力をつけて、地道に啓蒙活動を続けて行きたいと決意を新たにした新年のスタートでした。

今年もよろしくお願いします。
a0096810_0171868.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-01-05 00:20 | MEYの日記