わんにゃご2001 

mey2001.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 30日

腫瘍の話

ちびすけの腫瘍のことでは色々とご心配をお掛けしました。

我が家の歴史をご存じないかたには、ただただご心配をお掛けしたに違いなく、申し訳ない気持ちです。(maoさんからのメッセージは鍵コメにしました^^)

また、ワクチン誘発性腫瘍 への大きな恐怖心から、同じ病気を持つ猫さんの家族の方がご覧になり、また心配の種を持たれたのではないかと、胸が痛む毎日でした。

病理検査の結果は、病理検査医の診断であり、絶望的なものとは受け止めていません。

大きかったリンパ腫が消失した猫さんの話を教えてくださったOさんご推薦のアガリクスドリンクも
与えていますし、完全に切除されていると言われたことで一息つけたところであります。

今後も11頭のもとワイルドキャッツとちばわん卒業わんこのマットと共に、明るく楽しく日々の暮らしぶりを伝えられたらと思います。

恐怖心とか不安といった得体の知れないものに振り回されるのほど馬鹿げたことはありません。

経験がすべてと思っている私にとって、何事も素晴らしい経験でありたいものです。

今日一日がどんな一日だったかは、それぞれの思い様ひとつですね。

前置きが長くなりました。



さて、腫瘍の話というのは、4年前の5月になります。

母から電話で、

お父さんが大変なことになった。

と半泣きで電話が掛かってきました。

長女の私には何事も一番に報告する母 S子ちゃんです。



肺がんの疑いで国立療養所で検査をしたところ、肺ではなく心臓に腫瘍ができたから、市立病院へ転院することになった。



私たちはあっさりした親子なので、私の第一声は、冷静に

心臓には腫瘍はできないよ。

でした。


そのあと無事、転院した父の検査結果と今後の方針を病院から説明されるからと、私が一人で話を聞くことになった。

病院内でも調べる毎に説明が一転二転。

国立がんセンターにも検査に行った父の病名は、今も明らかではない。


何分、80歳の高齢で、心臓に得体の知れないできものができているのだから、開胸しての検査は行わないことになったのだ。


二度目の説明では、心臓に腫瘍があり、大動脈の真横を通って心臓を突き抜けているその画像をいくつか見せてもらっての説明だった。

組織検査ができないため、そして、国内に症例がないからとの理由で、抗がん剤をまず使い、その腫瘍に効果がでた場合は、リンパ腫、小さくならなければ肉腫の可能性ということだった。

心臓にできているらしい腫瘍の画像は今でもありありと覚えている。

心臓の右から左を突き抜けるその物は、中央部を通って心臓に張り付いていた。
10年近くかけて大きくなったものらしい。

ただし、リスクは大きいと。
治療しながらの診断になるので、万が一、抗がん剤を使うことで小さな腫瘍の一部が血管などに入り詰まるようなことがあると助かりません。
つまり、ぽっくり逝ってしまうかもしれない治療の選択だ。

家族の心配をよそに、見舞い客には、今までの経緯を1時間の余かけて話しまくり、病院を抜け出してはうなぎの名店でご飯を食べてきたりと、嫌われ者の入院患者になった。
何しろ、働き続けてきた昭和元年生まれの父のこと、じっとしていられなかったのだろう。

一時退院の時には、もうじき手放すことになった車の車庫を片付けて、肺炎を起こし、命の危機もありましたが、


そんなこんなで、結局、国内で初と思われる心臓の腫瘍は小さくなることも心臓や脳を脅かすこともなく、今に至り、

最近では、再婚した末弟の家で飼われている2頭のダックスフンドの散歩を自分の仕事として、入院以来ゆる系になったジャージ生活をしている。

会社を廃業し、たばこもやめる予定だったらしいが、今もぱかぱか吸っている。

そして、

俺は不死身だ。


が父の近頃の自慢(口癖)らしい。




1ヶ月前に亡くなった叔母のお葬式でも、兄として立派に振舞っていた。



父は3人の兄弟を戦争で亡くしている。

おてうばあちゃんも長男として家を守ってきた父にもうちょっとがんばってくれよ、と言っているに違いないです。


昭和38年頃  実家のそばの海にて
a0096810_15204521.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-08-30 15:21 | MEYの日記
2010年 08月 28日

病理検査結果

すみれが療法食に飽きてしまったのか、K/dのウエットも食べなくなってしまいました。

食事が摂取できないと命に関わってきます。

あれこれと試してみました。

仕方ないのでa/d缶にペットゴールド(アガリクスドリンク)を振りかけてあげると食べてくれました。

すみれは尿毒症の為、リンの値を下げる薬とネフガードを毎日朝と晩のローテーションで与えています。
おしっこは大量に出るので、マットのワイドシートを敷いておかないと大変なことになります。
介護には大分慣れたものの、食べてくれないと言うのは堪えますね。
夜には11歳からのカル缶まぐろに外猫さん用のおさかなの形をしたミオドライを上げてみました。
この組み合わせは、食の細いすみちゃんのメニューのひとつです。
すみれは喜んで食べてくれました。
療法食はおいしくないんだね。
ちびすけもl/dドライだけでは食べませんから。

ちびすけの手術の傷は順調に回復していて、今週初めに先生から病理検査の結果報告がありました。
病理診断名が長すぎて、記憶できなかったので次回の再診のときに確かめようと思っていたのです。

26日のすみれの血液検査の日、ちびすけの傷口から青い糸が出ているのを見つけましたので、病院へと一緒に連れて行きました。
体内で吸収されるはずの糸を舐めて出してしまったようです。
切って頂き、病理検査結果を頂いてきました。
そして、先生と今後のワクチン接種について話をしてきました。

病気を防ぐ為のワクチンが病気を招いては何もなりません。

それは誰もが思うことです。

初回2度のワクチン接種後、1年後に1回。次は3年ごとにしましょう、ということになりました。
トリトンとルカーは7月に接種したので次は3年後です。
ちびすけとしまじろうも今年は見合わせるべきだったかもしれません。
はがきは一年ごとに届きます。
マットの病院は注射の打ち方が気になるようになりました。
転院を検討しています。

一度目の病理検査の報告では他の病理担当医と検討するということでしたので、ちびの時とは明らかに気持ちが違いました。

ちびの病理検査は、浸潤性の転移再発の可能性のある悪性病理変と断定されていました。どの組織でも見られたことから、すぐに再発。10ヵ月後の再切除の半年後に死亡しました。

猫の先生は、できる限り大きく深く切除します。とおっしゃられ、検査結果でも、病変部は完全に切除されており、局所での問題はないものと思われる。と結論付けてありました。

しかし、ちびすけの診断結果は、

リンパ腫の初期の病変である可能性が考えられる。

注射部位反応の特徴と一致する。

ことから、稀にですが、注射接種部位にリンパ腫が発生する場合があります。ということで、来週の木曜日に術後1ヶ月の検査を行い、今後も注意深く経過観察することになりました。

アガリクスの液状のものと、アガリクスエキスの粉、きのこの粉など、食事に加えています。

猫の先生はこちらの質問にも優しくしっかりと説明をしてくれますので、安心してお任せできます。

ちびは悪いところを完全に取っていただきました。

ご心配おかけした皆様、ちびすけは元気でがんばっていますよ。
ちびが教えてくれたこともありますからね。
a0096810_0221775.jpg


プラス思考でがんばります。

明日は、息子と御殿場へ買い物に行きます。

楽しみだわ。
[PR]

by chibi_mat | 2010-08-28 23:40 | 通院
2010年 08月 21日

抜糸とその後

ちびすけは今週の火曜日の夜7時に抜糸の予約を入れてありました。

傷はほとんどが治っていたのですが、どうしても舐めているようで、下の方2センチほどが乾いてきませんでした。

仕方ないので日曜日からアニマルネッカーをつけていたところ、無事抜糸をしていただきました。

肝臓の値も56まで下がりましたので、薬をやめて、l/dだけで様子を見ているところです。

そして、気になる腫瘍の病理検査の結果ですが、

悪性とは断定できない。

しかし、ワクチン由来による悪性腫瘍の可能性も否定できない。


病理検査を再度詳しく判断する為に話し合いをするのでもう少し時間がかかる。

というものでした。


腫瘍を早く見つけて大きく切除することでリスクを減らすことができました。

今はアガリクスなどを与え、免疫力をUPさせるよう食事にも気を配っています。

ちびすけは手術の後、匍匐前進をしていました。

今は軽々と窓まで跳びますし、ご飯の時間には、流しのところで、

ご飯まだー!

と催促する普段の生活を取り戻しました。



そして、すみれも腎不全が悪化して以来続いていた通院ですが、10日間病院のお世話になっていません。

今後は、家での3日おきの点滴と定期的な血液検査を続けていくことになりそうです。

暑い夏もあと1ヶ月ほどかな。。。

どのこもみんながんばりました。

a0096810_20263788.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-08-21 20:29 | 通院
2010年 08月 21日

海岸出身のはっちゃん♪

5年間を海岸近くの松林で暮らしたはっちゃん、推定6歳。

私たち(MEY、マット、ちびすけ、しまじろう)が一階で寝るようになってから、はっちゃんもケージには入らなくなりました。

朝起きると、ちゃっかり隣で寝ています。

ブヒブヒ!という音は鼻でも悪いのかな。

ご飯も、l/dを食べているちびすけとは離して置くので、しまじろうと並んで食べるようになりました。

ただ唯一、わんこのマットは面白くないらしいのですが。。。



なんと、仲良く一緒にマットのクレートに入っていました。


マットははちを仲間のひとりとして認めてくれたようです。



それとも、ちびすけと間違えたんだろうか。。。



何はともあれ、みんな性格よしですね。

あのはっちゃんがここまで成長して、家のこになってくれたことは嬉しいことです。



a0096810_2075868.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-08-21 20:08 | 今日のわんにゃご
2010年 08月 16日

くしゃみ連発 泣;;;

ちびすけの再診の日、前日からくしゃみをしていました。

今年はとにかく暑すぎる毎日が続いているし、ちびすけの脱走事件もあったので、エアコンフル稼働です。

リビングで寝ている私達ですが、ちびすけのくしゃみが

しまじろう

トリトン

ルカー

と移ってしまいました。


はちとこゆきは元気です。

昨日の朝、トリトンはいつもと違ってご飯を欲しがりませんでした。

ウエットを中心に、子猫の頃のように ランチプレート形式で与えたところ食べてくれました。

抗生剤の目薬をそれぞれに点眼と点鼻。

トリトンは逃げ惑い、ルカーは怖がってケージから落っこちて。。。


土曜日は高校時代の元クラスメートたちとたくちゃんのお店で飲み会でした。


すみれの自宅での点滴を終えて、おしゃれして出かけました。

旧盆にも関わらず9名集まり、楽しかったー。
次回は忘年会だそうです。

忙しくお世話している合間にも、飲み会の誘いは必ずあります。
全員飲めるメンバーだと楽しい。


さて、そんな日々の中、我が家の家計は大ピンチを迎えています。

ヤフオクに6体のアンティークドールを出品しました。

お別れは寂しいけれど、猫の治療費がどうしても必要です。


ちびすけは治りかけた傷を舐めるので、エリザベスを付けています。

順調ならば、明日抜糸の予定です。


庭のゴーヤを収穫して、ゴーヤーチャンプルを作りました。^^
次々大きくなっていて嬉しいです。
荒れてきた庭ですが、収穫できるとはなかなかのものですな。


トリトン、ルカーちゃん、今日はよく眠れるといいね。
[PR]

by chibi_mat | 2010-08-16 22:56 | にゃんず
2010年 08月 12日

くさくさ爆弾!!

今日から4連休の長男K。

夕方小遣い稼ぎ(パチンコ 滝汗;)から戻り、彼女との待ち合わせに間に合わせるべく、シャワーを浴びて出て来てまもなくのことだった。。。










ぎゃー!!





くさー!!





なんじゃこりゃー!!




犯人は多分トラでしょう。

昨夜、私にタオル置き場でくつろぐ姿を見つかり、慌てて逃げました。


そのとき、噴射したくっさーいあれをタオルに残してあったようです。



何でも一枚目が臭かったので、その下の二枚目で顔を拭こうとしたところ、とてつもない臭気が襲ってきたと言うことです。



トリトンは、昨日がんばって爪切りをさせてくれました。
そのストレスがタオル置き場での噴射に繋がったのかも。



O型で23歳になる今でもあれこれと私に指導されることが多いKさんのこと。

このところ辛いことが続き、今日は美容院でさっぱりとショートにするつもりが中途半端な長さにされて、まあいっか、と思っていたところだったので。。。


わたしは結構、トリトンのそういうところ、笑えて愉快でしたわ。



a0096810_23235787.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-08-12 23:23 | 今日のわんにゃご
2010年 08月 10日

術後経過1週間

今日はちびすけの再診でした。

洋服を着せてあったので、隠れていたところは綺麗に傷もふさがりました。

しかーし、舐めているので、アニマルネッカー(エリザベス)を装着も、ストレスの心配があり、つけたり外したり、で1週間。

a0096810_23563296.jpg


先生の診察の結果は、問題なし。

ただ、今朝からくしゃみをしているので、目薬が処方されました。
3種類の薬と目薬で1週間後に抜糸の予定です。

火曜日の19時を予約してきました。
[PR]

by chibi_mat | 2010-08-10 23:56 | にゃんず
2010年 08月 10日

釣り針みたい♪

ちびしまのしっぽ、可愛い鍵状になっています。

キャットタワーのぼんぼりもこのとおり^^

a0096810_23514610.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-08-10 23:52 | にゃんず
2010年 08月 04日

退院しました^^

昨日の面会時、ちびすけはブルブルと小刻みに震えていました。
頭のいいちびは、病院は怖いところと認識したのかもしれません。

朝一番で電話をすると、緊張して朝ごはんを食べていませんと言われましたが、院長先生の回診の結果、退院の許可が下りました。

お迎えに行ってみると、休診日ですぐに診察室へ通され、ちびは
お母さんがお迎えに来たよ。と抱っこされて現れました。

逃げるでもなく、やっぱり診察台でブルブルと震えていました。

ワクチン接種の話と、以前に背骨の間の3センチの腫瘍の猫さんの手術をしたときの話をしてくれました。
骨に腫瘍が張り付いていて、取りきれなかったそうです。

私がネットで見た画像も恐ろしく大きくなった悪性腫瘍でした。

日頃のケアが大切だと思いました。

ちびすけの初診が土曜日。
肝臓の数値が3日で下がってくれて、火曜日には切除することができました。

信頼できる獣医さんがいてくれることはどれだけ心強いか。

恵まれていると思います。

マットの病院もより良いところを見つけてあげないとね。

いざとなったら先生が診てくださるけれど、猫の病院をたよりにしている患者さんが多いのです。

今回のアクシデントは色んなことが重なってできてしまったわけですが、ちびすけは先生の執刀で綺麗に切除していただくことができました。

しかも、手術費用も驚くほど良心的でした。

安全に行うこと、猫の体のことを最優先に考えてくださる先生です。

頼れる病院があっての活動と猫さんとの暮らしですね。

説明も丁寧で看護士さんたちがこれまた可愛くて優しい人ばかり。

今日はシューマンのシュークリームを差し入れました。^^
a0096810_22245577.jpg


ちびは傷を舐めるのでマットに買った小さすぎる洋服を着せてみました。

昼の間は舐めていたようですが、頭のいいちびのこと、夕方からは気にしなくなりました。

うなぎ模様が可愛いです。

ご飯はしばらくはl/dで肝臓の数値を戻します。
イノーバウエットにアガリクスなどのきのこの粉を振り掛けて抗生剤を混ぜましたが、食べてくれました。

やっぱりうちがさいこー!と思ったのでしょう。

もう二度と脱走させませんよ。
[PR]

by chibi_mat | 2010-08-04 22:26 | 通院
2010年 08月 03日

ちびすけの腫瘍切除

6時にちびすけにl/dと水、そして薬を飲ませて準備完了。
はちのケージで大人しく待ってくれた。

すみれとちびすけを連れて病院へ。

9時半前に着くも、今日もたくさんの猫さんが順番待ちでした。

ちびすけの血液検査の結果は ALT206とほぼ手術可能な数値まで下がり、血糖値も問題なしと言うわけで、安全に手術できます と先生に言われました。

めそめそしたらいけないと思っていたので、ただでさえ面白くておしゃべりなすみれの同行は助かりました。

隣の5ヶ月のきじとらちゃんとしゃべるしゃべる。

お陰で涙は封印したまま、

どうかよろしくお願いします。

とすみれの皮下輸液を終えて帰りました。

ちびの腺管癌の手術の時には、無事終えるまではらはらでしたが、猫の先生は、きちんと血液検査をしてからの手術の為、そういう不安はありませんでした。

今日は、松坂屋でぶたしゃぶの肉を買い求め、かにサラダとしゃぶしゃぶの準備を整えてから、面会へと行きました。

7時に到着すると、Fさんがにこにこと出迎えてくれて、面会ですか?どうぞ。
と。

ちびすけは右半身を刈り上げられ、10センチほどの手術跡がありましたが、予想以上に綺麗な傷でまず安心しました。

先生もにこやかに、腫瘍の周りが思っていたよりも綺麗だったので、骨までは削らずに予定よりも深くしていません、と。

ちびの体に大きな穴ぼこができるのを想像していた私は、先生の腕のよさにあらためて敬意と感謝の念を抱きました。

看護士さんももうひとりの女医先生もみなさんにこやかに見送ってくれて、5分ほどの面会を終え安堵の帰路に着きました。

出際に、Mさんから、ブログを見て驚いたとのメールがあり、昨日の日記では泣かせてしまったらしく、でも最後の一文は ありがとう で結んでありました。

ちびは思いのほか元気でチューブの付いた右前足を舐めたりしていました。

ケージが揺れるので上段を見ると ホテル滞在のはちわれくん8キロが横たわっていて、思わず笑ってしまいました。

今日の午前の点滴の時に、今まで見た中で一番でかい!と思った猫さんだったのです。

病院には里親さん募集中の子猫や入院中の猫さんで溢れています。

そんな中、兄弟で迎えてくれたご夫婦もいらしたりして、幸せな場面に立ち会うこともありました。

すみれの通院は、3日後の再診から4日後になってきて、私の点滴の技術も安定の域に達してきました。

ちびすけは順調ならば明日退院です。

家ではマイペースな兄弟猫のしまじろうがケージの仲間に加わっています。

特にちびすけのお迎えの準備(ケージとか)も必要ないようで、先生はやっぱりものすごくありがたーい先生なのです。

ブログもこれからはできる限り更新したいと思っています。

ちびすけの手術は成功して、元気に目覚めています。

応援ありがとうございました。

a0096810_2322395.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-08-03 23:22 | 通院