<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 23日

そ、そんな、、、( ̄□||||!!

一昨日の火曜の夜のこと。

マットの口元に皮膚疾患があるのに気付いた。

このところ、通院通いで凹む毎日だ。

しかし、肝だけはすわってきたぞ。




そこで、今日はすみれの4回目の注射の日(骨髄を刺激して造血機能を高める治療)だったので、その画像を先生に見ていただく事に。
a0096810_21213343.jpg


a0096810_21215926.jpg



先生はこの画像をご覧になり、かさぶたが剥がれて、皮が剥けている の説明に
かさぶたができる腫瘍は一種類しかなく悪性の可能性もありますので、診せてください。とおっしゃられ、午後の2時から3時に犬の予約診療をしているということでマットを連れて行きました。

マットさん、猫の病院デビューです。

ブルブル震えていましたが、予約診療なのでほとんど待たずに診ていてだけました。

マットの体温 40.0℃
体重     10.36キログラム

先生はスタンプを取ると言って、顕微鏡のカバーグラスをマットの皮膚疾患に押し当て細胞を取りました。そして、注射器でも採取して細胞診断をしたのです。

結果は詳しくお話くださいましたが、記憶が曖昧です。

悪性と思われる細胞は見られず、炎症を起こしていると見られる細胞の変化が見られたそうです。

マットは、抗生剤を頂き、8日後に再診になりました。
途中、すみれの5回目の注射とちびすけとはちの再診日がありますので、その時に画像を見せていただいてもいいですよ、と言われました。

病院に向かう前、犬の腫瘍を検索してみたところ、先生の説明の脂肪細胞腫だったかな、悪性の病名の症例が出ていました。
よくもこんなに酷くなるまで病院に行かなかったなあと首を傾げる画像ばかりでしたので、1センチの膨らみで診ていただけることを幸運にも思いました。

ほっとしました。

tenさんはじめ、マット応援団が日記を読まれたら、ショックを受けるかもしれない。
悲しませるかもしれない。

色々思いました。

でも、大事にならずによかったです。


さて、はちは今日から普通のご飯に戻りました。
自分からケージを出て台所まで歩いてきたし、立ってご飯を食べられるまでに回復。

すみれは相変わらず食欲がないのですが、皮下輸液の後には食欲が出てくるので、気持ち悪いのかなと思って、何度も色んなものを少しずつ運んで与えています。

今は、捨てる方が多いですが、ちょっとだけ大らかに上げるようにできるようになってきました。

これも、食欲不振のすみちゃんが教えてくれたことや、亡くなったちびが教えてくれたことが生きています。

先週の木曜日、私の夢がひとつ叶った日でもありました。

中学一年の時からずっと会いたいと願っていたアグネスに、対ガン協会の講演会を聞く機会を得たのです。

a0096810_21374682.jpg


可愛いアグネスですが、アカペラで歌も歌ってくれました。

さすがにプロの歌手です。

テレサテンやアグネスチャン特有のゆらぎの癒し声でした。泣いたり笑ったり、ガン検診のクーポンが届いていた意味を知りました。

素晴らしい1時間でした。

今年は乳癌検診に行きますよ!!
[PR]

by chibi_mat | 2010-09-23 21:38 | マット
2010年 09月 17日

はち、発病

いつも朝6時なると

奇妙な鳴き声でごはんをねだるはち。


今朝はやけに静かな朝だった。

ちびすけとしまじろう、マットにご飯をあげて、はちのケージの扉を開けるとそこには明らかに様子がおかしくなったはちの姿が。

首が振れて、目がくるくるとして、立たせようとしたらよろけてしまった。

ごはんを上げると、頭が揺れて食べることもできない。


長男が、脳疾患かもしれないから病院へ早く連れて行くようにと言う。


9時にオープンなので支度をして他の子にご飯を上げて出る。


はちの眼球のゆれはくるくるとしており、珍しい眼振だという。


はちは日頃から歩き方も普通じゃないし、変わった子です。
でも、昨日まではまったく普通。
ただし、8時になるとケージに入って寝てしまった。

朝から慌しく病院へ行き、レントゲン、血液検査をしていただき、注射を打ってもらい、終わったのが11時。残っていた家事をして出勤。
帰ってきて、今日はちびすけとすみれの再診だったので、また出る。

ヤフオクのドールを2体発送作業して、1体は落札されたていたので、連絡は夜9時を回ってしまいました。

まだまだ洗濯物も流しの洗い物も残っています。

明日は8時45分出勤です。

がんばるしかないが、今日は娘ではなく、手伝ってもくれない息子ふたりを恨みましたね。。。

はちはこんなに我が家を気に入ってくれて、楽しく暮らしていたのにね。

元気になってもらいたいです。

治療としては、今の薬で効果を見て、次を考えるという先生の方針ですが、朝よりは随分と症状も改善され、目の動きも頭の振れもほとんど治まってきました。

a0096810_22543244.jpg

[PR]

by chibi_mat | 2010-09-17 22:55
2010年 09月 14日

猛暑の代償 泣;;

ちびすけの手術跡は順調に消える


はずだったのですが



なんと、そこに炎症らしきものが、、、



そして、傷跡の近くには脱毛が見られ



2週間前の火曜日から、ちびすけとすみれの通院がまた始まってしまいました。



今年の夏は異常に暑かったため、24時間エアコンを付けっぱなしの我が家のちびすけでさえも、皮膚病になったのです。

先生は、今年は皮膚病が多かったのでとおっしゃられ、
ちびは抗生剤と真菌をやっつける薬を飲んでいます。
10日後の先週金曜日には、脱毛の場所の状態がよくないので、薬を変えて様子を見ています。


そんな事情で、ちびすけはネッカーマン生活1ヶ月。

大分慣れたようで、上手に水も飲んでいます。

ネッカーを外すと傷を舐め、患部が悪化、、、の悪循環を断ち切るべく、がんばっています。

ご飯を食べる時だけ、外してあげると、急いで毛繕いをしています。

a0096810_23465714.jpg


また今週の金曜日が再診日です。



そして、2週間前に血液検査をしたすみれちゃん。
Felv陽性のため、貧血の原因になるであろう何とかの検査もしました。
先生の読みどおり、陽性と出て、投薬治療中です。


ところが、昨日の血液検査の結果が、思わしくなく、貧血の値がさらに悪くなっているということで、骨髄を刺激して造血機能を回復させる注射を打つことになりました。

すみれは食欲があっても、療法食を食べなくなってしまいました。

あれこれとシニア食を買っては与えていますが、これといって好きな食べ物もなく、困っています。

a/d缶も飽きてしまったようで、食べてくれません。

食事を摂れなくなると、一気に体力がなくなり、貧血が進行します。

すみれの食事のことで凹むことが多い毎日です。

皮下輸液は3日に一度になりました。

がんばって闘っているんだけど、すみれがおいしく食べてくれるものだったら、何でも食べさせてあげたいと思うようになりました。

療法食もたくさん買ってしまいましたが、いよいよ食べなかったら、病院の腎不全の猫さんに寄付したいと思っています。


すみれは1年持つかなあと思っていました。
気付けば保護して1年半になります。

痛い注射も嫌がらずにがんばるすみれちゃんなので、できることなら、生まれてきてよかった、うちの子になれてよかったと思ってもらえるよう、最期までできる限りのお世話をしたいと思っています。

そんな辛い病院通いの日々ですが、猫たちに癒され、笑って過ごす毎日なので、ありがたいなと思っていますよ。

a0096810_23565640.jpg


ヤフオクに出品中の小さなドールちゃん達も、良いおうちに迎え入れられることを希望して、新しいママが現れるのを待っています。
[PR]

by chibi_mat | 2010-09-14 23:58 | にゃんず