わんにゃご2001 

mey2001.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 16日

MEYの日記

はちが虹の橋へと旅立って5日経った。

世話をしている間は、そのことに夢中で写真の整理もしていなかったことに気付く。

一年前にデルのノートにした時、外付けハードのデータをメモリに移したつもりだったが、2008年から2011年のほとんどのデータが確認できない。
外付けハードは壊れたようで、CDに焼いた気もするし、USBメモリに移せなかったのかもしれない。


また、はちの世話が一日の中心になっていたので、気が抜けたようだ。

慢性腎不全と尿毒症については、かなりの勉強をした。
ネットで検索しても答えは見つからない。

ご飯を食べなくなると心配になって、病院へ連れて行くことになってしまう。

医療費が掛かって泣けてくることも。


ちびには十分な医療措置をしてやれなかったと、ずっと重い何かを心に残してきました。

セカンドオピニオンをするべきだったと、何度後悔したことでしょう。

野良生活が長かったはちとすみちゃん兄妹、お父さんと思われるダイちゃん。
みんな腎臓が悪くなった。

新鮮な水なんてない場所にいたんだもの、仕方ないよね。

でも、はちは黒い毛がつやつやだったし、見た目には尿毒症だなんてわからないほどでした。

お正月にMさんが見舞ってくれて、はちー♪って優しく撫でてくれました。

はちは小さな消え入るような声で にゃ、にゃ、と鳴きました。

ありがとうって言っていたのかもしれません。


はちもすみれも尿毒症だったけど、皮下輸液だけはがんばってやってきました。

はちが暴れると、

死んじゃうよ、お願い。
午前に失敗、夜も失敗。仕事に行ってまた夜になってしまって、くたくたになったことも。

針を替えて何度も刺して、痛かったよね。

よく辛抱したね。

最期には、はちの鼻は血の気が無くなって真っ白かった。

輸液すれば腎臓は負担が軽くなるけれど、貧血が進んだ。

食欲が無くなれば、高栄養食のa/d缶をシリンジで少しずつのどの奥に流し込んだ。

もがいて前足で抵抗したことも。

最後の食事は亡くなる少し前。
ほとんど飲み込めなかったけれど、食べさせなきゃって思いが強すぎたのかもしれない。

餓死だけは避けたかったので、輸液も強制給餌も迷わずしました。

通院も真面目にしました。

でも、死ぬときは死ぬのね。

おしっこもじゃーじゃー出ていたのに、最期の3日間は、おしっこも減少。
いよいよ腎臓も機能しなくなっていたのかもしれないね。


はちに出会った時の写真をネットのアルバムで見つけた。

はちはいつも目やにをつけて、かすれた声で鳴いていたっけ。

はちわれの黒い模様は、首のところで頭巾のように切れていて、可愛かったなあ。

a0096810_16473529.jpg


初めてうちに連れてきたとき、緊張からかご飯を食べなくて心配したっけ。

発病する時は、狭いキャットタワーの箱に引きこもるくせがあった。

そんな時は用心だったね。

はちが恋しくてたまりません。

今年米寿を迎える父は、親族が金銭で揉めるのが一番見苦しい、と生前贈与と遺言を20年以上も前にきちんと遺してくれました。

お金の問題で人の本質が分かると思います。
欲深い人はトラブルに巻き込まれやすいです。

また有り余る富を手にした途端に災難に見舞われることもあります。

お金は暮らせるだけあればいいですね。

我が家も貯金をしたいと思いつつ、次から次へと犬猫の医療費に消えてしまうのですが、なんとか生活できているし、大らかな夫のお陰で、犬猫にばかり手をかけていても文句も言われることもありません。

本当に人に優しくて、たくさんの人の世話を喜んでしてきた父の徳です。
私もその徳を頂いているのだから、お金にならないことを喜んでやれる人でいたいと思っています。

両親の教育は間違っていなかったと思う。

両親の喜ぶ姿がなにより嬉しいし、結婚もして息子ふたりに恵まれ、一軒家で犬を飼う夢も実現できました。

それどころか、おうちのない猫達が私を選んでくれて、毎日健康でありがたいことです。

はちを虹の橋に送って、あらためて、動物愛護について考えた5日間でした。

ほったらかしのホームページはアップロードの仕方も忘れ、アルバムにもログインできず、データの所在もわからず、お粗末な更新になりました。

自分の家からこつこつと、これからも愛護活動を地道に続けていく所存です。
[PR]

by chibi_mat | 2013-02-16 17:28 | MEYの日記
2013年 02月 13日

はちとの思い出

はちを虹の橋へ笑顔で送るはずでした。

つらいつらい。。。

さびしくてさびしくて。。。

ちびの時は突然、悔いばかりが残った。

すみれの時は、尿毒症の初心者で、亡くなるその日まで病院に通った。

すみれを送って、その僅か3ヵ月後にすみちゃんが慢性腎不全だと分かり、皮下輸液の日々が始まった。

一年間欠かさず輸液して、特別療法食を工夫して与えて、一時は800グラム太らせることもできた。

一年後の去年の春、はちの食欲が落ちて、慢性腎不全 末期ではない と診断された。

私の世話が大好きな妹のすみちゃんとは大違いのはちは、皮下輸液を嫌がって、どうしても輸液させない日があり、苦労したけど、やっぱり悪化が進んでしまいました。

夏を過ぎる頃には、段々と痩せてしまって、秋にはついに末期になっていたと思う。

先生は、すみれを看取った私に配慮してか、末期です とは一度もおっしゃいませんでした。

12月23日に、カリウムの値が高いから、今日にも心臓が止まるかもしれないと言われました。

11月からは貧血の治療のために、骨髄を刺激して造血させる注射を8回打ちました。

はちは咬むことを覚え、はちを押さえていた私の手からかなりの出血をしていまい、先生を驚かせてしまうこともありました。

また、年始には先生の指を咬み、ケガを負わせてしまいました。

そんなときにも、猫には常に優しく接してくださった石黒先生。
先生のお陰で、はちは6年の野良生活から、愛される家庭猫になることができました。

家族にたくさんの笑顔を運んでくれました。

はちは何度も発病して、私を驚かせて、そしてお世話させてくれました。

はちの治療期間は11ヶ月。

最期は看るのもつらいほど痩せて顔も変わってしまって。

けど、私はあきらめなかった。

はちのことが大好きで、可愛くて、愛していたから。

悲しいことに、ちびとすみれを看取った経験から、命が消えかかっていることはわかりました。

5月の金環食、楽しい思い出だね。

はちのいない日常が、日常に変わるまでにはまだまだ時間が掛かりそうだよ。


こんなに悲しいとは思わなかった。

はちの遺骨は、仲間がみんな眠っているところに入ることになりました。

はちの棺を預けて帰ってきたら、やっぱり寂しさに耐え切れずに迎えに行きたくなりました。

けど、係りの人の 野良猫も飼い猫も犬もみんな同じように分け隔てなく扱いますから。

その言葉は、動物愛護の精神そのものだったので、はちは命いっぱいに生きて、立派な往生だったと思います。

まだまだ泣けて泣けてしまうけれど、泣いてばかりいると迷子になってしまうから、虹の橋の仲間のところへ、まっすぐに上っていけますように。

a0096810_23285989.jpg


a0096810_2329994.jpg


a0096810_23294176.jpg


a0096810_2329536.jpg


ニキママさんがお花とお手紙をくださいました。
ありがとうございました。

a0096810_23322167.jpg

花の好きなトリトンがカルメンをしてしまったので、夕方からお花の小さなブーケになってしまいました。
茎がなければ咥えて遊ぶこともないようです。

マットの散歩でまたお会いできるのを楽しみにしています。MEY
[PR]

by chibi_mat | 2013-02-13 23:32 | 虹の橋
2013年 02月 11日

はち、虹の橋へ

a0096810_22421935.jpg

はち、亡くなりました。
苦しそうになってからは、楽にしてやりたいと、それだけでした。
よくがんばったので、悔いはありません。
明日、病院に挨拶に行ってから、可愛い棺に眠らせて、火葬を連れて行きます。
[PR]

by chibi_mat | 2013-02-11 22:37 | 虹の橋